Pocket

鉄のフライパンの簡単な手入れの方法は?焦げ付きの原因や対策は??最近、私を悩ませているもの…

それはフライパンの焦げ付きがひどくなってきたことです。

オムレツを作ろうとすれば、
真ん中からこげてうまく返せないし、
お肉を焼けば焦げ付きだらけ…

これを買ったのは2年前。

消耗品とはいえ、2年ももったと思いたいけど、
本音はもうダメなの?!

そんなことを料理上手の叔母にこぼしていたら、
「それなら鉄のフライパンがオススメよー
と言われました。

鉄??

確か鉄ってお手入れめんどくさいんだよね…

だからテフロン加工のものが人気なんだよね

そんな疑問をぶつけてみたら
実はお手入れは難しくないとのこと。

コツさえつかめば流れ作業的にできるようになるし、
何より料理がおいしくなる、
とのアドバンスをもらいました。

実際に叔母の鉄のフライパンで肉野菜炒めを作らせてもらったら、
お肉はこんがりジューシー、野菜はシャキシャキ。

まるで、自分の料理の腕が上がったみたい‼

これが熱伝導のいい鉄のフライパンの威力か~。

一気に鉄のフライパンに魅了された私、
早速鉄のフライパンを買いにはしりました。

そして使い始める前に、気になるお手入れについて、
徹底的に調べてみました。

うん、これならずぼらな私でも鉄のフライパンでいけそうだな、
って思うことばかりだったので、
同じように鉄のフライパンデビューを考えている方の
参考に少しでもなるように
ご紹介させていただきますね♪

Sponsored Links

購入直後にするといいのは??

まずは鉄のフライパンを買ったら
真っ先にしなければならないこと。

それが空焼きと油ならしです。

鉄のフライパンには通常の鉄製品と同じく
防錆加工が施されています。

だけど、この防錆、料理に使うときは不要のもの。

これを取り除く作業を「空焼き」といいます。

そのやり方は

1 フライパンにシールなどが貼られていたら外す

2 ガスコンロの火は強火にして、
フライパンを傾けながら全体を焼いていく
(持ち手側からするとやりやすいです)

3 防錆加工の塗料が焼かれると煙となるので、
煙がでなくなるまで行う
(この煙を吸わないように換気扇をまわしてください)

4 全体が青っぽい黒色になるまで焼ききる
(これが塗料を焼ききったかどうかのサインです)

5 冷めたら洗剤で洗って汚れをおとす

これが終わったら次は「油ならし」という作業です。

これはフライパンに油膜をつくるとっても大事な作業ですが、
やり方は簡単ですよ♪

1 水分をしっかりとったフライパンに半分ほど油をいれる

2 弱火で5分ほど加熱する
(油に火がうつらないようにくれぐれも注意してください)

3 油をオイルポットに戻し、
キッチンペーパーで残った油をフライパンに刷り込むようにしながら
拭いていく

この時、フライパンのふち、外側もお忘れなく!

たったこれだけで、もうフライパンが使えます。


使う前から大変そう~って思ってたのもやってみれば簡単。

これなら普段のお手入れも毎日できそう!!って、
自信になりました。
Sponsored Links

鉄のフライパンの焦げ付きの原因や対策は??

鉄のフライパンでよく聞くことば…

そう、「すぐに焦げる」です。

実際私もウキウキして使って、瞬く間にこげました…

なぜ~って思って調べてみたら、
それは「鉄の熱伝導の良さ」「油」に関係してたんです。

テフロン加工のフライパンと比べると
なんといっても鉄は熱伝導がいい!!

なので、テフロン加工のフライパンの感覚で作っていたら
火が強すぎるんです。

そして、少ない油で調理できるのも
テフロン加工フライパンの売り。

だけど、鉄は適度な油分がなければ食材が引っ付いてしまいます。

なので、焦げないためには

・テフロン加工の時より火は弱めにする

・油はしっかりひく

重要です。

それから、フライパンに油膜ができるまでは
どうしても焦げやすいもの。

なので、使いはじめの1ヶ月ほどは
調理の前に「油返し」といって、
1カップほどの油を熱したフライパンにいれて
煙がでるまで熱して
オイルポットにもどす作業を行うのもポイント。

Sponsored Links

普段のお手入れ方法は??

普段のお手入れはとっても簡単です。

フライパンがまだ熱いうちに
お水とたわしやささらでこするだけ。


洗剤は不要です。

そのあと水分を拭いて、
火にかけてしっかり水分を飛ばしたら
錆防止に薄く油を塗っておけばOK
です。

簡単でしょ♪


フライパンをふいただけでは水分が残ってる可能性があるので、
しっかり熱して水分は飛ばしてくださいね。

私は今まで、
使ったあとのフライパンを洗うのをよく忘れてたんですけど、
鉄にしてからすぐに洗うようになったので
食後の片付けも楽になりましたよー
Sponsored Links

鉄製フライパンの洗い方は??

先ほども少しお話しましたが、
鉄のフライパンはたわしでこするだけ、です。

洗剤を使うとせっかくできた油膜がなくなってしまうので
注意してくださいね!

たわしで焦げがとれないときは

・お湯をいれて火にかけてふやかす

・クレンザーでこする

をすると簡単に落ちますよ!!

クレンザーを使ったときは油膜が落ちているので、
油を薄く塗る前に「油ならし」を必ずしてくださいね。

テフロン加工と違ってごしごしこすれるので、
ほとんどの焦げ付きもたわしでとれてしまうのもうれしいところです。

まとめ

鉄のフライパンを使うには

①空焼きと油ならしをは意外と簡単

②テフロン加工よりも火は弱めに、油はしっかりひくと焦げ付きしらず

③普段のお手入れはたわしでこすって火にかけて油をひくだけ

④焦げ付きもたわしでこすればたいてい落ちる

という事を覚えておけば、すんなり使いこなせますよ。

ずぼらな私も苦にせず使うことのできる鉄のフライパン。

特に野菜炒めやお肉はほんとにおいしく仕上がります。

こんなことならもっと前から使ってみればよかったなぁ~
って思っているので今度は鉄の中華鍋を購入するつもりです♪

Sponsored Links