ホワイトデーの名前の由来やどこから始まった?名前に深い意味があった!?
3月14日はホワイトデー。

バレンタインの日にプレゼントをもらった男性が
お返しをする日として日本で定着していますね。

でも、この「ホワイトデー」という名前、
由来は知っていますか?

そして実は海外でのホワイトデーには
あまり知られていない秘密があったんです!

ホワイトデーには実は知ってビックリなトリビアがありました。
由来を知ればもっとホワイトデーが楽しめます!

Sponsored Links

ホワイトデーの名前の由来は?


「ホワイトデー」という名前自体は
誰が付けたのか?気になりますよね。

実はこの名前を付けたのは
全国飴菓子工業協同組合

1978年(昭和53年)
「キャンディを贈る日」として「ホワイトデー」を制定、

そして2年後の1980年(昭和55年)から
イベントやキャンペーンが始まったんです。

結構最近の話なんですね、ビックリ!

でも、当初はこの組合が
キャンディ―の販売促進が目的だったため
「キャンディ―の日」としよう、という意見もあったのですが、

将来的見地から見送られ

「ホワイトは純潔のシンボル。
ティーンの爽やかな愛にぴったり」
という事で

「ホワイトデー」に決定したんだそうです。
Sponsored Links

ホワイトデーの由来はどこから?
いつから始まった?

そして、ホワイトデーはなぜ3月14日なのか
いつから始まったのかも疑問ですよね。

それにはバレンタインが深く関係しています。

バレンタインデーが2月14日なのは、

西暦269年の2月14日
兵士の自由結婚禁止政策に背いて
結婚しようとした男女カップルを救うために

ウァレンティヌス司祭が殉教したのがきっかけだそうです。

そしてその男女カップルが一か月後の3月14日
改めて愛を誓いあった日、という事が由来とされています。

なんだか奥が深い話ですね。
Sponsored Links

他の国にもホワイトデーはあるの?


「ホワイトデー」の名前の由来が
日本オリジナルの物だという事だったけど、

では海外にもホワイトデーはあるのでしょうか?

韓国

調べてみた所、韓国
全く同じ日にイベントをやっていました!

バレンタインにもらった
プレゼントのお返しを渡す日、という事も同じでした。

台湾

台湾ではバレンタインに女性からだけでなく
男性からも贈り物をする事が多いようで、

ホワイトデーはじわじわと浸透してきているそうです。

中国

中国も日本文化の影響で、
ホワイトデーに恋人へプレゼントを贈る人が増加中なのですが、

驚いた事にバレンタインデーも
ホワイトデーもどちらも

男性が女性にプレゼントを贈る日
として定着してきているそうです。

2回もプレゼントもらえるなんて
中国の女性はだな~!男子は大損ですね!

欧米諸国

アメリカやヨーロッパにはホワイトデーはありません。

そもそも日本とは違い
お返しという考え方がないようです。

バレンタインデー自体、

海外では男性から女性へ
プレゼントを贈るのが一般的

もちろん女性からも贈るのですが、
あくまで愛を確かめる日のプレゼントという感じだそうです。

「女性が男性にチョコを贈る日」
日本特有の楽しみ方なんですね。

ちなみにバレンタインの「義理チョコ」
韓国にだけ存在していて、他の国には一切無いそうです!
Sponsored Links

3倍返しの由来は?


2月のバレンタインデーが終わると、
お店は一気に様変わりし、ホワイトデー一色になります。

そしてこのホワイトデーの時に
飛び交う言葉が「3倍返し」ですね。

そもそもなぜ「ホワイトデーは3倍返し」
言われるようになったんでしょうか。

調べてみると、
まだ世の中がバブル全盛期だった頃

女性向け雑誌で
「ホワイトデーには3倍返しで!」
という記事があったとの事ですが、

確証は得られませんでした。

という事は、世の中がなんとなく
「3倍返しで…って昔から言われてるし」というのが
口伝えに平成の世まで受け継がれてきたという事です。

なので、世の男性は
根拠の無い3倍返しにはこだわらず、

女性が喜びそうな物を
それ相応の額で返してはいかがでしょうか。

ただ、義理チョコには
3倍返しの必要はありませんが、

本命の彼女には社会人にふさわしい金額の物を
お返しする事を強くおすすめします!

ホワイトデーの由来まとめ

1、ホワイトデーという名前は
日本オリジナルのもの


2、海外ではお返しという概念が無く、
バレンタインに恋人へ贈り物をする


3、3倍返しは都市伝説だが
女性はお金にシビアなのでお返しの金額には気を付ける

Sponsored Links