しものせき海峡まつり2017年の日程とスケジュールは?2つの見どころを紹介!下関三大祭りのひとつでもあるのが
しものせき海峡まつり」です。

この祭りは、本州と九州を隔てる関門海峡を舞台に繰り広げられた
源平最後の合戦「壇ノ浦の戦い」にちなんでいるんです。

歴史情緒ある祭りなので歴史を学べますし、
歴史が好きで特に源氏平家が好きな方はすごく楽しめますよ。

そしてこのお祭りは3日間あるのですが、
日程により行われることが違いますし、
場所も違うんです。

その結果、お目当てのものが見れなくて
残念な気持ちになった方もいますよね


そこで今回はしっかりお祭りを楽しめるように、
しものせき海峡まつり
日程見どころを紹介します。

Sponsored Links

しものせき海峡まつりとは?

しのもせき海峡まつりは毎年、初夏の訪れを告げる
5月2・3・4日の3日間に、山口県下関市で行われる
盛大なお祭りです。

源平最後の戦いとなった関門海峡をバックに、
源平武者行列
源平船合戦の海上パレード
八丁浜総踊り
などが行われますよ。

八丁浜総踊りでは、
下関市民約千名が参加して
海峡沿いを練り歩きます。

そして祭りの「武者」や「女官」も
一般募集をしているんです。

私の祖母が女官になったことがあるらしく、
祖母の家に写真がありましたがとてもきれいでしたよ。

今年は4月14日の金曜日まで募集しているそうです。
親子や友達と一緒に参加してみても楽しそうですね。

ただし、応募者多数となった場合は
募集を打ち切ることがあるそうなので、
応募する方はお早めにお願いします。
Sponsored Links

しものせき海峡まつりの日程やスケジュールは?

現在の予定では、平成29年5月3日の水曜日(祝日)が、
武者行列などの開催の日となっています。

2016年は2日に10時から赤間神宮で神事が行われました。


この日は15時ごろに安徳帝正装参拝をし終了でした。

3日には9時半から先帝祭りが行われ、
同じく9時半ごろから市内中心部各所で
武者行列が行われましたよ。

源平船合戦 海上パレード
15時ころからでした。

最終日の4日にはまた赤間神宮神事が行われます。

この日は巌流島憩いの広場で『巌流島フェスティバル』も
11時ごろから行われており、
決戦の地で歌とダンスのアニソンライブがあったようですね。

2017年3日武者行列が行われる予定なので、
見どころがつまった3日の日に、
お祭りに行くのがおすすめ
ですよ。

また今年はまだ詳細が出てないので
はっきりとは言えませんが、
アニメが好きな方は4日
巌流島フェスティバルに行くのもいいですね。
Sponsored Links

しものせき海峡まつりのみどころは?

しものせき海峡まつりの見どころ
2つあります。

まず1つ目は、
甲冑に身を包んだ
約100名武者
艶やかな衣装をまとった官女たちが、
源氏平家に分かれて
市内を行進する「源平武者行列」です。

これは、これからへ向かう様子を表していて、
途中で威勢よく勝どきを上げながら歩く姿は圧倒されます。

2つ目は、
紅白の旗などをたなびかせて、
鎧武者が乗り込んだ約80隻の船が関門海峡
合戦模様を再現する「源平船合戦 海上パレード」です。

源平の最後の決戦を再現しているのですが、
さながら時代絵巻を見ているかのようなパレードですよ。


Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

JR下関駅からバスで約10分したところにある
赤間神宮前バス停」で下車後、
徒歩約2分姉妹都市ひろばに着きます。

また「赤間神宮前バス停」から
徒歩約10分赤間神宮に着きます。

中国自動車道だと下関ICから約13分で
赤間神宮周辺に着きます。

駐車場は、唐戸市場・カモンワーフ・みらいパーク・あるかぽーと
・海峡メッセ下関・細江町などが利用可能なようです。

しものせき観光駐車場マップ」というものが
ネットに載っていますので、
そちらを見れば分かりやすかったですよ。

ですが、かなりの渋滞混雑が予想されますので、
車を利用する場合は早めに周辺に来ておくか、
電車を利用するほうがいいですね。

また入庫以上に時間がかかるのが出庫です。

過去のデータでは、1時間以上かかったということもありますので、
車のかたは時間をずらして帰るのがよさそうですね。

まとめ

しものせき海峡まつり
5月の2、3、4日に開催されています。

2016年は2日10時から15時ごろまで
神事が行われました。

3日は見どころの武者行列9時半ごろから市内中心部各所で、
源平船合戦 海上パレード15時ころから関門海峡で行われましたよ。

4日巌流島フェスティバル11時ごろから行われました。

現在の予定では、
平成29年5月3日の水曜日(祝日)が、
武者行列などの開催の日となっていますので、
この日に行くのがおすすめですよ。

見て楽しむのもいいですが、
お祭りでは「武者」や「女官」も一般募集をしているので、
参加して楽しむのもいいですね。

Sponsored Links