千葉公園の桜2017の見頃やライトアップの時期や時間は?おすすめスポットも紹介!
千葉市のほぼ中心に位置しているので
セントラルパークと呼ばれ
千葉市を代表する公園として親しまれています。

約16haもある大きな総合公園で
私も遊びに行ったことがありますが、
お花見でも有名とは知りませんでした。

恋人同士でお勧めなスポットや
子供も喜びそうなスポット等見所満載です!!

せっかくならお花見の時期に一度訪れたかったと
思うほどです。

せっかく行ったのに見逃した!
何て事にならない様に、
千葉公園の桜はどんな魅力があるのか、
お花見でのお勧めスポットやライトアップはされるのか、
またいつ頃満開になるのか
お伝えしていきます。

Sponsored Links

千葉公園はどんな桜が咲く??

千葉公園は四季の自然と触れ合え
様々なスポーツや散策が楽しめる総合公園となっており、
春には約660本もの見事な桜が咲きます。

種類はソメイヨシノ470本、ヤマザクラ90本、
サトザクラ50本、
シダレザクラ30本、
オオシマザクラ10本、カワヅザクラ5本等、

また花色が淡黄緑色のウコンというサトザクラもあり
普段見る事の出来ない様々な種類の桜が見られます。

また、菜の花やムスカリ(紫色のお花)とのコラボレーションや
川桜の密を求めてメジロが飛んで来る等、
可愛い鳥とのコラボレーションも見られるかも。

他にもヒヨドリやムクドリ、スズメ等が良く訪れています。

お子様と一緒に探してみたり楽しい一時を過ごせますよ。

2017年、桜の見頃やライトアップの時期は?


千葉県での開花は4月4日頃、満開は4月11日頃の予想で、
千葉公園での開花は3月28日頃、
満開は4月6日頃の予想です(2月2日調べ)。

綿打池の周りでは桜の開花に合わせて
例年3月末~4月中旬頃まで
ライトアップがされているのでお勧めですよ。

夜の光に照らされた桜が池に反映され、
とても幻想的な景色が見られます。

点灯時間は夜間(日没から22時)です。

お見逃しなく!
Sponsored Links

千葉公園、桜のお勧めスポットはここ!!


まずはお花見広場のソメイヨシノ!

お花見広場と言われているだけあって
周りには沢山の桜!

レジャーシートを広げてお弁当を食べながら、
また広場で子どもと遊びながら
ゆっくりお花見が出来るスポットです。

そして、綿打池の周りにはシダレザクラが見事に咲いていて、
市内では唯一ボートに乗れる池として親しまれていて、
この公園が恋人同士の多い理由にも
なっていると思います。

ボートから頭上に咲き誇る桜と
水面に映る桜がとっても綺麗で、
落ちた花びらで水面がピンク色になっているのも
ロマンチックですよね。

この時期ならではの光景の中、
恋人と漕ぐボートは人気があるのも納得です!!

ボート利用可能時期は3月1日~11月30日まで。

定休日は月曜日
(ただし月曜日が祝日の場合は翌日)
なので気をつけて下さいね。

時間は9時~16時30分
(最終受付は16時まで)、
一艘30分以内200円
(乳幼児含め3人以内)になります。

お問い合わせはボート乗り場(043-256-6040)
又は公園事務所(043-251-5103)まで。

また、園内には「ハーモニー」と言うカフェがあり
店内からも桜が見られます。

お店の外にもテーブルがあり
注文したものを食べられるので、
お天気の良い日には外で桜を見ながら
食べるのも良いですよね。

お散歩の休憩がてら寄るにも丁度良いですよ。

営業は16時30分(L.o.16時)
定休日は月曜日です。
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報


所在地:千葉県千葉市中央区弁天3-1-1

【電車の場合】

JR千葉駅から徒歩約10分

千葉モノレール「千葉公園駅」からすぐ

【車の場合】

京葉道路「穴側IC」から約10分

入場料は無料、24時間入園可能です。

駐車場も体育館の隣に約70台分無料でありますが、
すぐに満車になってしまうので
満車の場合、近くのコインパーキングに停めることになります。

まとめ

千葉公園では660本の様々な桜が見られ、
桜以外の花や鳥などと桜のコラボレーションも見られる。


千葉公園での開花は3月28日頃、
満開は4月6日頃の予想です(2月2日調べ)。

また綿打池の周りでは桜の開花に合わせて
例年3月末~4月中旬頃までライトアップがされています。

お花見広場でのんびり見たり、
綿打池でボートに乗りながら見る桜がお勧め!!

また休憩がてらカフェに入り
店内で食べながら見る桜も奇麗。

千葉公園では恋人同士でも家族とでも
楽しめるスポットが沢山あり、
一日遊べる場所なのでお勧めです!!

皆で桜を見ながら楽しい一時を過ごせますよ。

Sponsored Links