葵祭の斎王代の費用がすごい!?歴代は美女揃い!3倍楽しめる裏話も!京都には歴史ある祭りが数多くありますが、
その中でも毎年5月15日におこなわれる最古の祭り
葵祭」をご存知でしょうか?

わたしは京都生まれなのですが、
京都の人達にとっては春の風物詩として、
毎年楽しみで仕方のないお祭りなんです!

そんな葵祭の見どころは、
平安貴族の衣装を身にまとった
総勢500人が練り歩く大行列です!

その中でも最大のクライマックスは、
十二単をまとった主役の斎王代

美しいヒロインの斎王代はどのように選ばれるのか?
あんな豪華な十二単って高そう…
なんて、美し過ぎる斎王代
数々の疑問が湧いてきますよね??

そこで、
今回は葵祭の主役
斎王代について詳しく紹介したいと思います!



目次
1、葵祭斎王代とは?
2、葵祭斎王代の選び方は?
3、葵祭斎王代の歴代の美女はどんな人なの?
4、葵祭斎王代の費用は?

Sponsored Links

葵祭斎王代とは?

冒頭でもお伝えしましたが、葵祭の中での斎王代というのは、
わかりやすくいえばドラマの主役…
そうヒロイン役なのです!!

もともと、「斎王」というのは、
巫女として奉仕してきた未婚の女王をさします。

もちろん現代では斎王は存在しませんが、
斎王に代わる人ということで、
京都にゆかりのあるご令嬢から選ばれるということで、
斎王代」と呼ばれるようになったのです!!

この斎王代には歴代の美女が…
これは後ほどたっぷり紹介しますね!
Sponsored Links

葵祭斎王代の選び方は?

そんな葵祭の美しいヒロイン
斎王代はどのように選ばれるのか?
男性でなくても気になるところではないでしょうか?

そう、
わたしも斎王代に選ばれたい!
なんて女性もいるかと思います。

しかし、残念なことに…
斎王代の一般公募はしていません!!


京都にゆかりのある寺社、
または文化人や実業家などの
20代のご令嬢が選ばれます

しかも未婚という事が条件です!

そして、斎王代の選考方法
未公開で、ある一部の人しか知りません。

まぁ、よく言えばそこが京都らしく
ステータスにもなっているようですね!

また、斎王代に選ばれたとしても、
とんでもない金額を負担
することになるのです!

そりゃ、一般庶民には
なかなか無理かもしれませんね…

しかし、斎王代に選ばれたら、
実際いくらくらいかかるの?


100万??
もしかして、1000万??
気になりますよね!?

費用についてはのちほどお伝えします!
Sponsored Links

葵祭斎王代の歴代の美女はどんな人なの?


そんな選ばれたくても
なかなか選ばれることのない斎王代


歴代の美女達はどんな人たち
だったのか気になりますよね!

そんな
斎王代に選ばれてきた人の傾向
ついてお伝えしたいと思います!

絶対条件として…
家柄がいいということ

他には京都大学同志社
ノートルダムを卒業したと
いう高学歴であること。

茶道、華道、日本舞踊などの
日本の伝統文化を特技とする
女性が選ばれています!

また、親子で選ばれたことのある
凄い斎王代一家の方もいらっしゃいました。

趣味が美術館めぐりということでしたが、
さすが選ばれるだけのある美人で趣味も素敵ですよね…

そんな美しい斎王代をカメラに収めることを
趣味とするわたしとは大違いですねw
Sponsored Links

葵祭斎王代の費用は?

それでは、わたしのような庶民が1番気になるのが
斎王代に選ばれた時の費用です!

実は数年前、幸運なことに、斎王代に選ばれた女性と
偶然お話しする機会がありまして、
正直凄いお金がかかりますよね?」
思い切って聞いたことがあります。

その答えは…
お父様に任せているのでわたしは知りません…
えっ!!!!それだけでもうお嬢様!!!!
びっくりした経験があります。

そして、その後わたしもいろいろ調べました。

とんでもないお金がかかりますよ…

最初に必ず十二単を新調しなければいけません…
これで数百万円!

そして、
クリーニング代路頭の儀行列の費用神社への奉納料
考えただけでも凄い金額です。

少なく見積もっても、約2千万円はかかります!!!

しかも、 資金が必要といっても、
一代で出世したようなお金持ちや、
金だけあればいいというわけではありませんしね…


京都でも家柄のしっかりとした家のお嬢さん、
生まれた時から京都の文化を肌で感じて育った人
が選ばれます。

確かにそんな家柄でしか、こんな金額をポンと出せないですよね…

わたしもこんなお父様が欲しかった…w
その前にお父様なんて、一般庶民は呼ばないですよね!

ということで、
斎王代に選ばれることがなくても、
楽しめる葵祭


何千万もポンと出せるお家の美しい娘さんだ!」と
考えて見るのも楽しいかもしれませんね!
あれ?下品ですかね?w

まとめ

観光シーズンとしては最高の
5月におこなわれる
葵祭

京都の中でも、これだけ歴史を感じることが
できるお祭りは他にはありませんよ!


そして、お祭りのヒロイン斎王代
しっかりと見てくださいね!

それは選ばれるはずだ!」と
間違いなく感じていただけると思います!

Sponsored Links