あばしりオホーツク流氷まつり2017の日程や見どころは?オススメのお土産も! 出典http://0429.jp/archives/images/abasiriryuuhyoumaturi.jpg

北海道の道東に位置し、
流氷砕氷観光船おーろら》や、網走監獄
で有名な網走市

そんな網走で行われるのが
【あばしりオホーツク流氷まつり】です。

網走で生まれ育った私は
流氷まつりが大好き!

札幌雪祭りみたいに大きなものではないけれど、
寒い中であったかい雰囲気があります。

そんなあばしりオホーツク流氷まつり
日程見どころ個人的おすすめお土産
も紹介していきますので、少し長くなりますがお付き合いくださいね♪

Sponsored Links

あばしりオホーツク流氷まつりとは?

出典http://hirotravel.com/hokkaidou/saromako/abasiri4-31.jpg

今年で第52回を迎える
あばしりオホーツク流氷まつり

たくさんの雪像氷像が並び、
冬の網走を盛り上げます。

微細に掘られた氷が太陽の光でキラキラと
ダイヤモンドのように輝いているかと思えば、
夜は七色にライトアップされ
幻想的な世界を生み出します。

2月2日には流氷も接岸しました!

なかなかこの時期に帰省することがないので、
流氷なんてもう何年も見ていないなぁ…

網走には毎年4人選出される、
流氷パタラ》というお姉さんたちがいて、
網走の観光PRを目的として1年間イベントに参加し
魅力を案内しています。

流氷まつりにも参加していますので
網走の魅力を聞いてみてくださいね♪

ちなみに《パタラ》というのは
北方系少数民族ウィルタ族の言葉で、
娘さんお嬢さんという意味があります。

流氷パタラの衣装にも注目ですよ(*^^*)

あばしりオホーツク流氷まつり2017の日程は?

2017年の流氷まつり
2月10日(金)~2月12日(日)の三日間、
10:00~20:00の日程で開催されます。

この時期の網走の平均気温は-10℃
流氷が来ると網走は一気に冷え込みます

夜になると寒い
冷たいというよりも《痛い》
という感覚なので、
防寒対策は万全に行ってくださいね(*^^*)

重ね着マフラー帽子耳当て
靴下は2枚~3枚重ねて履くのがおすすめ!

つま先が冷たくなると居ても立っても
いられなくなりますから、
参考にしてみてくださいね♪

会場内はとっても滑ります
道外からいらっしゃる方は、
ペンギン歩き》をおすすめします!

周りを見ればみんなやっていると思いますが、
ペンギンのようにヨチヨチ歩くことで滑りにくく、
転ぶことも少ないですよ(≧▽≦)
Sponsored Links

あばしりオホーツク流氷まつりの見どころは?

出典http://abashiri.jp/tabinavi/18ryuhyomatsuri/2017-0117-1814_0.jpg

毎年メイン雪像にはテーマがあり、
2017年は【網走郷土博物館】に決定しました!

網走郷土博物館北海道の建築物のパイオニア
田上義也さんが設計したもので、
建築資料として貴重な建物なんです。

2016年11月に開館80周年を迎えたことから、
ことしのメイン雪像のテーマ
になりました(≧▽≦)

上の画像は2016年のもので、網走監獄です。
両端にいるのがニポポ

開催期間中、
会場内に物産館味覚館がオープンします。

物産館にはホッケの開きクリオネクッキー
かにいくらほたてなどが並びます。

11日12日は網走の友好都市である
沖縄県糸満市の物産も販売されますよ♪

味覚館には流氷ダンゴ焼き牡蠣網走ちゃんぽん
カニの鉄砲汁など網走の味覚が楽しめます。

味覚館11日12日
二日間なのでお間違いなく!
その他、屋台も並びますよ♪

流氷まつりに行ったら
絶対チャレンジしてもらいたいのが

10:00~15:00の時間でやっている
流氷輪投げ》。

ルールは至って簡単!
氷柱に向かって輪投げを投げるだけ!

氷柱の中に埋め込まれているカニなどが
景品なんです(≧▽≦)

これが結構難しくて、絶対ほしい
熱くなってしまうんですよね。
私は一度だけゲットしたことがありますよ~(*^^*)

他にも、忍たま乱太郎ショーや、走 裕介ステージ
田村正和さんそっくりな田村まさかさんのものまねショー
網走出身シンガーソングライター、アキオカマサコちゃんのステージなど
イベントも盛りだくさんです♪

氷の滑り台もありますよ(≧▽≦)
雪の滑り台は結構ありますが、
氷の滑り台は珍しいです♪

会場内には網走のご当地キャラクター
《ニポネ》がいて、一緒に遊ぶこともできます!

ニポネは、ニポポクリオネ
モチーフにして作られたものです。

ニポポというのは網走のいたるところにいる
木のこけしのようなもので、
アイヌ語で《小さな木の子供》という意味を持ち、
幸運のお守りとされています。

商標登録されていて網走でしか販売していないので、
お土産にニポポを買っていく人も多いんですよ(^^)/

大きさもたくさん種類があるので
相手に合わせて選びやすいです。

私の個人的お土産№1は、《ニポポかまぼこ》!

ニポポの形をしたかまぼこにはホタテの貝柱が入っていて、
わさび醤油で食べるとビールが進みます(≧▽≦)

出典http://www.sankei.com/photo/images/news/160222/sty1602220019-m4.jpg

さらに、流氷が接岸したということでぜひ見て行ってほしいのですが、
意外と『わーすごいなー』というくらいの感想かもしれません。
(いや、私が見慣れすぎているだけかも(^^;)

ただ眺めるだけよりもやっぱり観光で網走に来たなら
乗ってほしいのが【流氷観光砕氷船おーろら】!

流氷の上に乗り、船の重さで流氷を
割いて進んでいくものです


目の前には広大な流氷
後ろを振り向くと真っ白に染まった海
船の通ったところだけ割れて
濃い青色が顔を出しています。

流氷なんて本当にもういらない!寒い!
と思っていた私ですが、初めておーろらに乗ったのが
網走を離れて二年目の冬でした。

あれだけ嫌だと思っていた
流氷だったのに感動しました(笑)


運が良ければオオワシアザラシクリオネを見ることができますよ♪
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

場所:
網走商港埠頭 特設会場

バス:
JR網走駅から道の駅流氷街道網走で下車、徒歩10分

お車でお越しの際は、
第1駐車場第2駐車場無料で使用できます。

第1駐車場は会場から近いので
すぐ満車になります。

第2駐車場は少し距離があるので、
10分間隔で会場と駐車場を結ぶ
シャトルバスが運行しています。

お問い合わせ:0152-44-6111

最後に流氷まつりの様子をどうぞ♪

https://youtu.be/UoSkZhRenX8

Sponsored Links