タイツにできてしまっ毛玉の取り方と防止方法は?
冬になると、防寒対策にタイツ履きますよね。

無地なタイプも良いですが、最近はおしゃれなタイツが増え、
足をきれいに見せてくれたり、
個性的なファッションを楽しんだりと
コーディネイトにかかせないアイテムとなっていますね。

ところでこのタイツ、
買ってからまだそんなに履いていないのに
気が付くと毛玉ができていた
なんてことありませんか?

飲み会でブーツを脱いだらびっくりすること
ありますよね。

急な飲み会がお座敷とわかると
行くのが嫌なこともあるくらいです。

どうして毛玉ができてしまうのでしょう。

できてしまったら
もうそのタイツとはさよならしなければ
いけないのでしょうか? 


今回は、タイツに毛玉ができてしまう原因を調べ、
出来てしまった毛玉を取る方法と、
そもそも毛玉ができないようにするための方法を

ご紹介しましょう。

Sponsored Links

タイツに毛玉ができる原因は?


新しいタイツでもなぜ毛玉ができてしまうのでしょう。

私の経験では足先に白く小さな毛玉が出来てしまうことが
多い気がします。

この毛玉、
意外にも男性がよく見ているポイントだったり
するんですよね。

お気に入りの女の子のタイツに毛玉なんて、
100年の恋も冷めてしまいます。

この毛玉、
出来てしまう原因は「摩擦」です。

靴を履くときに、靴とタイツが擦れてしまい、
毛玉が出来てしまうわけです。

ブーツを履かれる方は、履き口や足首にも
毛玉が出来ていることがありますね。

また、洗濯の際に摩擦で
毛玉になってしまうこともあります。

タイツの毛玉を取る方法は?

では、出来てしまった毛玉はどうしたら良いでしょう。

まだ1・2回しか履いていないタイツを捨てるのは
もったいないですよね。

市販の毛玉取りを使う方法もありますが、
家庭にあるもので取れると理想でしょう。

切り取るのですから、
ハサミやカミソリが思いつきますが、
それはおすすめ出来ません。

毛玉を一気にとることができて
ちょっと気持ちが良いですが、
タイツの生地が薄くなり
痛みの原因
となります。

失敗すると1回で穴が開いてしまうことも!

そんなとき、台所スポンジを使うと
キレイに取ることができます。

硬い面と柔らかい面が半分ずつあるような
オーソドックスなタイプのスポンジを
使います。

硬い方の面で、撫でるようにこすると
不思議なくらい毛玉が取れていきます。
Sponsored Links

タイツの毛玉を防止する方法は?

タイツにできてしまった毛玉を取る方法はわかりましたが、
そもそも毛玉が出来なければ良いと思いませんか?

全くできなくすることは出来ませんが、
限りなく出来にくくすることは出来るんです。

擦らないように取り扱いに十分注意していただくことは
言うまでもありませんが、
洗濯時に気を付けることで予防することができます。

ちょっと、手がかかりますが
タイツを裏返しにして洗濯をすることを
オススメします。

できればタイツだけで洗いましょう

他の衣服の繊維を巻き込まないようにするだけで、
毛玉を防ぐことができます。

手洗いし出来るだけ短時間で洗うことで
摩擦を起こしにくくすることもできますね。

洗剤はおしゃれ着用のものを使うと良いでしょう。

乾燥機を使うのはもってのほかです。

ハンガーにかけて陰干しをしましょう。
Sponsored Links

まとめ

1. タイツに毛玉ができる原因は?

「摩擦」が原因です。

靴を履くときに擦れることや、
洗濯で擦れることで毛玉となります。

2. タイツの毛玉を取る方法は?

台所スポンジの硬い方の面で、
撫でるようにこすると取れます

3. タイツの毛玉を防止する方法は?

タイツを裏返しにして、
タイツだけでおしゃれ着用洗剤で洗う。

乾燥機は使わずに、
ハンガーにかけて陰干ししましょう。

タイツは様々な厚みがあり、秋から春まで長く使えるアイテムです。

また女性は足やお腹を冷やさない方が良いと言われます。

冷やさないようにするためにも
タイツは必須アイテム
と言えるでしょう。

お気に入りのタイツ、
正しいお手入れをしてキレイなまま長く使いませんか?

Sponsored Links