さかむけがおきる原因や対策方法は?日頃からできる予防方法も!ツライ冬の天敵におさらば!
本格的な冬に突入し寒い時期が続きますね。

そんな時、家事をしていたら、
指にチクっとした痛みが。

冬服で厚着になるとニットなどの衣類で
指のさかむけに引っかかったりして
痛かったことありますよね。

そもそも、なぜさかむけが起きるのでしょうか?

気付いたらいつの間にかできていて
気になってしまいますね。

つい無理に引っ張って
痛い思いをした方もいるんではないでしょうか?

そこで、さかむけの痛みを
少しでも早く解決できる方法や予防方法を、
順を追って探っていきましょう!

Sponsored Links

さかむけになる原因は?

もしかしたら、体からの
栄養不足のサインかもしれません。

肌を健康に保つためのビタミン
たんぱく質が不足してしまうと、
さかむけが起きる原因の一つになってしまいます。

また、日常生活の家事や日常生活において、
水は欠かせませんが、水を使うことによって、乾燥し、
肌のうるおいを守る成分が、見知らぬうちに奪われているのです。

女性と子供は要注意!?

女性だとネイルジェルネイル
定期的にしている人も多いはず。

指先もオシャレで可愛くいたいものですよね。

オフのときリムーバーで落とす時に、
指先の油分や水分が奪われ乾燥しやすく、
さかむけが起きる原因の一つになります。

ハンドクリームなどを使い、
丁寧にケアをすることが大事ですね。

子供の場合、外から遊んで
帰ってきた際に手洗いをしますよね。

手を洗った後タオルで拭かず、
そのままにしていると肌が乾燥し、
さかむけの原因に。

また子供の体は未発達なため、
ちょっとのことでもダメージが受けやすいもの。

手を洗った後は清潔なタオルで拭くように、
日々の習慣にさせましょう。

何事も小さな積み重ねが大事です。
Sponsored Links

今すぐできるさかむけ対策と
日頃の予防は?


早くこのチクチクする痛みから解放されたい!

さかむけを無理に引っ張って、
血が出た上に、さらに痛くなった・・など
苦い経験をした方もいるかもしれません。

それは余計に肌を傷つけてしまうので
絶対にやめましょう!

どうしても気になる方は、
甘皮切り・ささくれ切り専用はさみ
対処するのがベターです。

さかむけを切った後、
万が一傷口が化膿するのを防ぐために、
はさみを消毒してから使用することをおすすめします。

切った後はCMでおなじみの
「サカムケア」でケアするのがオススメです。

液体ばんそこうで、
うすい被膜がバイ菌の侵入を防いでくれるため、
水に濡れてもしみない優れモノです。

これなら水回りの家事をしても気にならず、
集中して作業がはかどりますね。

製品自体はコンパクトなので、
持ち歩きにも最適です。

外出時に指のひび割れ
靴ズレにも対処できますし、

1つあれば心強いですね。

身近なものとしては、
市販のハンドクリームワセリンなども効果的です。

日頃の予防として、生活リズムを整えて、
十分な栄養と睡眠をとるようにしましょう。

寒くて、ついつい外出するのも億劫な時期ですが、
適度な運動も効果的です。

ウォーキングストレッチでも良いでしょう。

特に冬の時期はさかむけ以外にも、
体調を崩しやすい時期なので、
こういった日々の積み重ねが大切です。
Sponsored Links

さかむけに効果的な食べ物は?

以下のような食べ物が効果的とされています。

身近な食べ物もありますので、
積極的にどんどん摂取していきましょう。

・ビタミンA

にんじん、とうがらし、ほうれん草、
しゅんぎく、大根、うなぎ、

・ビタミンC

赤ピーマン、ゆず、レモン、
アセロラジュース、焼きのり、

・ビタミンB2

豚レバー、牛レバー、鶏レバー

まとめ

 

小さい頃よく両親から、
親不幸するとさかむけができるのよ。
なんて言われた事を思い出しますよね。

今考えてみると、食べ物を好き嫌いをすることで、
不摂生につながっていたかもしれませんね。

これは、迷信の一つと言われていますが、
あながち間違いでもないような気がします。

やはり大事なことは、日々の生活リズムを整えて、
栄養を摂ることを継続していくことが、

さかむけ対策だけでなく、
体の健康維持にもつながるでしょう。

Sponsored Links