潮干狩りができる時期はいつからいつまで?関東と関西で違う?
潮干狩りのことは
聞いたことはあるけれど、

まだ実際に潮干狩りに
出かけたことのない方も
いるのではないでしょうか?

我が家では、
近くに潮干狩りができる海岸があるので、
割と気軽に潮干狩りに出かけています。

子供が特に喜びます。

海に行くだけでも楽しいし、
水にもつかることができるし、
貝を獲って食べることもできるし、

潮干狩りは子どもにとって、
もしかすると遊園地に行くよりも
楽しいかもしれません。

少なくとも我が家の子供たちはそのようです。

潮干狩り初心者のあなたへ、
潮干狩りの基本的なことを紹介したいと思います。

Sponsored Links

潮干狩りができる時期はいつからいつまで?
関東と関西で違う?

潮干狩りに最適なのは、4月から5月中旬です。

実は、貝は一年中獲ることができるのですが、
4月から5月中旬が最適だという理由があります。

1.潮の満ち引き、気温、水温

潮干狩りは、潮が引いて
干潟になったところで行います。

3月半ばから潮の引く時間が徐々に長くなっていきます。

3月はまだ水温も気温も低いので、
4月まで待ってから潮干狩りに出かけましょう。

2.貝のサイズと味

アサリは、7月、8月にかけて
産卵シーズンを迎えるそうです。

その準備のために体に栄養をしっかり蓄えて太ります。

この4月から5月中旬がまさに、
太ってくる時期で、味もよく中身も詰まっています。

産卵の準備OKのアサリを取って
食べてしまうのは何かかわいそうな気もしますが、、、

3.貝の毒

夏になると、貝の中に
毒を持つようになるものがあるそうなので、
気を付けてください。

なお、関東と関西において潮干狩りの時期は、
それほど大きく変わることはありません。

関東と関西、
それぞれオススメの時期は?


関東と関西では、潮干狩りの時期が
大きくずれることはありませんが、

関東では、3月下旬から4月上旬ごろスタートで、
6月頃に閉める潮干狩り場が多いようです。

また、関西では、4月上旬ごろからオープンして、
7月初旬に閉めるところが多いようです。

しかし、関東、関西ともに
潮干狩り場の中には8月から9月にかけてまで
オープンしているところもあるようなので、

それぞれの潮干狩り場のスケジュールを
個別にチェックしてみてくださいね。
Sponsored Links

採れる貝はどんなのが採れる?
場所選びのコツは?

潮干狩りと言えばアサリですよね。
でも、アサリ以外にもいろんな種類の貝が獲れます。

食べられるアサリ以外の
貝についてまとめてみました。

参考にしてください。

シオフキ

アサリよりも多く取れるところがあります。

貝がふっくらとした独特の形で、
青紫がかっています。

アサリと同じような調理法で食べられます。

サルボウガイ

赤貝の缶詰では、本物の赤貝よりも、
このサルボウガイが使われているそうです。

バカガイ

名前は何かとぼけたものですが、
寿司のネタにもなるおいしい貝です。

貝自体が大型です。

ホンビノスガイ


白ハマグリとも呼ばれ、
ハマグリによく似た貝ですが、

これは外来種です。
大ぶりでとてもおいしい貝です。

マテガイ

細長い貝です。

巣穴にを入れて、
マテガイが飛び出してきたところを

引っこ抜くという面白い採取方法には、
きっとはまりますよ。

マテガイを獲っている動画がありますので、
その面白さを見てくださいね。


ハマグリ

日本のハマグリは、絶滅危惧種にも
指定されている貴重なものです。

もし、幸運にもハマグリをゲットできたら、
じっくり味わってください。

オキアサリ

大きさは、アサリとハマグリの中間です。
味もアサリに似ていておいしいです。

オキシジミ

小ぶりで濃い色の貝殻です。

シジミまで潮干狩りで
獲ることができたら嬉しいですね。

ぜひ味噌汁にしてみてください。
Sponsored Links

潮干狩りに必要な道具・服装と
あると便利な道具・服装は?


では、実際に潮干狩りに行くときに
どんな道具が必要でしょうか?

必ず用意する道具・服装

・熊手
砂を掘ります。
100均に売ってあるので十分です。

・バケツ
とった貝を入れます。

・タオル
汗ふき紫外線対策
着替えの時など活用します。

・着替え
ないと、帰りの車の中はびしょびしょですね。

・飲み物
熱中症対策のために
こまめに水分補給してくださいね。

・レジャーシート
着替えの時や、
荷物を置く時に必要です。

・空のペットボトル
海水を汲んで帰ったら、
貝の砂抜きで必要な塩水を作る手間が省けます。

どのぐらいの水にどのぐらい塩を入れたらいいかが
結構分かりにくいので、海水があれば楽ちん!!

・帽子
紫外線が強いのでできるだけ
後ろにツバのある帽子がいいでしょう。

もし、ツバ付きの帽子がない場合は、
首元にタオルを巻いてくださいね。

・上の服
薄手の長袖ウインドブレーカー
ラッシュガードなどがいいです。

・ズボン
長めの海水パンツ七分丈のズボン
裾がロールアップできるズボンなどがいいでしょう。

紫外線対策や、寒さ対策のためにも
長めのズボンが良さそうです。

・靴
けが防止のため、マリンシューズ
ぬれてもいい普通の運動靴がおすすめです。

長靴でもいいですが、
干潟の上を歩きにくいかもしれません。

できるだけビーチサンダルを避けた方がいいでしょう。

あると便利な道具・服装

・ゴム手袋
けが防止のために。

軍手でもいいですが、
ゴム手袋が使いやすいです。

・サングラス
もちろん紫外線対策に。

・日焼け止め
私は、出発前にしっかり
日焼け止めを塗って、

汗をかいたら塗り直します!!

・レインコート
寒さ対策にあると便利です。

・クーラーボックスや保冷材
家まで遠い人は、
念のため用意しておくといいでしょう。

・網やふるい
貝と砂をふりわけます。
砂を家に持って帰ると厄介ですよ。

・折りたたみ椅子
ちょっと腰かけたいなあ
という時にあると便利です。

・手軽に食べられる食べ物。
店が近くにないかもしれませんので。

・絆創膏
ちょっと手を切っちゃったという時に。

まとめ

1.潮干狩りに最適な時期は、4月から5月中旬。
関東と関西でそれほど変わらない。


2.関東でも関西でも潮干狩りに
最適な時期は、やっぱり4月から5月中旬。


3.アサリ以外にもいろいろな貝が
獲れるかもしれないから、潮干狩りの楽しさアップ。


4.必要な道具や服装以外にも、便利グッズがあるので
念のため用意しておくと役に立ちます。


ここまで読んでいただけたら、

もう潮干狩りの準備は半分終わった
と言ってもいいでしょう。

あとは実際に行きたい潮干狩り場の詳細をチェックして、
必要なものを用意して、潮干狩りにお出かけください。

水平線の見える雄大な景色をバックに、
夢中で貝を獲ると、普段のストレスなんか
きっと吹き飛んじゃいますよ。

Sponsored Links