あさりの砂抜きが簡単に短時間でできるお湯を使った方法を紹介!
アサリを使った調理っておいしいですよね。

アサリの酒蒸し、みそ汁、パスタ、パエリアなど、
アサリから出たうまみのおかげで、

素人が使った料理も、
どこかの店で食べたようないい味になります。

私もアサリ料理は大好きです。
でも、アサリ料理には一つだけ難点をあります。

それは、砂抜きに時間がかかって面倒だということです。

その面倒な砂抜きが、
短時間で簡単にできる裏技
を紹介します!!

この裏技は、水ではなく、
お湯を使うというものです。

Sponsored Links

あさりの砂抜きを
簡単にお湯でする方法は?


アサリのお湯を使った砂抜き方法は簡単です。

準備するもの

・50℃ぐらいのお湯
(アサリがつかるぐらい)


・ボール(鍋でもいいです。) 

・ざる

・あさり(好きなだけ)

砂抜きの手順

1.約50℃お湯をボールに入れます。

2.ざるに入れたアサリをボールの中に浸します。

3.アサリの殻をこすり合わせるように洗い、
そのまま5分ほど放置します。


これだけで、お湯が濁ってきて、
砂もちゃんと吐き出されます。

時間があれば、さらに10分ぐらい
置いておくといいでしょう。

お湯を使った砂抜きを、
実際にやっている動画も参考にしてくださいね。



なんかマジックを見ているみたいですが、
この不思議な砂抜き方法は、なぜ可能なのでしょうか。

スチーミング調理技術研究会の
平山一政先生によると、

50℃のお湯に入れると、アサリが身を守ろうとして
水分を最大限に吸収し、身を殻から押し出すそうです。

その状態で強めに殻と殻をこすり合わせると、

異物や汚れを排除しようとして、
砂や汚れを一気に吐き出すそうです。

アサリにお湯でストレスをかけ、
自分から一気に砂を出してもらうようにするのですね。

この方法を使うと、アサリの身がふっくらして
味もおいしくなるのだそうです。

これも不思議ですね。

砂抜きを失敗する原因は?

お湯を使った方法でアサリを砂抜きしたのに、
うまく砂をはかせることができない時があるかもしれません。

砂抜きに失敗する原因は、いくつか考えられます。

・明るすぎた

アサリは本来夜行性です。
明るすぎると、活動しません。

・お湯が多すぎた

アサリがどっぷり沈んでしまうほどお湯を多く使うと、
アサリが窒息してしまう可能性があります。
Sponsored Links

失敗した場合はどうすればいいの?

アサリをお湯につけても
全然砂が吐けていなかったら、

もう一度砂抜きをしてみましょう。

先ほどの砂抜き失敗原因を考えて、
一工夫してみるといいでしょう。

・暗くするために

ボールの上に新聞紙
アルミホイルなどでふたをします。

また、出来るだけ静かなところ
置いておくこともポイントです。

・お湯を適量に

アサリが少しお湯から出るぐらいで
お湯の量は十分です。

アサリがアサリ同士を軽く打ち付けて
カチカチと音がしたらアサリは生きています。

また、触ってみて貝が
閉じたり動いたりすれば生きています。

短時間ですから窒息死していることは少ないでしょう。
50℃のお湯につけてもアサリが死ぬことはありません。

砂抜きが成功したと思ってアサリを料理し、
食べた時に砂がじゃりじゃり出てくることもあるかもしれません。

その時は、きっとアサリがせっかく吐き出してくれた
砂やごみをまた吸い込んでしまったのでしょう。

この場合は、また最初から
砂抜きをすることはできないので、

あきらめて、次回から
上手に砂抜き出来るようにしてくださいね。

吐いた砂をもう一度吸い込まないためには、

砂抜きのお湯がものすごく汚れていたら、
一度そのお湯を捨てて、新しいお湯に取り換えて、
すぐにかき混ぜるといいでしょう。

また、普通のボールとざるを使用すると、
底が丸くなっていてアサリが重なりやすく、

上の方のアサリの吐いた砂を
下の方のアサリが吸い込みやすくなります。

それを防ぐために、準備できるようなら、
食器用の水切りかごを使ってみてください。

この水切りかごなら、底の部分が平らで広いので、
アサリを重ねずに並べることができるでしょう。

動画も参考にしてください。
(この動画は従来の水を使った砂抜き方法です。)


Sponsored Links

砂抜きしたあさりの保存方法は?
それぐらいもつの?


アサリは、塩抜きを終えたら、
冷蔵保存してください。

冷蔵庫よりも野菜室の方が
アサリには適しています。

冷蔵庫に入れたら2日以内には
食べるようにしてください。

もし、2日以上保管したいという時には、
冷凍保存が便利です。

冷凍したアサリを使う時は、解凍せずに、
凍ったまま調理をしたらいいので便利ですね。

冷凍保存の場合は1カ月を目安に使いきって下さい。

冷凍する場合は、まず、砂抜きしたアサリを
真水でこすり洗いして水気を切って
重ならないようにフリーザーバックに並べてください。

まとめ

1. アサリを50℃のお湯につけて、
こすり合わせて5分待てば砂抜きできます。


2. 暗くすることと、お湯の量を
入れすぎないことを覚えておいてください。


3. 砂抜きを失敗した場合は、
アサリが死んでしまっていなければ、
もう一度始めから砂抜きをしてみましょう。


4. 塩抜きを終えたアサリは、
2日以内なら冷蔵庫保存。
それ以上保存したい場合は冷凍庫へ。


砂抜きが簡単にできる裏技が分かったので、
これからは、アサリ料理に手軽にチャレンジできますね。

もし、潮干狩りで大量のアサリを獲ってきた場合も、
この裏技を知っていれば砂抜きが怖くありませんね。

美味しいアサリ料理で家族を喜ばせてあげてくださいね。

Sponsored Links