姫路的形海水浴場潮干狩り2017ベストな時期はいつ?必要なものはこれ!
GWのお出かけ、どこにしましょう。
街もいいけど自然も心地よい時期ですよね。

俳句における、春の季語でもある
潮干狩りはいかがでしょう?

「暖かい」から「暑い」に移り変わる時期、

海のそばでの潮干狩りは、
ファミリーにうってつけのレジャー。

都市部の海は、まず砂浜がない
そして工業排水などで海が汚れているので
なかなか潮干狩りはできません。

入場料が徴収されるような
メジャーな「潮干狩り場」は、
都心から少し離れたところにあることが多いです。

よくあるケースは、
海水浴場として使用される砂浜が、
シーズン前に潮干狩り場として開放されるというもの。

姫路市にある、
的形(まとがた)の砂浜もそのひとつ。

姫路市には白浜的形
新舞子などの潮干狩り場がありますが、

これほどメジャーな潮干狩り会場は、
兵庫県内全体でも赤穂・淡路由良が浜を合わせた五か所

これらのうち、船で渡る淡路を除き、
京阪神から近いのがここ的形です。

夏は海水浴場として賑わうこの砂浜は遠浅で、
潮が引くと、それまで海だったところが一面砂浜に変化します。

幅550mもあるそうなので、かなり広いですね!

ほとんどどこの潮干狩り場でもそうなのですが、
元々砂浜にいる貝だけでは、

大勢押し寄せるお客さんが満足する量に程遠いので、
期間中は毎晩砂浜に貝を撒いているそうです・・・(笑)

逆にいえば、貝は確実にある!

では、的形ではどういった種類の貝が採れるのでしょう?

また、的形の潮干狩りでは期間中、
様々なイベントが行われているそうです。

ファミリー皆満足
そのイベントの内容とは?

潮干狩りに慣れていない方への
プチお役立ち・持ち物情報もありますよ!

では、的形海水浴場の潮干狩りについてお伝えします。

Sponsored Links

的形海水浴場で潮干狩りができる時期は?
どんな種類の貝が採れるの?


よく、イベント系である失敗が、

「今週からだと思ってたら来週からだった・・・」とか、
「今日までやってると思ってたのに・・・」という、

イベントスケジュール確認のミス。

特に、アウトドアで準備万端にしておいて、
目的イベントがなかったときはキツイですよね・・・。

的形の潮干狩り期間は、
そんな心配を一掃します。

むっちゃ覚えやすいです。
一度で覚えられると思います。

4月1日から6月30日。

4月から6月までで、外れがないです。
ものすごくラクですね!(笑)

ただ数年前、音楽系のイベントが
海岸で開催されたため、
1日だけ潮干狩りやってない日がありました。

稀ではありますが、念のため
イベントがないか確認してくださいね。

時間は、開場8時~17時、
潮干狩り可能時間は9時~17時。

最初の1時間は、
休憩用の場所取りや荷物の確認
着替え準備などであっという間でしょうね。

さて、いざ潮干狩り開始!

どんな貝が採れるんでしょうか?

的形海水浴場には公式サイトがあり、
ちゃーんとそこに掲載されていました。

・アサリ
・ハマグリ
・マテガイ
・スベタガイ

上二つはご存じだと思いますが、
下二つはお分かりですか?

・マテガイ

タバコを大きくしたような、筒状の貝
ブルボンのルーベラをちょっと小さくしたみたいな感じ。

これは採取のしかたがとても独特

砂をスコップなどで浅く平らに掘ると、
時々、爪楊枝で深くつついたような小さな穴があります。

この穴の奥のほうにマテガイは潜んでいます。
穴を見つけたら、その上に塩をひとつまみ

マテガイは、塩分濃度が急激に上がると、
穴から飛び出してくる習性があります。

これを利用して、にゅっと生えてきたときに
素早くつかんで引っ張り出す!

まるでモグラたたき、いや、モグラ掴み、
もうマテガイ掴みでいいかな(笑)

気を付けるのが、マテガイの殻は薄いので、
ぎゅっと握ると割れてしまいます。

また、敵も逃げるため穴に潜ろうとするので、
あまり急に引っ張り上げようとすると、
大物はちぎれてしまったりもします。

しっかりつかんだら、ゆっくり引き上げる。
なんか釣りみたいですね。

ゲーム性が高いので、
幼稚園以上のお子さんなら
多分面白がるんじゃないでしょうか?

多分、私も楽しむと思います(笑)

食用で、普通に塩抜きして、バターで炒めたり、
煮物にしたりして食べられるそうです。

・スベタガイ

私の小さい頃、
普通に食卓に上がっていたものなので
何も疑問に思いませんでしたが、

大人になって
「なんてネーミングだ・・・!」
と戦慄したものです(笑)

ディープ関西では、「スベタ!」というと、
あまり美しくない女性に対する悪口なわけです。

そんなスベタガイ、
別に「ぶちゃいくな貝」というのではなく、
正式名称「ツメタガイ」がなまったもののようです。

地域によってイチゴガイ
スメタガイなど別の呼び名が存在します。

確かに「ツメタガイ」は発音しづらいですね。

マキガイの一種で、
くるくる巻いた形の殻を持っています。

実家では今でも時々佃煮で登場しています。

気を付けるポイントとして、
これが採れたら専用のバケツを用意しましょう。

スベタガイは、アサリを食べてしまいます!

アサリと同じバケツに入れておいて、
帰宅してから見たらアサリが殻だけになってた

なんてことにならないようにしましょう。

宝探しができる!その景品は?


潮干狩り期間中、
イベントが開催されるのも的形の特徴。

「宝探し」
「くじ引き抽選会」

の二つで、
昨年はくじ引きが各月1回
(4月はGW期間中)、

宝探しは5月に2回・6月に1回ありました。
基本的にどれも日曜日にあるようです。

宝探しでは、あらかじめ
綺麗な色のついた貝が撒かれていて、
それをゲットしたら色別で景品がもらえるシステムです。

金色やピンク、青といった
自然界にはない色の貝なので、
すぐわかると思います。

くじ引きは、4歳以上
(要は入場料を払ったお客さん)が

入場時に三角くじを引くもので、雨天決行

しかもこれ、景品が結構豪華!

昨年だと、1等はなんとテレビ。

2等でBBQコンロ、
クーラーボックス、トースター、

3等たこ焼き器、
アイスクリームメーカー、

4等お菓子セット、5等ジュースと、

どれもあまり外れのない景品ばかり。

持って帰るの大変そうですが(笑)
車で行く人が多いでしょうから、大丈夫かな。

2017年の日程はまだ公開されていないようです。

近くなると、的形海水浴場の
公式HPでチェックできるようですので、
確認してみましょう。
Sponsored Links

的形海水浴場の設備や料金は?
割引料金になる場合は?

・設備

的形海水浴場はもとが
「海水浴場」というだけあって、

比較的多様な設備があります。

・大休憩所(5000人)
・オートキャンプ場
・バーベキュー場
・売店
・更衣室
・トイレ
・自販機
・シャワー(冷水無料、温水有料)

売店では、軽食・菓子・ドリンク(アルコール有)
レジャー用品を扱っています。

潮干狩り必需品である熊手やバケツ
サンダルなどを忘れてしまっても、
ここで購入できます。

あと、マテガイ採りのために
「塩一袋」というのもあります(笑)

・料金

大人(中学生以上)1300円
小人(4歳以上)800円

小学生以下は保護者同伴

海水浴と違って、
貝を準備する手間があるため
割高ではあります。

団体割引があり、
50人以上で入場する場合及び、
学校行事で入場する場合は、

大人小人ともに100円引き。

地域の子供会でお出かけ
なんて場合はちょっとだけお得ですね。

的形潮干狩り・海水浴場
〒671-0111
兵庫県姫路市的形町的形1718

0120-559-939
079-254-1964
ファクシミリ 079-254-1954
Sponsored Links

的形海水浴場での潮干狩りに
必要なものやあるといいものは?

まず、潮干狩り鉄板の準備品ですが、

・熊手
・軍手
・バケツまたは網
(貝を入れる。スベタガイ対策で2つ以上)

・サンダル

・日焼け止め
・帽子

・レジャーシート
・クーラーボックス
・絆創膏、消毒液
・水分
・着替え
(下着類もあわせて一式)

・タオル
・ゴミ袋(複数)

あると便利なもの

・ザル
・クワまたはフライパンターナー
・塩
・保冷材
・水着
・ウェットティッシュ
・ジップロック
・ソリまたは台車

一番上は、純粋に貝を採るためのもの。

余裕があれば、ザルを持っていけば、
採った貝を入れてゆすぐと砂を落とせます。

また、マテガイ採りがしたい場合は
クワまたは塩も追加。

砂を平らに掘って穴を探し、
塩を振りかけると出てきます。

次は、日焼け対策。

暑くなる日も多く、一年のうちでも
紫外線がだいぶきつい時期ですので、

帰宅後シャワーを浴びて
「ヒィィィィ」となるのを避けるために是非!

一番下は、待機場所関係。

熱中症も多くなってくる時期なので、飲み物は大目に
自販機を当てにしていると、売切れたとき悲惨です。

保冷材を持っていけば、ペットボトルを凍らせて
クーラーボックスに入れて行き、

帰りはそのボックスのまだ冷たい保冷材と一緒に
貝を入れていけば、貝が弱りません。
(貝は気温の高いところにおいておくと弱る)

毎日砂浜を清掃してくれてはいるようですが、
割れた貝のかけらやゴミなどで
手足を傷つけることも多いので、

雑菌にやられないように消毒してから
絆創膏を貼るといいでしょう。

また、服は絶対濡れます!

的形公式HPで、
満潮干潮の時刻が載っていますが、

実際には皆引き潮を待たずに
9時からガンガン水に入って採り始めるそうです。

「11時にはクーラーボックス満杯の
アサリを持って帰る人続出」


ということもあるようで、正味早い者勝ち。

潮が引く頃には、草も生えないような
堀跡だったりもするようなので、

海辺のレジャー目的でなく、
本当に貝をたくさん採るのが目的なら

「水着着用」ぐらいの勢いで、
帰りに一式着替えるつもりで準備してくださいね!

タオルは余分に、
濡れた服や道具などを入れるためにも
ゴミ袋も多めに持って行ってください。

また逆の発想で、絶対濡れたら困るもの
ジップロックなどに入れておきましょう。

最後の「ソリまたは台車」ですが、

車で行く場合、上記の大量の荷物を持って
砂浜を移動するのはなかなか大変です。

台車がなくても、
100均のプラスチックのソリなどに載せて
引きずっていけばだいぶ楽になります。

また、的形ではバーベキューが可能です!
ただし、砂浜では禁止。

別に会場が設営されていますので、
入場時に係の人に口頭で伝える形式でいいようです。

セットの持ち込み無料。

予約すれば、セットの貸し出しも可能
木炭6㎏のセットで3000円、3㎏のセットで2500円です。

売店で追加の炭アルミプレートも販売しています。

採れたての貝をバーベキューで食べるって、
さぞかし美味しいでしょうね!

この場合、ポン酢やお醤油もお忘れなく!おいしそーーー!

アクセス・駐車場情報

車でアクセスする場合

第二神明または姫路バイパスより
加古川バイパスへ、「高砂北」出口下車

→国道二号線「豆崎東三叉路」左折南下
→国道250号線セブンイレブンの角右折西進

→山陽電車踏切を越えた角を左折、
以降看板の案内に従って進む

播但連絡道「別所大塩」下車、
JR曽根駅手前を南下

→国道250号との三叉路線右折西進
→山陽電車踏切を越えた角を左折、
以降看板の案内に従って進む

「豆崎東三叉路」以降は曲がり角ごとに、
的形海水浴場の看板が出ているそうです。

駐車場:1000台

二輪車:無料
自動車:500円
大型車:1000円

電車でアクセスする場合

土日祝日は、最寄りの的形駅より
一駅東の「大塩駅」から無料送迎バスが出ています。

バスが来ない場合は、
0120-559-939に電話すれば、
迎えにきてくれるとのこと。

帰りは事務所付近が乗り場。
バスがないときは、事務所に申し出ればいいそうです。

最終便は平日17時、土日祝日17時20分。

平日にバスを利用する場合には予約が必要です。

徒歩の場合は的形駅から南へ約1.5㎞

・阪神・阪急各線から
神戸電鉄経由山陽電車乗り入れ、「大塩駅」

「的形駅」へは普通電車またはS特急に乗り換え

・JR姫路駅で山陽電車姫路駅に乗り換え、
「神戸・大阪方面」各列車に乗車
(「網干方面」には乗らない)

「的形駅」へは神戸大阪方面の普通電車
またはS特急乗車に乗車

まとめ

・的形海水浴場の潮干狩りは
4月1日~6月30日。


稀にイベントで潮干狩りをしていない日があることも。

・アサリ、ハマグリ、マテガイ、
スベタガイが採れる。マテガイは採り方が独特。


・期間中の日曜、たまに「宝探し」
「くじ引き」が開催される。景品が豪華。


・料金は中学生以上1300円、4歳以上800円。
50人以上団体で100円引き。


・持ち物には、着替え一式も必要。
熱中症・日焼け対策も気を付けて。
100均のソリは使える!


・バーベキューサイトでバーベキューOK。
セットを借りる場合は要予約。


・車でのアクセスの場合は看板を目印に。
電車の場合は大塩駅から土日祝無料バス運行。


最後に、アサリとハマグリの採り方について。

アサリは比較的浅いところに集団でいます。
軽く掘ってみていなければ、場所を変えてみましょう。

ハマグリはアサリに比べて深いところに、
これまた集団でいます。

なかなか見つかりませんが、
1匹いたらその周囲にかたまっていることが多いので、
そのあたりを広く深く掘ってみましょう。

おいしい貝がたくさん採れることを祈っておりますー!

Sponsored Links