勝山左義長まつり2017の日程は?どんど焼きのスケジュールは?屋台情報も!
福井・勝山市で行われる伝統の祭!!

春の初めに行われる祭で、
勝山市内では最大のお祭になっています。

ただお祭に行くときって、いろんな出し物があって
何を見たらいいのかわからないときってありますよね?

私も後から、
「これもあったのかー!見たかったな」
ということがありました。

そこで今回は、祭りでは何があるのか、
見所と日程をご紹介します

Sponsored Links

勝山左義長まつりは
どんなお祭?日程は?

どんなお祭かまずご紹介します。

祭の期間は二日間で開催されます。

内容は勝山左義長ばやし・絵行灯・作り物
押し絵・短冊・最後にドンド焼き!!


これだけたくさんの出し物が開催されるので、
奇祭とも言われています。

歴史で言うと、300年以上続いています。

始まりは櫓の上からの太鼓で始まります。

各町内には12基の櫓が立ち、
その上で赤い長襦袢を着て

大人や子供が三味線や
笛などを使い演奏を行います。

その太鼓を叩く姿が、
とてもコミカルな仕草で
華麗なバチさばきが評判です。

これを浮かれると呼ばれてます♪

そして町中にはカラフルな色彩の短冊が飾られます。
このように、浮かれ太鼓と短冊の飾り付けがあるのは、
この勝山左義長だけのものなので奇祭と呼ばれる由来です。

祭の最後にはどんど焼きというものが行われます。

そこで各家庭から正月の松飾やしめ縄をご神体に結び、
御神火によって焼かれ、歳徳神様を天へと見送ります。

この最後のどんど焼きで、
その年の五穀豊穣と鎮火が祈願される
と言われています。

日程は、2月の最終土日に開催されます。

開催されたときは、
正月の14・15日に行われていましたが、

年によっては1月は大雪になりますので、
少なくなる2月の最終土日に行われるようになりました。

日程:平成29年2月25日(土)~26日(日)
Sponsored Links

勝山左義長まつりの見所は?


引用:http://www.city.katsuyama.fukui.jp/kankou/sagityo/cultural/detail_01.html

上の写真がお祭風景です。

この風景が一番太鼓の写真です
ここから様々なところで演奏が始まるんです!!


このような形で絵行燈もたくさんあります。
一つ一つ違うものなのでお祭の合間に探してみてくださいね♪


みんながカラフルな衣装を身にまとい、
こっちまで元気になれそうなお祭ですよね♪

こんな櫓が町のいろんな場所で行われています。
祭に行くなら確実に見ておきたい行事のひとつです♪

その他には町を彩る赤・黄色・緑の
三色の短冊で彩られます。


昼間の風景です。

屋台や太鼓がたくさんあり、
見所というよりは町全体が見所です!!

人はとても多いですが、お祭自体も
福井県の無形民俗文化財に指定されているのでぜひ!!
Sponsored Links

どんど焼きのスケジュールは?
屋台はでるの?


2日間の締めくくりどんど焼き!!

どんど焼きを行うことで、
祭を無事に終えた事に関しての感謝もこめられています。

どんど焼きがあるのは、
祭の最終日なので2日目ですね。

平成29年2月26日(日)の21時から点火します。
ぜひお見逃しなく!!

屋台もたくさん出ています!!
美味しいものを食べながら、お祭を楽しみましょう♪
Sponsored Links

勝山左義長まつりの詳細

会場:勝山市市街地・どんど焼きは弁天緑地

住所:福井県勝山市本町周辺

公共交通:えちぜん鉄道勝山駅から徒歩10分

駐車場:あり(400台無料)

車でもいけますが、
電車でもそんな遠くはないので、

鉄道を利用してもいいですね♪

まとめ

勝山左義長まつりは、
有名な祭で色んな所から来る方も多いです。

見所たくさんのお祭になっています。

二日間しっかり行ってみるのもいいですね♪

ただ櫓は町のいろんな場所に設置され、
太鼓が叩かれていますので、

歩きやすい靴で行くことがオススメです。

櫓の上のみんなは小さい子から大人まで
みんなニコニコで楽しく太鼓を叩いています。

自分も楽しくなってしまうようなお祭です。

文化財にも指定されている行事ですので、
一度は皆様ぜひ訪れてください♪

Sponsored Links