消防記念日とはいつなの?意味や由来!どんなイベントが行われるの?
皆さんは「消防記念日」というものをご存じでしょうか。

私も今までは、その存在を知っているだけで、
いつ、どんなことをするのか、
具体的なことは
全く知りませんでした。

でも最近、
消防士の友人からこの記念日について話を聞いたところ、
日本の消防の由来や記念日に開催されるイベントについて
色々なことが分かったのです!

そこで今回は、
消防記念日のことや、その由来等について
まとめてみました。

Sponsored Links

消防記念日とは?

消防記念日は、毎年3月7日
と定められています。

また、消防記念日が制定された目的は、
日本の消防に関する理解と認識を深めるため
とのことです。

そして、
記念日には消防庁等で消防に関する催しが開かれ、
消防活動に功労のあった一般人、
消防職員に対する表彰式典等
が行われるのです。

おそらく、普通に生活していると、
消防のお世話になることは一生に一度あるかないかだと思うので、
なかなかこういう消防関連のイベントには縁遠くなると思います。

ですが、私達が安心して暮らせているのも、
こうした消防関係の方々のおかげだという事を考えると、
少し興味を持ってみても良いかもしれませんね。

関心を持ってみると、
消防に関する意外な由来まで分かってきて、
知識の幅も広がりますよ!
Sponsored Links

消防記念日の由来とは?


さて、消防記念日はなぜ、毎年3月7日なのか?
気になるところですよね。

 消防記念日が3月7日に制定された由来は、
1948年3月7日に、今日の消防組織の礎となる、
消防組織法という法律が施行されました。

この法律が施行されたことにより、
日本の消防組織は、市町村等の各自治体、
消防士の任務が明文化され、法整備されたことによって、
独立した組織として活動するようになるのです。

この消防組織法が施行された日を記念して、
消防記念日も制定されたそうですよ!

ちなみに、この法律ができるまで、
日本の消防組織はどのようなものだったのでしょうか。

日本で初めて、大規模な消防組織が発足したのは、
江戸時代に生まれた大名火消、定火消、町火消
という組織です。

この組織は、1657年に起きた明暦の大火という、
江戸の町を約2日間に渡って燃やし尽くし、
死者3万人~10万人を出したと言われる
大災害がきっかけと言われています。

この後も、江戸では火事と喧嘩は江戸の華と言われるくらい、
大火災が度々起こります。

きっと、当時は木造住宅が密集した環境にあり、
火事が起こると延焼しやすい状況だったのでしょうね。

そして、明治維新後は、消防組織が整理されて、
消防組という組織が生まれますが、
これは警察組織の管轄で活動していました。

このように、現在では当然のように活動している消防組織ですが、
独立した組織として活動が始まったのは、歴史的に見ると
つい最近のことなのですね。
Sponsored Links

消防記念日には、どんなイベントが開催されるの?

消防記念日には、消防関係の各庁舎等で、
様々なイベントが開催されます。

まず、消防殉職者に対する追悼式典、
黙祷が行われるとともに、
消防活動に功績のあった消防職員、
一般人に対する表彰も
行われます。

また、一日消防署長として、芸能人等の著名人を招いたり、
消化活動の演習を披露したり、
見学会として、消防車やはしご車を見学できたり
します。

消防士をしている友人から聞いたところ、
特に人気のある催しは、
はしご車の見学会や、消化ホースの放水体験で、

子供には特に人気があるそうですよ。

いつの時代も、消防士さんや消防車はかっこ良いので、
子供は喜んでくれますし、一日中楽しむことができますので、
ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

また、3月7日を含む3月1日~7日の一週間には、
春の全国火災予防運動が行われます。

これは何をするのかというと、
火災を予防し、災害を減らす為に、
一般人に対して広報活動がたくさん行われます。


ポスターを配布したり、
防火器具に関する相談会を開いたりして、
多くの人に防災に意識を向けてもらうように
活動が行われます。

普段、防災設備に不安や疑問をお持ちの方は、
こうした運動期間を利用して、
消防署に足を運ぶのも良いですね。
Sponsored Links

まとめ 命をかけて活動する消防に感謝を!


1 消防記念日は毎年3月7日です!

毎年3月7日には、各市町村の消防署等で、
消防記念日として色々な催しが行われます。


消防車の見学会や、消防活動演習等が行われ、
消防車や一斉に放水される演習の様子は迫力があって、
なかなか楽しめますよ!

特に、子供には魅力溢れるイベントですので、
ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

2 消防記念日の由来は消防組織法

3月7日に消防記念日が制定された理由は、
消防組織法が1948年3月7日に施行されたことに由来しています。


この法律が施行されるまでの日本の消防に関する歴史はとても深く、
先人達がどれほど火災に苦しみ、
悪戦苦闘してきたかが伺い知れます。

興味を持って調べてみると、
現在の整備された消防組織の上に成り立つ、
安心な暮らしのありがたさを感じることができますよ!

3 命をかけて活動する消防の方々に感謝しよう!

消防記念日には、防災活動に関する様々な広報活動が行われます。

私達が現在、安心して暮らせるのは、
火災や地震、津波等の災害、急病やケガをした時に、
いち早く救助にかけつけてくれる消防、救急隊の方々のおかげなのは
間違いないでしょう。

こうした方々に感謝し、
また、自分自身でも防災についてできることを考えるのは、
大切なことではないでしょうか。

また、難しいことを考えずに、
消防記念日に催されるイベントは、
子供と一緒に行っても十分に楽しめるものですので、
一度気軽に足を運んでみても良いかもしれませんね。

きっと、今まで知らなかった消防について触れることができますし、
興味を持てるかもしれませんよ!

Sponsored Links