神田祭2017年の日程と見どころは?今年を逃すとヤバい!?由緒正しい江戸の祭り日本三大祭りや江戸三大祭りに数えられる神田祭は、
日本で1位2位を争うほど有名なお祭りです。

けれどその起源ははっきりわかっていないのです。
江戸時代には行われていたという記録があるのみです。

元々、山車がメインだったお祭りですが、
明治以降路面電車が走るようになり、
電信柱が増え、徐々に神輿に変わっていったようです。

古くから伝わるお祭りが、形を変えることで
残っていくのはうれしいことですよね


起源がわからなくても、そのお祭りの活気しきたり
いつまでも続いていくと良いと思います。

日本に住むなら一度はその目で見て体感してほしい
神田祭2017年の日程見どころをご紹介します。


Sponsored Links

神田明神の神田祭とは?


神田祭かんだ祭り)とは、東京都千代田区の
神田明神で5月に行われる祭礼
のことをさします。

江戸時代、徳川家康は戦の前に戦勝を祈って
神田大明神で毎日祈祷をあげていました。

ちょうど祭礼の日に家康が合戦に勝利し天下統一を果たしたことから、
家康が特に崇敬し、神田祭が徳川家縁起の祭として以後盛大に
執り行われるようになりました。

その史実が今なお神田祭を盛り上げる要素の1つになっているのでしょう。

ところで、この神田祭大祭
隔年(西暦奇数年)にしか行われません。

2017年は奇数なので実施されますが、
これを逃すと次は2019年となりますので、
しっかりチェックして今年のお祭りの予定を空けておきましょう。
Sponsored Links

2017年の神田祭の日程は?

2017年の神田祭は5月11日(木)から17日(水)までの
1週間行われます。1週間ってお祭りとしては長いですよね。

土日だけというお祭りばかり知っている私としては

1週間あれば行ける可能性が高くなるし、
人も分散されて良いのでは?


と思ってしまいます。

でも、お祭りは毎日同じことを繰り返すわけではなく、
スケジュールが決まっていますので、
お祭りの何を目的に行くのか
押さえておく必要がありますね。

特に人気が高いのは次の3つだと予想されます

■神幸祭            5月13日(土)

神田祭のメインの神事になります。

江戸・東京の下町を氏神様がお乗りの神輿
一の宮鳳輦」・「二の宮神輿」・「三の宮鳳輦」をはじめ、
諫鼓山車獅子頭山車などの行列が巡行します。

その数ざっと500名30キロメートルの道のりを歩きます。
夕方には、日本橋から附け祭の行列が加わり、
1000名の大行列となります。

■神輿宮入           5月14日(日)

神幸祭の翌日に行われる各町内の行事です。
町神輿が各地区を巡行し、それぞれ時間を決めて神社に練り込みます。

ふんどしを締めた粋な男衆に担がれた神輿と、その勢いは必見です。
大小200を超える神輿が集まるのは神田祭だけと言えます。

朝の9時から17時すぎまで神輿がどんどん神田明神
入っていくのを見ることができます。

■例大祭              5月17日(水)

お祭りのラストでハイライトとなる例大祭で、
最も大切な神事です。

氏子の幸せと日本の繁栄・平和を祈念し
衣冠装束姿の宮司をはじめすべての神職が奉仕します。

献饌、巫女による「巫女舞の奉納
祝詞奏上玉串拝礼と、神事が執り行われます。
Sponsored Links

神田祭の見どころは?


正直なところ、いつ何を見ても満足してもらえるお祭りなのですが、
これぞ神田祭と言えるキングオブ神田祭を決めるのであれば、
メインの神幸祭になりますね。

それも夕方16時頃、日本橋から附け祭の行列が加わった
1000名を超える大行列です。

いつも見慣れた街の景色が変わり、タイムスリップしたかのような
不思議な光景を見ることができるでしょう。

行列は、神社に引き返し、
19時頃クライマックス
を迎えます。

大きな神輿が神田明神の参道を駆け上がる姿
を是非間近で見てください。

神幸祭の日に、19時のクライマックスを目指して神田明神に向かい、
翌日の神輿宮入12時30分頃に秋葉原の「おまつり広場」にある
まる町神輿を見て感動するコースを基本に、スキマ時間があれば、
神田明神に出る屋台と宮本公園の太鼓フェスティバル物産展を楽しむ、

2017年はこれでいきましょう
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

お祭りは神田明神を中心に行われています

行列で町内を練り歩くイベントもスタート・ゴールはもちろん神田明神です。
まずは神田明神を目指しましょう。

神田明神の最寄り駅は、JR中央線・総武線および東京メトロ丸の内線の「御茶ノ水駅」です。
行列を目当てに行くのであれば、午前8時やや早めの出発なので注意してください。

行列は神社から神輿を担いで練り歩ける範囲にいるので、
駅を降りたら人の多い賑やかな方に向かって歩けば出会えるかもしれませんね。

まとめ

1.      神田明神の神田祭とは?

神田明神で行われる祭礼で2年に一度行われます

2.      2017年の神田祭の日程は?

5月11日(木)から17日(水)までの1週間

3.      神田祭の見どころは?

神田明神にて、13日(土)19時に神幸祭のクライマックス
秋葉原のおまつり広場にて、14日(日)12時30分頃の町神輿の集結
空き時間で、神田明神に出る屋台と宮本公園の太鼓フェスティバルや物産展

4.      アクセス・駐車場情報

JR中央線・総武線および東京メトロ丸の内線の「御茶ノ水駅」から
神田明神を目指しましょう。

神田祭は見どころを1つ紹介するのが難しいお祭りですね。

見どころを複数あげてと言われたら、
そのままスケジュールを全部伝える
ことになる気がしました。

それだけボリュームがあり、
それぞれが1つのお祭りになりそうな1週間になります。

1週間あれば1日くらい出かけられる日がある方もいるでしょう。
是非、直接見て神田祭のパワーを肌で感じてください

Sponsored Links