尾所の桜2017見頃やライトアップの時間は?桜まつりの日程は? 

新生活のスタートを華々しくする「

そんな新しい気持ちを共にお花見に出かける人は多いはず。

たくさんの人の中でワイワイと楽しむのもアリですよね。

しかし、中には少人数で、またはご家族とゆっくり
桜を満喫したいと思っている人もいますよね。

そこで、今回は岡山県での津山市にある
尾所(おしょ)の桜」をご紹介したいと思います。

ここは静かに、のびのびと鑑賞したい人にオススメ。

でも遠方だったりすると、やっぱり億劫だと感じる人も多いですよね。

でも、大丈夫。

尾所を満喫できるポイントを知って
一味違うお花見に挑戦ですよ!



Sponsored Links

「尾所の桜」って?


まず概要を整理しておきますね。

場所:津山市「尾所(おしょ)の桜」

桜の種類:ヤマザクラ

桜の見頃:例年4月中旬〜下旬

開演時間:24時間

ライトアップ:例年期間中の18時〜21時

料金:無料

駐車場:あり

車椅子貸出し:なし

売店:なし

アクセス:中国自動車道津山ICより約45分
http://tsuyama-city.musicfactor.jp/aba_oso1104/
Sponsored Links

「尾所の桜」特にすごい所2つ!

え!?2つだけ? って思いましたか?

しかしここ、この2つが本当にすごいんです。

何がすごいかというと、

1) 県下最大の巨木桜がある

県内には桜の名所は随所にあります。

しかし、巨木ってあまり見ることができません。

この巨木はヤマザクラという種類で
推定樹齢560年という歴史ある桜。

岡山県指定天然記念物にも指定されている由緒ある桜
なんですよ。

さてこの巨木ヤマザクラが、どれだけ迫力があるかというと
高さはなんと、14メートル、
枝を四方に伸ばしてその幅は約20メートルも
あります。

開花は4月中旬〜ですが、
見頃は20日以降が多い

ようですね。

人が巨木に並ぶと、まるでフィギアのおもちゃ見たいに見えます。

しかも真下に立って桜の巨木を見上げると、
まるで吸い込まれるような感覚になります。

自然の偉大さを感じるのはまさに
歴史ある桜の持ち味だな、と感じます。

一度体感してみるのをぜひオススメしたいです!

夜間にはライトアップもされて
その風格に圧倒されます。

この時期は県北の方は夜間でもちょっと冷え込みます。

上着を持参すると、
さらにゆっくりと楽しみことができますね。


さて、このあたりは、
この巨木ヤマザクラがメインになります。

周辺に桜の木があるわけではないんです。

ですが、小さな子は駈けることもできますし、
ご年配の方もご自分のペースで散策とお花見を穏やかに楽しめます。

こういった桜の楽しみ方って本当に贅沢ですよね。

2)期間限定の「さくらまつり」が開催される

例年、特別イベントが開催されているようですよ。

どんなイベントかというと
津山の特産物をふんだんに使った
食べものや写真展、もち投げも
あります。

大勢の人が来場していますが、
人ごみで疲れた、
というような状態ではないので
ぜひぜひお出かけしてほしいイベントです。

詳しくまとめると、

テント村:
焼きそば、ヒラメ(マナゴ)の塩焼き、手打ちそば、
桜ずし、山菜おこわ、よもぎ餅、米粉クッキーなど。


餅投げ:午後2時(2016)

桜の写真展示会

という感じです。
売店がなくても、こんなイベント期間中にお出かけすれば、
地のものを見て、食べて盛りだくさんになりますね。

ただ、これらは一つ一つテントで出店しており、
写真展も青空展示会とも言えるスタイルをとっているようです。

ですから、
開催日程は天候に大きく左右される
かもしれません。


事前に情報を確認してからお出かけすると良いですね。

主催:津山さくらまつり実行委員会
お問い合わせ:津山市阿波出張所地域振興課
(0868-32-7042)
Sponsored Links

楽しいのは桜だけじゃない!もう一つの魅力の場所


津山って、岡山県在住者も「山の奥
といったイメージを持っています。

これは偏見ではなくて、自然豊かという意味です。

現在岡山市街地は、どんどんと都市開発が進んでいますし、
マンションの建設もとても増えている地域です。

ですから、県内の人も、
津山の自然そのまんまを体感したいと思っている人が多いのでは?
と思っています。

でもなかなか行けないのが現実。

そんな時は、この桜シーズンに便乗して、
周辺にも足を伸ばしてはいかがでしょう。

まず、先ほどの巨木ヤマザクラ地点から車で約30分のところに
布滝」があります。

ここは本当に間近で滝を見ることができます。

まさにマイナスイオン浴びまくり!

癒されますね。

ここの良いところは、滝までの道が整備されていることです。

子どもやご年配も歩きやすいですね。

ですから、ご年配の方でも、下ばかり見ることなく、
皆さん周辺の山々や滝の様子を眺めながら歩かれていますよ。

せっかくの景色、楽しみたいですよね。

ただ、いくら道路が整備されているといっても、
履物は履き慣れたものを使用されることを
オススメします。


↓布滝の情報
https://ja.wikipedia.org/wiki/布滝_(津山市)
Sponsored Links

やっぱり気になる 津山のグルメは?

お出かけすると、なぜあんなにお腹が空くのでしょうね(笑)

ここで津山のグルメを紹介しますよ。

1) 津山うどん

B1グラプリにも輝いたホルモンうどん屋さん
↓「橋野食堂」
https://retty.me/area/PRE33/ARE276/SUB27601/100000016901/
こちらのお店、私の友人が行ったことがあるのですが、
行列だったそうです。

ホルモン?って思ったようですが、
歯ごたえがあって美味しかったと絶賛していました!

2) 津山バーガー

津山バーガー研究会があるほどのスローフードです。

岡山県の美味しいい食材がとってもナイスなバランスで
とても美味しいんです。

私も食べたことがあるのですが、
油っこさがなくてさっぱりと
でもしっかり食べられちゃいます。

↓津山バーガーを紹介していますよ。
http://www.localburger.jp/p/map/okayama/2/

3) 津山そずりコロッケ

そずり」ってご存知ですか?

そずりとは、牛肉のすねの周りについている肉のことで、
「削る」が方言化して「そずり」になった、
岡山県ならではの食材なんですね。

このそずりをコロッケにしたのがとても美味しいです。

地元では、そずり鍋が有名ですが、
旅人には簡単に手にできるコロッケが良いですね。

津山市山下にお店を構える
「山本生肉本店」さんが有名です。

 お花見コースとあわせてグルメスポットのプランを
立ててみると楽しいですね!

桜の写真 完成度を上げるには??


お花見に行って、スマホやカメラで写真に収めること
ありますよね。

特に今回ご紹介した、巨木ヤマザクラは、とても大きいので
どうやって撮ろうか、アングルに困る人の姿、
見かけたことがあります。

そこで最後にワンポイント写真テクニックをお伝えしちゃいます!

遠くから桜全体を撮ると、なんだか「普通」の写真になってしまいます。

こんな時は、あえて
桜の花にできる限り寄ってみましょう。

レンズのギリギリまで出来るだけ被写体に
寄ってみてください。

花の生き生きさが伝わる素敵な写真になりますよ。

でもこの巨木を残したい。

全体の写真を1枚は残したいですもんね。

ここで完成度をぐっと上げてくれるのが、
「望遠レンズ

これを使うと、圧縮効果によって、
遠くのものも大きく写すことが可能だそう。

大きい被写体だと、そのものから遠ざかって小さくなって
しまいますよね。

そういったことを避けるために使えるようです。

ぜひ試してみてください!

↓写真の撮り方を詳しく説明している動画がありました

まとめ

1 尾所の桜情報を確認してみましょう

2 県下最大の巨木ヤマザクラがある
特別イベント「さくらまつり」もオススメですよ

3 ちょっと寄り道 滝スポットとグルメ

4 桜を上手に写真におさめるコツ

さぁ、今年も春の季節が楽しみですね。

家族で、気の合う友人と、「尾所の桜」を満喫してくださいね!

車で遠方からのお出かけの際はしっかり休憩を取ることを
オススメします!

Sponsored Links