醍醐桜の2017年の開花情報や見頃は?ライトアップされた桜は一度は見るべき! (出典:http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/sizen/hyakusen/hyakusen/064daigozakura.html )

醍醐桜ってご存知でしたか?

岡山県内にはたくさんのお花見スポットがありますが、
醍醐桜は他とは違う、何と言うか特別な桜です。

お花見って言うと、
たくさんの桜の木に一斉に花が咲いて、
わー華やか!って感じですよね。

お花見場所を選ぶ時も、
木の本数が多いところを選ぶ方もいらっしゃるのでは?

確かに「桜並木」とか
「山一面の桜」ってテンション上がりますよね。

でも醍醐桜は、静かな山里に
たった1本の桜の樹が立っているだけなんです。

なんですが、その1本の桜が
毎年多くの人を魅了しているんですよ。

あ、余談ですがわが家の上の子は
「第五桜」だと思ってましたし

下の子は「DAIGO桜」だと思っていたらしいです。

というわが家の残念な事情は置いといて、
醍醐桜のあれこれをご紹介いたします。どうぞ!

Sponsored Links

醍醐桜とは?


岡山県真庭市にある醍醐桜は、
県下一の巨木と言われています。

真庭市の観光サイトによると、
根元の周囲は9.2m、高さは18m

広がった枝は東西南北20mにもなるそうですよ。

ちなみに「醍醐桜」というのは通称で、
種類としてはヒガンザクラの一種だそうです。

なぜ醍醐桜というのかと言いますと・・・

『元弘2年(1332年)後醍醐天皇が隠岐配流の際、
この桜を見て賞賛したといわれ、この名がつきました』

(真庭観光連盟、醍醐桜ページより引用)

・・・だそうです。

えっと要約すると、
大昔のえらい人の名前にちなんで
付けられた
、ということですね。

まぁとにかく大昔からある
すごい桜なんですよ。(雑だな)

日本史好きな方には、
その由来も感動ものなんでしょうね。

恥ずかしながら私は日本史に詳しくありませんが、
そんな知識がなくともひと目見た時の感動といったら!!

ほら、よく「思わず息をのむ美しさ」
って言うでしょ?まさにそれ!

たくさんの桜の木がある風景が
「キャーステキ」だとしたら、

醍醐桜は「・・・うわぁ・・・」って感じ。

わかります?

圧巻、絶景、神秘的、
そんな言葉がぴったりの桜です。

ちょっとメルヘンな言い方をすると、
精霊が宿っていそうな樹ってところでしょうかね。

醍醐桜の開花情報や見ごろの時期は?
ライトアップはある?

(出典:http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/sizen/hyakusen/hyakusen/064daigozakura.html )

醍醐桜の見ごろは、
例年4月上旬から中旬にかけてです。

五分咲き以降葉桜の時期まで、
ライトアップも行われます。

時間は日没から21時まで

このライトアップされた醍醐桜も、
毎年たくさんの人を魅了しています。

残念ながら私は、
生ライトアップ醍醐桜(なんだそれ)は
見たことないんですよね。

でも、地元のニュース番組で
見た時は本当にキレイでした。

たとえて言うなら・・・
NHKのドキュメンタリーみたいな?

すみません意味わかりませんね。

とにかく、昼間とは全く違った表情を楽しめるので、
お時間のある方は昼夜両方見てみるといいですよ。

春とはいえ夜は冷えますので、
あたたかい服装でお出かけくださいね。
Sponsored Links

醍醐桜の見どころや楽しみ方は?


醍醐桜を見る時は、
ぜひ可能な限り近くまで行って、
下から見上げるようにして見てください。

その大きさに圧倒されますよ。

あと、写真を撮るなら絶対青空の日がキレイ!
プロ並みに美しい写真が撮影できますよ。

あぁでも、お天気に恵まれた日は
プロからアマチュアまで
たっくさんのカメラマンで溢れかえっています。

みなさん立派な三脚を立てて、
いい写真を撮ろうと必死なんですよね。

余計な人が入らない一瞬を狙っていると思うので。

だからですね、あまり樹に近付いて
長い時間はしゃぎ過ぎると
白い目でみられるかもしれません。

樹に近付くときは、
周りの空気を読みながら、
おそるおそるでお願いします(笑)

それからこれは、
楽しみ方と言えるのかわかりませんが。

個人的には楽しいのでご紹介します。

スマホなどで、
「醍醐桜 ライプカメラ」と検索してみてください。

真庭市が設置したカメラで、
醍醐桜の今の映像を見ることができるんですよ。

これを書いている今現在は、
一面の雪景色が広がっております。

花が咲くのはもうちょっと先ですが、
これを見てお出かけの参考にするのもいいですね♪

真庭市は、醍醐桜以外にも
河川やスキー場などにライブカメラが設置してあって、

リアルタイムの映像を見ることができます。
けっこう暇つぶしにいいので(笑)見てみてくださいね。
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

醍醐桜の所在地は以下です。

●岡山県真庭市別所2277

けっこうな奥地にあるので、
車で行かれる方がほとんどでしょうね。

駐車場は周辺にいくつかあって、
130台程度は入ります。

料金は200円~で、
駐車場によって若干異なります。

気になる混雑具合ですが、
平日か休日かはあまり関係ないみたいです。

じゃあ何が関係あるのかと言うと、
ズバリ開花状況!!

行くからには満開の桜を見たいですからね。

絶対に渋滞はイヤ!というなら、
開花直後ですかね。

まぁ当然花は少ないですが、
樹自体の素晴らしさは感じられるかと思います。

開花したぞという情報が流れて、
3~4分咲きになる頃には徐々に車も増えてくるようです。

一般的にお花見には
少々早いと思われるかもしれませんが、
そこは天下の醍醐桜。

土日に行くなら早朝をねらいましょう。

8分咲き以降は、あきらめが肝心です(笑)

駐車場に入るまで、平日でも500m
多い時では3km程度の渋滞が発生します。

時間にすると平日でも1~2時間くらい・・・。

少しでも回避するためには、
かなり早い時間に到着するか、

ふもとの駐車場に停めて
のんびり歩いて現地を目指す


という方法があります。
(歩く目安は30~40分程度)

私が行ったのはずいぶん前の平日ですが、

その時は7分咲き程度、
樹の近く駐車場到着は朝の6時くらい。

それでも結構な人が来ていましたからね。

小さなお子さんやご年配の方が一緒で、
長い時間歩いたり渋滞に巻き込まれるのは勘弁!という方は、

やはりド早朝(なにそれ)の到着を目標にしましょう。

まとめ

■醍醐桜は県下一の巨木。
そのスケールは一見の価値あり!!


■5分咲き以降は毎年ライトアップあり。
幻想的な風景は、一度は見てみたい絶景!


■写真を撮りたいのは皆同じ。
お互いマナーを守って譲り合って撮影を。


■駐車場はあるけれど、超人気スポットなので
ある程度のあきらめも肝心。


一度は見たい圧巻の醍醐桜。
見頃の時期には時間と心に余裕をもって出掛けましょう♪

Sponsored Links