お台場海浜公園で潮干狩り2017のオススメ時期は?必要なものはこれ!春から初夏のレジャーとして
オススメな潮干狩りですが、

東京でも貝が捕れる場所があるって知っていますか?

イメージ的に東京で貝って捕れない感じがしますけど、
実は意外にも東京で潮干狩りが出来る場所があるのです。

その1つがお台場海浜公園です。

お台場で潮干狩り?と思ったあなたにこそ、
行ってその目で確かめて欲しい貝が居るのです。

ゆりかもめのお台場海浜公園駅から
徒歩3分のところで潮干狩りができるんですよ。

驚きですよね。

ただ、お台場海浜公園の潮干狩りは
どこでも出来るわけではなく、
禁止されている区域もあります。

また、小さな貝は持って帰ってはいけない
というルールもあります。

そこでお台場海浜公園の潮干狩りについて、
どこで出来るのかルールはどうなっているかなど
気になることをご紹介します。


Sponsored Links

お台場海浜公園で
潮干狩りができる時期は?


お台場海浜公園にある「おだいばビーチ」
約800mの人工の砂浜です。

砂や葉神津島の砂を使用していてとても綺麗です。

海上バス乗り場付近と
台場公園を囲む菱形の砂浜では
潮干狩りが禁止されていますが、

それ以外の区域では行うことが出来ます。

海浜公園自体は通年利用が出来るので、
いつ潮干狩りをしたらダメという日はありませんが、

水温や長時間同じ姿勢で
貝を捕ることを考えると、春がオススメです。
4月中旬から5月中旬まででしょうか。

捕れる貝の種類はとても豊富で、

あさり・ばか貝・しおふき・まて貝
食用になる貝がいろいろいます。

ただ、稚貝は撒いていないので、
捕れたらラッキーという気持ちで行きましょう。
Sponsored Links

公園の設備や料金は?


無料の潮干狩り場なので、
レンタル品はありませんが、

設備は割と整っています。

トイレ:あり
更衣室:なし
休憩所:なし
コインロッカー:あり/300円
温水シャワー:あり/5分200円

まだ水が冷たい時期に
海水につかって潮干狩りを行うので、
温水シャワーがあるのが嬉しいですね。

風邪を引かないように、
暖かい格好で出かけましょう。

また帰りにはシャワーを浴びて
体を温めることをオススメします。
Sponsored Links

お台場海浜公園での潮干狩りに
必要なものやあるといいものは?


レンタルを行っていないので、
必要な物は用意して持って行く必要がありますが、

電車等公共の交通機関を利用する場合
あまり荷物が多いのは考えちゃいますよね。

とは言え、お台場という場所がら、
首にタオルをかけて、長靴で歩くのは
少しためらってしまいますよね。

荷物は出来るだけ最小限にそろえて
出かけられると良いでしょう。

必ず用意してもらいたいのは、
くまで、網、持ち帰り用の保冷バック、
帽子、長靴です。


ぬれてしまったときのことを考えて、
着替えもあると便利ですね。
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

お台場海浜公園に行くには、ゆりかもめが便利です。

「お台場海浜公園」駅または
「台場」駅からそれぞれ徒歩3分で到着します。

また、りんかい線「東京テレポート」駅からも7分です。

車の場合

台場線「台場」ランプまたは
湾岸線「臨海副都心」ランプからすぐになります。

駐車場中央駐車場が101台
北口駐車場が244台と数がありますが、

シーズンは混雑しているので、
朝早く出かけるのが良いでしょう。

行き帰りも混雑が予想されますが、
駐車場に無事停められれば
荷物や着替えの心配はなくなりますね。

まとめ

1.お台場海浜公園で
潮干狩りができる時期は?


無料の潮干狩り場で、通年利用が出来ます。

水温や長時間水につかることを考えると
春がオススメの季節になります。

2.公園の設備や料金は?

公園の利用は無料です。

コインロッカー:300円
温水シャワー2分500円で借りられます。

3.お台場海浜公園での潮干狩りに
必要なものやあるといいものは?


くまで、網、持ち帰り用の保冷バック、
帽子、長靴があると便利です。

なるべく荷物は少なくしましょう。

4.アクセス・駐車場情報

■電車の場合
ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅
または「台場」駅から徒歩3分

りんかい線「東京テレポート」駅から徒歩7分

■車の場合
台場線「台場」ランプまたは
湾岸線「臨海副都心」ランプからすぐ

駐車場は、
中央駐車場が101台
北口駐車場が244台

周辺道路を含め混雑が予想されます。

お台場は今では考えられませんが、
昔は何も無かったので誰も居ない砂浜で
潮干狩りを楽しむ子供もいたそうです。

最近は結構知られてきていますが、
お台場で潮干狩りが出来、

しかも結構貝の種類が多いとあれば、
出かけてみて損はないはずです。

童心に返って、1日砂遊びを
楽しんでみても良いかもしれませんね。

Sponsored Links