井原堤の桜2017の見頃やライトアップの時期は?絶景の桜のトンネルは必見!
(出典:おかやま旅ネットhttps://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=372&sel_data_kbn=0 )

もうすぐ春ですね♪

春といえば桜の季節!

満開の桜の花を見ると、心もウキウキしてきます。

いつもは下を向いて歩く道だって、
桜の季節だけはつい上を向いて胸を張って
堂々と歩いちゃいます!(何の話)

広島県との県境にある、
岡山県井原市をご存知ですか?

ちなみに「井原」はイハラじゃなくてイバラと読みます。

ここテストに出るぞ~。

井原市には地元の方なら絶対知ってるお花見スポットがあって、
そこの桜は本当にキレイなんです!

何ていうかもうメルヘンの世界?

というわけで、
今回はその井原堤の桜事情をご紹介します♪

Sponsored Links

井原堤の桜は?


(出典:井原市観光協会HP http://www.ibarakankou.jp/data/DB137/DB137.html )

井原堤の桜並木は、
市内を流れる小田川の土手に広がっています。

その距離なんと2km!!

約800本の桜並木は、圧巻なんですよ。

ここの桜並木は距離も長くて本数も多いので有名なのですが、
それだけじゃなく、
道の両側に桜が植えられてるのが人気の理由!

桜が一斉に花開くと、写真のように
まさに桜のトンネルなんです!

どうですか?

写真だけでもわぁー!ってなりますよね。

桜が満開になって、花びらが舞い散る中
スキップすれば気分はもうプリンセス!

まぁ・・・
プリンセスになる想像力とスキップをする勇気が
必要ではありますが。

とにかくですね、
スキップしてもしなくてもキレイなので、
ぜひ1度見て欲しい!

そんな感じです(何だそれ)

ここの桜の魅力は他にもありますヨ。

桜のトンネルから1段下に下りて、
川沿いから眺めることもできるんです。

川沿いの道がいいのは、
対岸の桜も一緒に眺められるところ。

ゆったりした川の流れと満開の桜。

これはこれで絶景です。

ここでちょっと豆知識です。

「井原堤」というのは、
小田川堤防のうち桜が植えてある区間の通称だそうです。

いや実は私も知らなかったんですけどね。

地元の方には桜土手などとも呼ばれているそうです。

ステキな名前ですよね。
Sponsored Links

井原堤の桜の見ごろの時期は?ライトアップはある?


(出典:井原市観光協会HP http://www.ibarakankou.jp/data/DB137/DB137.html )

井原堤の桜は、例年
3月下旬から4月上旬に見ごろを迎えます。

この時期はあたたかな陽気に誘われて、
お散歩をしたりお弁当を食べたりしている人もたくさん。

そしてそして、井原堤は何と言っても夜桜が有名!

ほんのりピンク色のぼんぼりで照らされた桜並木は、
見れば絶対に写真を撮ってSNSにアップしたくなります!

その幻想的な光景は、昼間と違ってまたいいんですよね。

花びらが舞い散る中スキップすれば、
気分はもうプリ・・・!

ハイ調子に乗ってスミマセンでした。

ライトアップの期間(=桜まつり開催期間)ですが、
2016年は3月22日から4月10日でした。

2017年の情報はまだ出ていないようですが、
おそらく同じくらいの期間だと思います。

昼間と違う表情を見せる桜のトンネル、
中を歩くのもいいですし、
ちょっと離れたところから
川面に映る夜桜を見るのもまた感動しますヨ。

Sponsored Links

オススメの桜のスポットは?


(出典:おかやま旅ネットhttps://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=372&sel_data_kbn=0 )

井原堤のオススメ桜スポットは、
やっぱりこの桜のトンネルでしょう!

ところどころにベンチが置いてあるので、
そこに座ってゆっくりと桜を眺めるのもよし。

長く長く続く桜のトンネルをスキッ・・・

お散歩するのもよし。

ただし、写真からもお分かりいただけるように、
桜のトンネルがあるのは地元の方の生活道です。

そんなに道幅が広いわけではありません。

かといって車も結構通ります。

桜の季節は特に。

ですので、歩いて見物しようという方は十分お気をつけくださいね。

小さなお子さんのいらっしゃる方は、
河川敷に降りてそこから眺めるほうが安全
かもしれません。

あ、先ほどの項でちらっと触れました桜まつりについて。

例年4月上旬(2016年は4月3日の日曜日)には
イベントが開催されて、
郷土芸能のステージやご当地グルメの屋台、
ゆるキャラの登場があったりします。


この手のお祭りで楽しみの屋台ですが、
残念ながらこの日1日のみの出店です。

まぁこの日に食べ尽くせばいい話なんですけど。(そうか?)

もしイベント日以外の日にお花見をと考えている方は、
食べ物飲み物を忘れずに持っていきましょう!
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

井原堤へは、やはり車が便利でしょうね。

●車の場合

山陽自動車道笠岡ICから北へ約20分程度。

桜の季節には、対岸の桜橋公園下の河川敷に臨時駐車場も
設けられますよ。(約50台)

ただし、イベントのある日に限っては、
会場周辺で一部交通規制が行われます。

直前にインターネットや新聞等で情報収集されること
オススメします。

●電車の場合

井原鉄道井原線の井原駅からは市内循環バスで約5分。

嬉しいことに、
イベントの日には無料シャトルバスが
30分間隔で運行
しますよ。

●ちょっと遠いけどJRの場合

JR笠岡駅から井原行きバスで約30分、
終点で下車して徒歩約10分

まとめ

■井原堤は、約2kmに渡って桜が咲き乱れる絶景スポット
■見頃は3月下旬から4月上旬。ライトアップされた桜も美しい!


■見どころややっぱり桜のトンネル!
4月には1日限定で屋台などが出店するイベントあり!

■井原堤へは車が便利。
駐車場もあり。
イベント日には井原駅から無料シャトルバスも!

昼夜異なる表情をみせる桜のトンネル

この春は井原堤へレッツゴー!

Sponsored Links