静内二十間道路桜並木2017の見頃と開花予想は?しずない桜まつりも開催!
雪が解けて日本の中では一足遅い春がくる北海道
なんといっても楽しみはお花見ですよね♪

北海道で数多くあるお花見の名所の中でも
有名なのが
静内二十間道路(シズナイニジュッケンドウロ)桜並木道!

見どころしずない桜祭りについてご紹介していきます♪

Sponsored Links

静内二十間道路桜並木の桜は?見どころは?

静内二十間道路日本一の桜並木ともいわれています。

北海道遺産に指定されたり、日本の道100選桜名所100選にも選ばれた、
人気のお花見スポットなんです!

道路の幅が二十間(約36m)あることからその名がつけられました。
桜並木がある新ひだか町静内田原~静内御園までの距離は
なんと7km!

あまりにも長いため、遠くのほうはピンク色の霧がかかっているように見えるんですよ(^^)

桜の本数も多く、エゾヤマザクラカスミザクラミヤマザクラなど
本州にはあまりない濃いピンク色の桜が約3000本も植えられているのです!

風が吹くと7kmに渡ってぶわぁ~っと桜吹雪が起こるので、
通るだけでも一見の価値ありですよ♪
Sponsored Links

静内二十間道路桜並木の見ごろの時期は?


例年、5月上旬から5月中旬見頃を迎えています。
平均開花日が5月5日、平均満開日が5月9日とされていますが、
毎年開花が早まってることもあり、
5月2日~5日が見頃と予想されています。

北海道の桜の開花予想は非常に難しいので、分かり次第また追記いたしますね!

静内二十間道路桜並木を通る時は、からっと晴れた昼間がオススメです。
お天気が良い日は、帰り際に夕陽にあたって照らされる桜も見られて一石二鳥ですね(^^)
Sponsored Links

しずない桜まつりについて

今年で第54回を迎えるしずない桜まつりですが、
2017年1月現在まだ詳細が出ていません。
こちらもわかり次第追記いたします!

2016年は5月1日~8日に開催されましたので、
今年もゴールデンウィーク真っ最中の開催が予想されますね(^^)

出典https://i1.wp.com/arino-mama2.com/wp-content/uploads/2016/01/sakura20160130.jpg

メイン会場の【花のトンネル】では、屋台が沢山出店されます。

中でも私が毎年並んででも買うのが、
桜まつり限定販売《ギョロッケ》!

魚のコロッケなんですけど、
これがものすごく美味しいんです!!

限定ものに弱い私は毎年ついつい並んでしまうのです(笑)

他にも、お土産物や特産品が買えるブースもありますので
花より団子も盛りだくさんで楽しめますよ♪

さらに開催期間中の9:00~16:00の間、
【龍雲閣】の一般開放があります。

龍雲閣とは明治時代に皇族の方々が滞在された御殿で、
その当時使用していた国宝級の数々を無料で見ることができます。

メイン会場からは少し離れているので、会場内にあるレンタサイクルで
桜並木道をサイクリングするのもこの時期ならではの楽しみではないでしょうか♪

この機会にぜひ歴史に触れてみてくださいね(^^)
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

しずない桜まつり開催期間中、臨時駐車場300台まで設置予定です。

日高自動車道 日高門別ICから国道235号線、道道71号線を経由し約1時間
静内市街に入ると案内看板が見えますので看板に従って向かってくださいね♪

JR

静内駅から道南バス農屋行きに乗車、桜ヶ丘小学校前下車後、徒歩15分
静内駅からシャトルバスも運行される予定ですので、分かり次第追記していきます!

お花見期間中、静内市街から会場まで毎年渋滞しています。
時間にゆとりをもって行動してくださいね(^^)

しずない桜まつり会場や、二十間道路はペットの出入りが禁止となっております。
放牧されている動物が犬の鳴き声に驚いて暴れ、負傷してしまったことがあるそうです。

マナーを守って楽しくお花見しましょうね♪

まとめ

1.  幅36m長さ7kmの桜並木道は圧巻
2.  桜の見ごろの時期はゴールデンウィーク中!
3.  しずない桜まつりには屋台も並び、賑わう
4.  中でもギョロッケがおすすめ、本当においしい♪
5.  龍雲閣の一般開放、歴史に触れるチャンスです


最後に、静内二十間道路桜並木の様子をご覧ください(^^)/

Sponsored Links