岡城阯の桜2017の見ごろや開花予想は?ライトアップや桜まつりの情報も!
春になると
「今年の桜はいつ頃なのかなぁ」
って考えてしまいますよね。

淡い色から濃い色など同系色なのに
種類によって様々な色彩があり、

その形や咲き方も枝垂れ桜や菊桜など
多種多様でダイナミックかつ繊細な風景を
私たちに見せてくれます。

全国にはたくさんの桜の名所が存在します。

みなさんは「さくらの名所100選」
というのがあるのをご存知ですか?

全国の名立たる名所の中から
TOP100を選んだ中の
一つに挙げられているのが、

大分県竹田市にある岡城阯の桜です。

竹田市にある岡城阯は歴史的にも有名で
別名「臥牛城」「豊後竹田城」とも呼ばれています。

また「春高楼(こうろう)の花の宴(えん)
巡る盃(さかづき)影さして…」


そう滝廉太郎の荒城の月
舞台ともなった城なんですよ。

私も見に行ったことがありますが、
城自体は焼け落ちて見ることはできませんが、
高く積み上げられた石垣が見れます。

先代の人々の努力を感じることができ、
どこかノスタルジックな雰囲気に浸ることができます。

歴史的価値も高い岡城阯で開催される
「岡城桜まつり」が気になってしかたありません。


Sponsored Links

岡城阯の桜の見ごろの時期は?ライトアップはあるの?

岡城の桜の見ごろ時期は?

3月下旬~4月上旬

※例年の状況からの推測です。
気候などで開花時期は若干異なります

岡城の桜ライトアップは?

 

残念ながらライトアップはありません。

ただし桜の開花期間中は
無休で9:00~17:00まで開園してます。
Sponsored Links

岡城阯の桜見所や穴場スポットは?

岡城阯の桜見所

駐車場から見上げた西の丸御殿後の石垣
無骨な石垣に美しい桜が映えて綺麗です。


桜の馬場と朱印倉跡
路地の両脇に桜並木があり綺麗です。


③1500本の桜が一斉に咲き乱れる
ダイナミックな風景

穴場スポット

岡城は「天空の城」と言われています。
皆さん天空の城と聞いて何か思い出しませんか?

私が思い浮かぶのは
ジブリ映画「天空の城ラピュタ」です。

そのラピュタの城のような木の根が
石垣を包み込んでいる風景が見れるのが、
桜の馬場入口付近の中休所跡で見れます。
Sponsored Links

岡城桜まつりについて

 

 

開催時期…
例年だと4月最初の日曜日

岡城桜まつりは
「参加型祭り」といってもいいです。

祭りの中のメインイベントは、
当時の様子を忠実に再現した
大名行列が一番の見どころです。

タイムスリップした感覚に陥るほどで、
岡城阯を出発し、城大町~花水月までを練り歩きます。

この忠実に再現した行列を見るだけでも
時代を感じる事が出来ますが、

よりその雰囲気に溶け込みたい!
ノスタルジックな雰囲気に酔いしれたい!

って方には朗報です。

実は大名行列の後に
「甲冑武者行列」が後ろをついて歩きます。

そうなんです!
参加費用が掛かりますが、
実際に甲冑を身にまとい参加できるんです。

しかも老若男女参加可能ですよ。

副将・侍大将~子供武者まで募集し
一緒に街を練り歩くわけです。

まさに我、戦国武将なり‼って感じですよね。

ただし参加数の枠が少なく、
希望多数の場合は抽選となりますので、
絶対に参加できるわけではありません。

私も3回ほど希望してダメでしたけど、
参加できたら一生の思い出になるのは
間違いないですね。


Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

JRにてお越しの場合

JR肥後本線「豊後竹田駅」より
タクシーにて5分

車でお越しの方

九州自動車道熊本ICから
国道57号線を経由。

次に国道507号を
緒方町方面に約70km

九州自動車道臼杵ICから
国道502号⇒国道10号⇒
国道57号を竹田方面に約49km

〇駐車場情報

岡城駐車場 120台駐車可能

※祭り期間中は臨時駐車場
岡城周辺および竹田市役所に設置

岡城桜まつり2017
見頃開花予想のまとめ

①見頃は3月下旬~4月上旬。
ライトアップは無いが期間中は
無休で9:00~17:00開園


②無骨な石垣と鮮やかな桜が
コラボしている西の丸御殿後など


③例年4月最初の日曜日に開催。
大名行列後の甲冑武者行列への参加が醍醐味


④駐車場も少なく車でのアクセスより
JRを利用した方が便利


岡城はさくらの名所100選の他にも
平成18年に日本100名城の95番に登録された史跡です。

また滝廉太郎などの
歴史人物ゆかりの地でもあります。

竹田市内には昔の建物が
そのまま利用された飲食店や
お土産品店などもありますよ。

甲冑武者行列は歴史好きの方には必見です。

ぜひチャレンジして下さい。
間違いなくテンションあがりますから。

今年の桜鑑賞は歴史を
体で感じながら楽しんでみませんか。

Sponsored Links