ひな祭りにはまぐりのお吸い物を食べる意味や由来とは?女の子のママ必見!!
女の子が毎年楽しみにしている3月3日のひな祭り。

ひな祭りには「はまぐりのお吸い物」がいる
と何となく知ってはいても、
面倒だから作らなくていいやと思っているママさん
いませんか?

恥ずかしながら、実は私もその一人でした。

かわいい娘のひな祭りに「はまぐりのお吸い物」を
作ってやったことがありませんでした。

でも、このはまぐりのお吸い物には、大切な由来があったんです。

それを知らないままだと女の子のママとして恥ずかしいですよね。

Sponsored Links

「はまぐり」について知ってみよう

「はまぐり」は、スーパーでよく見かける食材ではないですよね。

私も買ったことがありません。

はまぐりは、漢字でと書きます。

「浜栗」という意味からこの名前が付いたようです。

言われてみれば、海の中の栗という感じがしますよね。

マルスダレガイ科の二枚貝で、
大きいものでは、殻の長さが約8センチメートルになるんだそうです。

ちなみに・・・
しじみ(漢字では、蜆)は、
シジミ科の二枚貝で殻長約2~3センチメートル。

あさり(漢字では、浅蜊)は、
マルスダレガイ科の二枚貝で殻長約5センチメートルです。

はまぐりは、あさりに近いんですね。
Sponsored Links

はまぐりをひな祭りで食べる意味は?

では、なぜ「はまぐりのお吸い物」をひな祭りで
食べるようになったのでしょうか?


これには、
一生に一人の人と連れ添うことができるように
という願いが込められています。

はまぐりは、対になっている貝殻でないと
ぴったり合わせることができないそうです。


つまり、つながっていた貝を一枚ずつに外すと、
他の「はまぐり」とは合わさらないんです。

平安時代には、対になっている貝殻を探す
「貝合わせ」という遊びがあったほどです。

また、昔から二枚貝は「姫様」(女の子)を意味していた
のだそうです。

このようなことから、
いい相手と巡り合い、できるだけ長く一緒に暮らしていけるように
という親の願いがはまぐりのお吸い物には込められているんですね。

主婦の立場からすれば、高いはまぐりではなく、
安いシジミやアサリでもいいんじゃないかと思ってしまいますが、
はまぐりを選ぶ理由があったんですね。

でも、この話をパパが聞くと、
かわいい娘の結婚に関係する食べ物なんかはいらないぞ
って怒るかもしれませんが…
Sponsored Links

簡単にできるおいしい「はまぐりのお吸い物」の作り方は?

では、はまぐりのお吸い物を実際に作ってみましょう。

調べてみると、そんなにハードルは高くありませんでした。

私でも簡単に作れて、ちょっと料亭の味に近づけそうなレシピを紹介します。

材料(3人分)

はまぐり   6個
水      500cc
昆布だし   小さじ1
酒      大さじ1
醤油     大さじ2
三つ葉、ゆでた菜の花など(お好みで)

作り方

1 はまぐりを砂抜きする。

●砂抜きの方法
約3パーセントの食塩水(水1リットルあたり30グラム)を作り、
はまぐりをいれ、新聞紙などを上にかけて暗く、
静かなところに置きます。

常温で20℃ぐらいが、
はまぐりのいる暗い砂の中と似ているのでベストです。

買ってきたはまぐりは2~3時間、
海で獲ってきたもの4時間ぐらいつけます。

長時間同じ水につけっぱなしにすると貝が弱るので、
長くても8時間以内で砂抜きを終わらせてください。

2 鍋に水、砂抜きしたはまぐり、
昆布だしを入れて火を付けます。


3 酒、醤油を加え、
はまぐりがすべて開いたら火を止める。

(三つ葉や菜の花を入れる場合は、
貝がすべて開いた時に加えて、すぐ火を止めます。)
Sponsored Links

その他のひな祭りの食べ物の意味は?

はまぐりのお吸い物以外にも、ひな祭りには古くから伝わるお祝い料理があります。

菱餅(ひしもち)

緑、白、ピンクの3色に、
親が娘の健康を願う気持ちが込められています。

緑→健康や長寿
白→清浄
ピンク→ 魔除け

(色の意味には、これ以外の説もあります。)

ひなあられ

ピンク、緑、黄色、白の4色で
四季を表していると言われています。

でんぷんが多く、健康に良いことから
娘の健康を願う気持ちが込められています。

白酒

もともとは、「桃花酒」という桜の花びらを付けたお酒が
飲まれていたそうです。

桃は邪気を払い、気力や体力の充実をもたらす
そうです。

ちらし寿司

えび(腰が曲がるまで長生きできる)、れんこん(将来の見通しがきく)、豆(健康でまめに生活できる)など
縁起のいい具が祝いの席にふさわしいため、
ひな祭りでよく食べられるようになったそうです。

寿司」=「寿を司る」ということで
縁起がいいともされたようです。

まとめ

1 はまぐりはアサリの仲間の二枚貝

2 はまぐりのお吸い物には、良縁を願う親の愛が込められている。

3 昆布だしを使えば簡単に本格派のはまぐりのお吸い物ができる。

4 ひな祭りのお祝い料理の意味はなかなか深い!

ひな祭り料理の由来や、はまぐりのお吸い物のレシピが分かったことで、
今までよりも愛情を込めてひな祭りを準備できる素敵なママになれます!

私も今年のひな祭りには、はまぐりのお吸い物を作ります!

もし娘に「どうしてはまぐりのお吸い物を食べるの?」と聞かれても、
「それはね・・・」とちゃんと答えてあげられますね。

Sponsored Links