潮干狩りで採ったはまぐりの砂抜きの正しい方法と保存方法は?
はまぐりは非常に古くから親しまれてきた食材です。

お吸い物や鍋の具、酒蒸し、
焼きはまぐり、お寿司などなど。

幅広くの料理で活躍してくれて、
どれもおいしいですよね。

はまぐりの貝殻は、元々の組み合わせ以外の貝殻とは
ピッタリとかみ合いません。

このことより、
よい伴侶にめぐり合えるように」との願掛けから、
ひな祭りにはまぐりを潮汁などにして食べる風習も
あるそうですよ。

また、はまぐりには鉄分やカルシウム、
マグネシウムや亜鉛などのミネラルが
豊富に含まれています。

貧血や骨粗しょう症の不安に悩まされる
私たち女性の強い味方にもなってくれます。

そんなはまぐりですが、
いざ料理しようと思っても
旬は年に1回の約2ヶ月程度なので、
下処理とかどうだったっけ?
と悩んでしまいますよね。

そこで!今回ははまぐりの砂抜きと保存方法を
復習しちゃいましょう。

Sponsored Links

はまぐりの砂抜きはなんで必要なの?

普段砂に潜っているはまぐりは、
潜る際に貝殻の間に砂が入ってしまいます。

また、プランクトンを食べるときに一緒に吸い込んでいたりします。

はまぐりにとっては気になることはないのですが、
私たちは食べたときに砂も一緒に食べてしまうことになります。

少量ですが、
それでも砂を噛んでしまった時のあの食感は嫌ですよね。


なので、砂抜きは貝をおいしく食べるために
する必要があるんです。
Sponsored Links

簡単なはまぐりの砂抜きの方法は?


まずははまぐりをゴリゴリとすり合わせて洗います。

あまり力を入れすぎて貝を壊さないように気をつけて下さい。

次に水500mlに対し、塩大さじ1(15g)を溶かして
3%の塩水を作ります。

バットか食器の水切りみたいなものに
はまぐりを重ならないように入れて、
塩水を貝が少し出るくらいまで入れます。

重ならないように入れることで、
上の貝が吐いた砂を下の貝が吸ってしまうことを
防げますよ。


その後新聞紙などで蓋をし
3時間から一晩、常温で放置すれば
砂抜きの完了です。

新聞紙をすることで暗くなり、
貝がよく砂を吐いてくれるようになります。

また、していないと貝が吐いた水が周りに散乱してしまうので、
新聞紙をしておけば片付けも楽になるのでオススメです。

きちんと塩水を作ったのにはまぐりが砂を吐いてないっていう場合は、
貝が水が冷たくてビックリしている可能性があるそうです。

貝はとても臆病なので、
適温である15度から20度の水で砂抜きをして下さい。

また、他の方法として、
45度から50度のお湯に約10分浸けるだけ
砂抜きができちゃうそうです。

これには貝ではなく私がビックリしました。

いわゆる50度洗いというもので、
うまみを引き出すだけではなく、
砂も吐き出しやすくなるそうです。

この方法はまだ試したことがないので
機会があれば、試してみたいです。
Sponsored Links

砂抜きができていないかもしれないときはどうすればいい?

はまぐりとあさりの砂抜きの方法は同じなんですが、
はまぐりはあさり程砂を吸っていないので
あまり吐き出さないそうです。

確かに、はまぐりだと下に残る砂が少ない気がします。

なので、砂が出てないからといって
砂抜きができていないのではないみたいです。

ですが、殻の中には砂が入っていることもあるので、
綺麗に洗うことが大切です。

Sponsored Links

砂抜きした後のはまぐりの保存方法は?

砂抜きが終わったら、乾かさないように
濡れ布巾などを掛けて常温で置いて下さい。

これははまぐりが含んでいる塩を抜くためです。

この塩抜きをしていないと
料理したときしょっぱくなる原因となります。

1時間程したら良く洗い、冷蔵庫に保存して下さい。

また、良く洗ってしっかりと水分を拭き取って、
フリーザーパックに小分けにしていれれば
冷凍保存も
できちゃいます。

このとき出来るだけ空気を抜いて保存して下さい。

ちょっと手間がかかりますが、
冷凍保存だと冷蔵保存より長く持つので便利ですね。

長く持つと言っても
美味しく食べられるのは1ヶ月くらいだそうなので、
美味しいうちに食べきって下さいね。

まとめ

はまぐりの砂抜き方法

1. 貝同士をゴリゴリすり合わせて洗う

2. 水500mlに対して塩大さじ1を溶かして3%の塩水を作る

3. はまぐりを重ならないように並べて
塩水を貝が少し出るくらいまで入れる

4. 新聞紙などで蓋をして
常温で3時間から一晩置いておく

または
45度から50度のお湯に約10分浸けておく

これで砂抜きは完了します。

その後塩抜きとして、
約1時間ざるの上に常温で放置しておくと
料理した時にしょっぱくなりにくいです。


はまぐりの保存方法は、
よく洗って冷蔵庫に保管もしくは良く洗って水分を取って、
フリーザーパックに小分けにして冷凍庫に保管して下さい。


これであなたもひな祭りにはまぐりを食べて、
いい人にめぐり合えちゃうかもしれませんね。

Sponsored Links