お花見団子の3色の由来は?順番や色の違いに意味はあるの?
春の楽しみと言えば、
桜の下でみんなが集まるお花見ですよね。

そんなお花見に欠かせない
伝統的な和菓子として、

お花見団子があります。

いつも何気なく食べているお花見団子ですが、
あの色の由来意味等について、
ご存じの方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、お花見団子の
由来等についてまとめてみました。

Sponsored Links

お花見団子とは? 由来は?

現代では、春になれば和菓子屋や
スーパー等でよく売られているお花見団子ですが、
一体いつ生まれたものなのでしょうか。

その由来については諸説ありますが、
一つの説として

豊臣秀吉が開いた
お茶会が由来になっている、


という説があります。

古くから、日本には桜を愛でながら見て楽しみ、
お菓子を食べるという習慣はあったそうです。

そんな中、時の権力者である豊臣秀吉が、
京都の醍醐寺で開いた大茶会で、
日本中の甘味を集めて、来客に振舞ったのです。

この出来事が発端になり、お花見の際には、
甘い物を食べることが習慣になり、

定番の甘味として、
現在のお花見団子が定着したそうです。
Sponsored Links

団子が三色の意味は?


お花見団子が三色である理由については、
たくさんの説があります。

まず、一番有名な説は、
三色がそれぞれ季節を表している。

という説です。

これは赤は春白は冬
緑は夏を表すと言われています。

ちなみに、秋が無い理由は、
秋が無い=秋が来ない=飽きが来ない

というダジャレにちなんで、
当時の商人がよく売れるように考えたそうです。

昔の人も、こんなダジャレを考えていたんだと思うと、
何だか不思議な気持ちになりますよね!

また、お花見団子の三色は、
春を表しているという説もあります。

赤で桜の色を、白色で残雪やお酒を、
緑色で芽吹いた緑やよもぎを表しているそうです。

このように何気ない知識でも、知っていれば、
団子を食べる時により一層風流な気持ちに浸れそうですね。
Sponsored Links

三色団子の順番の意味や味の違いは?

三色団子の色の順番は、

赤、白、緑

の順番で串に刺さっているのが
定番なのですが、これにも理由があるそうで、

赤が桜のつぼみ→
白が桜の花→緑が葉桜

と、桜が咲いて散りゆく様子を、
団子一本で表しているのだそうです。

このように、団子の色の順番だけでも、
色々な意味の含みがあるというのは、
日本人の趣深さと桜に対する愛情が感じられますね。

また、当然作り方によって変わるのですが、
基本的には、三色団子はそれぞれの色で味も違います。

定番なのは、

赤色→梅

白色→砂糖のみの味付け(すあま)

緑色→よもぎ

という味付けなのですが、

お店や家庭によって、
その味付けは様々だそうです。

例えば、赤色にしそや桜を使う場合もありますし、
緑色に抹茶を使うこともあるそうです。

ちなみに、私自身が作る時は、
時々いちごの汁を赤色に使う場合もあります。

団子以外の和菓子で、
あんこが入っているものも多いので、

いちご大福のような感覚で食べると、
意外と味が合って美味しいのですよ(笑)。

もちろん、食紅等で着色だけする団子もありますが、
せっかく由緒ある和菓子なのですから、

季節にちなんだ味付け
楽しんでみてはいかがでしょうか。

一本の串で、3つの味が楽しめるというのは、
お花見団子の大きな楽しみだと個人的には思っているので、

皆さんも、是非色々試してみて、
自分なりの味付けを楽しんでみて下さい!
Sponsored Links

まとめ


お花見団子の由来は諸説あり!
歴史情緒あふれる趣を楽しんで下さい。

1.伝統の和菓子、
お花見団子でお花見をさらに楽しもう。

お花見団子は、豊臣秀吉が催した
豪華絢爛な醍醐寺の花見で発案されたという説もあり、
数百年の伝統ある和菓子です。

桜を愛でるお花見という行事が、
日本で古くから親しまれてきた伝統行事ですので、

お花見とともに歴史を歩んできたお花見団子は、
きっとお花見をより一層盛り上げてくれます。

皆さんも、お花見団子に関する知識
少しでも頭に入れてみて、

お花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

きっと、お花見と団子に込められた歴史に趣を感じて、
よりお花見を風流に楽しめるはずですよ!

2.団子の色の順番には意味がある。
作る際には意識して。

団子の色の順番にも諸説ありますが、
色の順番を串の先から、

赤→白→緑の順番にすることで、
串一本で春の桜の移り変わりを楽しめるようにできています。

味付けについては、伝統にこだわらずに、
色々とアレンジをしても、個人的には全く大丈夫だと思います。

でも、色の配列については、
春を表す昔からの伝統があり、

それがお花見を盛り上げる一つの要因でもあります。

ですから、お花見団子の色や順番が違っていたら、
なんとなく違和感を感じてしまう方も多いでしょうし、

皆さんも、お花見団子を作る際には、
少し注意した方が良いかもしれませんね。

3.知ればより深く楽しめる。
お花見団子で春を楽しもう!

春といえば、新しい出会いや転機もあり、
気温が暖かくなって過ごしやすい気候になり、

気分的に盛り上がるシーンが多い季節ですよね。

そして、春の最大の楽しみといえば花見!
という方が多いのも日本人ならではではないでしょうか。

そういう私も、桜は大好きですし、
桜を見ているだけで、昔にあった春の思い出が
頭の中であふれてきて、感傷に浸ることができます。

そんな中、お花見団子にまつわる伝統や
由来を知った上で、桜の下でお花見団子をほおばると、

日本人は、昔からこうして
桜を見ることを楽しんでいたんだ。

という歴史情緒あふれる感慨に浸ることもできて、
また違った面で、桜を楽しむことができるかもしれません。

「花より団子」等というと、
食い意地が張っているような感じがしますが、

昔から日本人にとって、お花見と団子は
切っても切れないものであることは、間違いないようです。

皆さんも、こういった歴史的背景を意識しながら、
お花見団子を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links