京都蹴上インクラインの桜2017の見頃と開花状況は?2つのオススメスポットは必見!春が近くなると、うきうきした気持ちと同時に
お花見をしたくなりませんか?

わたしは京都に生まれ育ち、
京都の桜が大好きで、
京都中の桜のスポットはすべて制覇しました!

嬉しいことに世界的な観光地でもある京都は
有名な桜のスポットがたくさんあります!

しかし、これだけ多いとどこに行けばいいのか
迷ってしまいますよね?

そこで今回は、京都の桜の名所の中でも、
めずらしい場所で見ることができる
蹴上インクラインの桜を紹介したいと思います!

なにがめずらしいのか?

それは、のちほどたっぷりとお伝えしますね!



《目次》
1、蹴上インクラインの桜は?
2、蹴上インクラインの桜の見ごろの時期は?
3、オススメの桜のスポットは?
4、アクセス・駐車場情報

Sponsored Links

蹴上インクラインの桜は?



インクラインは京都市左京区に位置し、
無料で行ける所では京都屈指の桜の名所で

大変人気があります!

桜が美しいだけではなく、
インクラインがめずらしいのは、
道路より少し高い位置にある場所で、
なんと線路上を歩いて桜を鑑賞するのです!

京都でも桜の名所はたくさんありますが、
線路を歩きながら見ることができるのはここだけです!

インクラインとは船を運ぶための傾斜鉄道で、
今はもう使われていない線路なのですが、
線路はそのまま残っています。

線路の長さは約600mもあり、
その両脇にソメイヨシノが約100本咲き誇ります!

そんな美しいソメイヨシノを鑑賞しながら、
線路をトコトコお散歩するのです!

蹴上インクラインの桜の見ごろの時期は?


せっかくの美しい桜ですから、
満開の時に見たいものですよね?

例年から2017年の見ごろを予想してみました!

2016年の蹴上インクラインの桜は、
3月20日ごろに咲きはじめ、
4月5日ごろに満開を
迎えました。

おそらく2017年も、同じくらいの時期になるのではないでしょうか。

ちなみに、わたしは蹴上インクラインのお花見は満開の時と、
散りはじめた頃の2回行くようにしています!

満開の蹴上インクラインの桜はもちろん美しいのですが、
散りはじめた桜の花びらが線路をピンク色に染める光景は
とても美しくて、
大好きなカメラで1人撮影大会をしています!

2017年 蹴上インクラインの桜 開花予想

咲きはじめ:3月下旬
満開の見ごろ:4月上旬

Sponsored Links

オススメの桜のスポットは?


蹴上インクラインは京都でも人気の桜のスポットですので、
多くの観光客が訪れ混雑します。

わたしは写真を撮りたいという理由もあるのですが、
比較的人が少ない早朝に行くことがほとんどです!

だいたい朝の8時ごろから人が多くなるので、
いつも7時には行くようにしています!

そこで、わたしのオススメの桜のスポットですが、
早朝の桜のトンネルです!

線路の両脇の100本ものソメイヨシノが、アーチ状に咲き誇り、
わたし達を包み込むように出迎えてくれます。

早朝の人が少ない線路の上から見る桜のトンネルは、
非日常的な感覚になりますよ。

そして、満開の時期が終わり、
桜が散りはじめた頃…が2つめのオススメです。

それは、花びらの線路です!

満開のソメイヨシノの花びらが線路に落ち、
鮮やかなピンク色の線路に変化します!

踏みしめて歩くのがもったいないくらいの美しさで、
この光景はここでしか見ることのできない貴重なものです。

毎年、さまざまな桜のスポットに友人を連れて行くのですが、
みんな
蹴上インクラインはすばらしかった!
もう一度行きたい!

と必ず言ってくれますよ!

この2つがわたしのオススメです!
ぜひ、満開の時、そして散りはじめた頃と
2回
楽しんでください!
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

アクセス方法

■電車でお越しの方

京都市営地下鉄「蹴上駅」で下車 徒歩約3分
京阪電鉄「三条駅」で下車 徒歩約15分

■バスでお越しの方

京都市営バス「法勝寺」下車 徒歩約5分

駐車場情報

岡崎公園駐車場があります。
収容台数:506台
駐車料金:最初の1時間まで500円
以降30分200円 平日であれば1日上限料金 1,300円

近辺には平安神宮、京都市動物園などの観光スポットが多く集まるため、
駐車場は混雑します。

土日は遅くても午前中には満車になることがほとんどです。

公共の交通機関をオススメします!

まとめ

京都でも蹴上インクラインでしか見ることができない、
線路の上の桜。

満開の桜のトンネルにかこまれて、
非日常的な感覚に浸るのもいいもんだと思いませんか?

必ず満足していただけるオススメの桜のスポットですので、
ぜひ行っていただきたいです!

Sponsored Links