ボジョレーヌーボー2017の解禁日はいつ?メディアで話題になるそのワインとは?image001-2
秋と言えば「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」と色々と言われていますよね。

特に私には「食欲の秋」が一番合っているんですけど、
美味しい旬の食べ物には美味しいお酒はたまりません。

日本酒や焼酎など色々とありますが、
この時期には必ずメディアの話題にのぼる有名なお酒がありますね。

そう「ボジョレーヌーボー」です。

私はあまりワインを嗜まないんですけど、
「旬なもの」ってことで毎年1本はなぜか飲んでます。
毎年「○○年に一度の出来映え」とか言いますけど、
すいません。私はよくわからないんですよねぇ。

皆さんは「ボジョレーヌーボーって何なの」と聞かれるとどう答えてるでしょうか?
私は「流行ってるからじゃない」って答えてしまってます。
実際「なぜこんなに毎年騒がれてるのかわからない」が私の感想です。

そこで「ボショレーヌーボー」というワインの歴史を紐解くことで、いろいろな発見がありました。
今年は少し考えながらボジョレーヌーボーを味わってみませんか?

Sponsored Links

ボジョレーヌーボーの2016年解禁日はいつごろか?

image003-2
世界的に11月第三木曜日を解禁日としているようで、今年のボジョレーヌーボーの解禁日は…

2016年11月17日(木)午前0時
そもそもなぜ解禁日っていうのがあるのかなぁと疑問が浮かびました。
ワインってよく「寝かせるといい」なんてよく聞きますよね。
寝かせたワインであれば「解禁日」は必要ないですし…何かありそうですよね。

昔は11月11日が解禁日だったようです。
当時はその年のブドウの出来栄えをチェックすることを目的で、
主な顧客はワイン業者さんだったんです。

その後、解禁日を設け、その日をイベントとして大々的に取り上げ新酒として販売する事になったんですね。

そうすると色んな人達が出てきます。
「いち早く新酒を売ろう」と欲が出て品質の悪いワインが出回ります。
また販売者もその日が定休日であれば販売に遅れをとってしまう。

そこで品質を保つことと販売時に不利益がでなくなるように「11月の第三木曜日」に設定したそうなんです。
携わるすべての人がハッピーになれる日を選んだんですね。


Sponsored Links

ボジョレーヌーボーってどんなワイン?

image005
ボジョレーヌーボーはフランスワインの一つなんです。

ブルゴーニュ地方南部にある丘陵地帯であるボジョレーで生産されたワインのみを言います。

もともと市販酒としてではなく、
その年のブドウの出来を確認するために作られる試飲用のワインなんですね。
ボジョレーヌーボーの「ヌーボー」とは新酒という意味だそうです。
試飲用なので獲れたブドウをすぐに醸造してボトルに詰め、11月に出荷をしているんですね。

ボジョレーヌーボーが試飲用でいわば「一番搾り的なワイン」ですよね。
ブドウの出来を確認するわけなので、
その出来次第では他に醸造されるワインにも影響します。

いわば「ボジョレーヌーボーの評価がその年生産されるワインの評価」ってことになります。
そこでよく耳にするのが毎年メディアで言われるボジョレーヌーボーのキャッチコピー(評価)ですよね。
昨年2015年は「記憶に残る素晴らしい出来栄え」でした。

私が気になったのは2005年のキャッチコピー
「59年や64年、76年のように偉大な年の一つ」です。

その年に生産された同じブルゴーニュ地方の59年ワインには118,800円の値段がついてます。
正直、私にはそんな高いワインなんて一生で一度飲むか飲まないかですけど…
いったい今年のボジョレーヌーボーにはどんなキャッチコピーが付くのか予想するのも楽しいですよね。
Sponsored Links

ボジョレーヌーボーの選び方

ワイン全般に言える事ですが、選び方にはポイントが2つあります。

一つは「産地」で選ぶことです。

ボジョレーヌーボーでは産地が大きく分けて2つあります。
ボジョレーヌーボー  ➡ ブルゴーニュ地方のボジョレーで生産されたもの
ヴィラージュヌーボー ➡ ボショレー地区北部の39の村のみで生産されたもの

もう一つはラベルです。

ラベルには「生産国名」「ぶどう収穫年(ヴィンテージ)などの情報が書いてますが、
その中でも「Vieille Vignes(ヴィエイユ・ヴィーニュ)」と「classic(クラシック)」と書いてると
味が少し違いますよ。

Vieille Vignes(ヴィエイユ・ヴィーニュ)は略し「VV」と書いてる場合があるんですが、
この記載があるのは樹齢30年以上の木から収穫されたブドウで造ったワインで味わいが複雑で面白みがあります。

classic(クラシック)は、昔ながらの方法で生産されたワインについてます。
新しい作り方では色が鮮やかで、香りもほんのり甘く感じるのに対して、
クラシック方法は色も香りも落ち着いてる感じです。
Sponsored Links

ボジョレーヌーボーの楽しみ方

毎年11月第三木曜と決まった日に解禁を迎えるボショレーヌーボー。
人それぞれ楽しみ方はあります。
私がおすすめする楽しみ方は、解禁日へむけて準備をする事です。
「何を買おうか」「何を食べながら飲むか」「午前0時に飲める場所を探す」など、
世界的なイベントに乗っかってみるといいです。

もう一つは「冷やして飲む」ことです。

普通ワインは、冷やさないで飲むんですけど、
ボジョレーヌーボーは冷やすことで「スッキリした味わいになります」

ボジョレーヌーボーのまとめ

① 解禁日は毎年11月第三木曜日午前0時
② フランスのブルゴーニュ地方南部のボジョレーで造られています。
③ 限定39の村でのみ生産されているヴィラージュヌーボーがあります。
④ 解禁日までのプロセスを楽しんで、冷やして早めに味わいましょう


毎年メディアに取り上げられるボジョレーヌーボー。
今年は「これは○○のような香り…」とかいいながら、
独自のキャッチコピーを仲間と考えながら飲むと楽しいですよ。

Sponsored Links