毛玉の簡単な取り方は?一度やると手放せないおススメの方法はこれ! お気に入りの服を買ったのはいいけど、少し着ただけで、
ぽつぽつと毛玉ができてしまった・・・。

こんな経験をして、がっかりした方は少なくないと思います。
せっかくの勝負服も、毛玉が目立つと台無しになりますし、
気持ちがげんなりしますよね


そこで今回は、毛玉の簡単な取り方
おススメの方法について、まとめてみました。

Sponsored Links

どうして毛玉ができるの?

毛玉ができる主な原因は、摩擦です。

着用して日常生活を過ごしているだけで、
衣服は色々なものと触れています。

座ると尻や足、歩くと内股、もたれると背中・・・等々、
あらゆる場面で衣服は摩擦を起こし、
生地がほつれて毛玉ができるのです


また、洗濯した時にも、生地に負担がかかり、
毛玉ができてしまうことがあります。

そして、生地の種類によっても毛玉の出来やすさに差があり、
天然繊維綿やシルク、コットンなど
化学繊維アクリルやポリエステル
獣毛カシミヤなど
特に毛玉が出来やすいのです。

このように、毛玉ができやすい生地はたくさんあるので、
普通に生活していれば、毛玉が出来るのは
避けては通れないですね・・・

毛玉を取る方法にはどんなのがある?

毛玉を取る方法として、最近、巷で有名なのは、
食器洗い用のスポンジ
を使う方法です。

食器洗い用スポンジとは、
片面がスポンジ
片面が固いザラザラとした素材でできたスポンジ
のことなのです。

この固い方の面で、衣類にできた毛玉を軽くこすると、
いとも簡単に毛玉が取れるのです

ただ、この方法は生地を傷つけることが多く、
一時的に毛玉が取れても、生地が傷んでしまうと、
毛玉ができやすくなるので、その場しのぎ程度にしかなりません


また、生地を傷めてしまうので、シルクカシミヤ等
高級素材には使いたくないのですよね・・・。

たしかに、このスポンジを使う方法は簡単なのですが、
私個人の意見としてはおススメできません

他にも、カミソリ紙やすり等で毛玉を取る方法もありますが、
これもスポンジと同じく、生地を傷めてしまう危険があるので、
衣類の寿命を縮めてしまいかねません。

生地を傷めない方法としては、
はさみで毛玉をカットする方法があるのですが、
毛玉を一つ一つカットする作業は、根気が必要ですし、
とても時間がかかります。
Sponsored Links

おススメの方法は?

私自身も、毛玉を取る為に色々な方法を試してきました。

制服のセーターやスカートジャケット等々
デートなんかの勝負所に向けて、スポンジやすりでこすっていました。

この方法、その場しのぎにはなるのですが、やがては生地がボロボロになり、
お別れを余儀なくされた服達は数知れず、後悔しかありません


そんな私が導き出した、毛玉を取る最も良い方法はずばり、
毛玉を取る為の専用の器具を使う
ということです。

正攻法すぎて、何の面白みもないでしょうが、
色々試してきた私の結論がこれなのです

やはり、毛玉を取る為の器具ということもあって、
簡単に取れて生地を傷めないという優れ物が多く販売されていますよ!

また、毛玉取り器といっても種類は様々で、
電動のものブラシタイプのもの等、様々なものがあります。

値段も、100円均一で売っているものから、
数千円程度するものまで様々ありますが、
平均的には、1000円前後で見つかると思います。

私は、電動式の毛玉取り器を使用していますが、
衣類だけでなく、カーペット等にも使用できて、
非常に重宝しています。

たかが毛玉の為に1000円払うと思うと、少し躊躇してしまうかもしれませんが、
お掃除の手間も省けますし、数万円以上する衣類を傷めてしまうことを考えれば、
良い買い物をしたな、と私は思っています。

毛玉を取る方法で悩んでいる方で、お財布に少し余裕のある方は、
毛玉取り器の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

一度、この楽ちんさを味わってしまうと、
手放せなくなりますよ(笑)


ただ一つ注意して頂きたいのは、毛玉取り器といっても全てが良いのではなく、
友人から聞いた話では、生地を傷めてしまう毛玉取り器も中にはあるようです。

購入する際は、安さだけで選ぶのではなく、
知人やネット等の口コミ情報をチェックしてからの方が
良いかもしれませんね。
Sponsored Links

毛玉を予防する方法は?

衣類の毛玉は、主に
着用中と洗濯した時
にできてしまいます。

ですから、まずは着用中に毛玉ができないように、
衣類のブラッシングをまめに行い、
毛羽を整えてあげる
ことが大切です。

そして、洗濯中に生地をなるべく傷めないように、
衣類をネット等に入れて洗うことも大事ですね。

とは言っても、全部の衣類をネットに入れて洗うのは大変だと思うので、
毛玉ができやすい生地の衣類だけでも、
ネットに入れてあげる
ようにしてみましょう。

また、洗濯機によっては、手洗いコース等の優しく洗ってくれる機能もあるので、
そういった機能をフル活用して、なるべく衣類にダメージがかからないようにしましょう。

本当の理想は、自分の手で優しく手洗いすることなのですが・・・
おそらく、ほとんどの方がそんな面倒くさい事はできないと思うので・・

洗濯機で洗う際にできるだけ優しく洗えるように配慮して
あげれば大丈夫だと思います(笑)。

また、繊維が毛羽立った状態で着用していると、
摩擦によって毛玉ができやすくなってしまうので、
何日も連続で着用することは控えた方が良いです。

なるべく、着用した服はその日のダメージを
ケアしてあげてから、再度着用した方が良いですね

まとめ 衣類の生地は思った以上に
デリケートです。

1 衣類の毛玉は摩擦でできる。

衣類に毛玉ができないようにする為には、まず、
できるだけ衣類が摩擦によるダメージを
受けないようにしてあげましょう


その為には、連続で着用しないことや、
洗濯の仕方に配慮してあげることがポイントです。


また、生地によって、毛玉の出来やすさに大きな差があるので、
生地の種類にも気を配った方が良いですね。

2 毛玉を取る方法のおススメは、毛玉取り器!

スポンジややすりでこすったり、ハサミで一つ一つ毛玉を切り取ったりと、
毛玉を取る方法はたくさんあり、人それぞれやり方があると思います。

そんな中で、私の一番おススメの方法は、
専用の毛玉取り器を使う
ということです。

やっぱり、専用の器具ということで、使い方は簡単ですし、
生地にも優しいので、一番良い方法だと思っています。

3 お気に入りの服を長持ちさせる為にも、
服に愛情を注いであげましょう。

私は、服との出会いも一期一会と思っており、
長く着ていると愛着も湧いてきますし、
思い出もたくさん詰まってきますよね。

そんな服を長く着られるようにする為に、
できるだけ生地を傷めないよう、
手間をなるべくかけてあげたい

ところです。

そうせずに、安易な方法で毛玉を取ったりしていると、
生地がぼろぼろになり、
お気に入りの服を捨てなければならなくなります・・・。

私はそうした経験をたくさんしてきて、反省したことで、
やっと、服のケアに投資と手間を惜しまないようになりました。

それに、当然のことですが、服を大切に着て長持ちさせてあげた方が、
経済的にも助かりますしね(笑)。

服の毛玉等でお悩みの方は、お気に入りの服を長く着ていられるように、
しっかり服をケアしてあげてみてはどうでしょうか。

Sponsored Links