さっぽろ雪まつり2017の日程や見どころは?どんな服装や持ち物で行けばいいの?
第68回を迎えるさっぽろ雪まつり
2017年冬、開催されます。

2016年の来場者数は260万9千人という
盛り上がりを見せたさっぽろ雪まつり。

北海道在住で雪まつり大好きな私が、
寒い北海道を乗り切る服装日程
何を持っていけばいいのかご紹介します!

Sponsored Links

さっぽろ雪まつりの開催日程は?

2017年のさっぽろ雪まつり、
会場は全部で3つに分かれています。

・大通会場、すすきの会場は

2017年2月6日(月)~
2017年2月12日(日)の7日間

入場は無料で、いつでも見ることができます。

開催期間中は毎日22時まで
ライトアップされるので

昼間の雰囲気とは、がらっと変わります!
(すすきの会場は23時まで、最終日は22時まで)

・つどーむ会場は

2017年2月1日(水)~
2月12日(日)の12日間で、

もちろんこちらも入場無料です。

9:00~17:00の間しか入れないので
ご注意くださいね。
Sponsored Links

さっぽろ雪まつりの
イベント会場と、特徴や見どころは?


まずは大通会場
大通公園西1丁目~西12丁目

約1.5キロにわたって
雪と氷の芸術作品がたくさん並んでいます。

大雪像ではプロジェクションマッピングを使って、
雪と光の融合が見られます。

3丁目に巨大ジャンプ台があり、

日本のトップレベルのスノーボードや
フリースタイルスキーを、
目の前で生で見ることができるんです!

ルールなんて全然知らない私ですが、
圧倒されてしまいました(笑)

そしてなんといってもメインはこれです!

大雪像!

4丁目~8丁目、10丁目にある
大雪像、大きい雪像なのによく見ると

ものすごく繊細に作られていて、
『すごい!』の一言で片づけてしまうのはもったいない!

ぜひ細部までご覧くださいね。

6丁目には食の広場があり、

2月5日(日)~
2月12日(日)の計8日間

北海道の美味しいものが屋台になって登場します。

冷えた体をここで温めていってくださいね。

開催中は9:00~22:00
(ラストオーダー21:30)、

5日だけ12:00からのオープンとなります。

11丁目には世界各国のチームが参加し、
作品を競い合う【国際広場】が、

12丁目にはおもしろい作品が多数並ぶ
【市民の広場】がありますので
ぜひこちらも見てほしいです!

すすきの会場は、
南4条通から南7条通りまでの
西4丁目線の市道に、氷像が展示されます。

南4西4にあるススキノラフィラの前には
メイン氷像があります!

つどーむ会場は離れた場所にあります。

札幌市東区栄町885番地1

札幌スポーツ交流施設
コミュニティドーム(つどーむ)

ここでは滑り台スノーラフトがあり、
小さなお子さんから大人まで思いっきり楽しめます!

大人になっても雪遊びって楽しいんですよね(笑)
Sponsored Links

寒いさっぽろ雪りを楽しむ
服装や持ち物のポイントは?


2月上旬の札幌の気温は
-5度~-15度のことが多いです。

実は、2月上旬って
一番寒い時期なんです!

ライトアップされる夜なんて特に冷え込みます

おまけに、踏み固められた雪はとにかく滑ります。
ペンギンのように小股で歩くことをお勧めします。

大股で歩くとズルッ!っと
いってしまいますから注意が必要です。

雪まつり会場近くのコンビニや靴屋さんに行けば
500円程で取り外し可能な滑り止めが売っています。

『滑り止めがほしいんですけど…』
といえば大抵通じます。

服装は、とにかく重ね着!!!

北海道は室内が汗をかくくらい暑かったりするので、
『これくらい着込めば余裕だろう』なんて
油断しがちですが、ちょっと待ってください。

寒いです(笑)

靴下の重ね履き、タイツ、
インナーにTシャツにセーターに上着、
帽子に耳当て、マフラー、手袋…これでも寒いです。

寒いというより、【痛い】んです。

お尻まで隠れるロングコートが
あればぜひ着てください。

ポケットには使い捨てカイロ
ポケットティッシュは必ず入れてください、
鼻水がでます(笑)

そして、マスクをつけてください!

インフルエンザの予防になるだけではなく、
顔があったかいです。

冷たい空気を吸い込まないだけで
随分と違うんです。

ぜひお試しくださいね!
Sponsored Links

雪まつりで注意しておきたいポイント

各会場の近くに駐車場
ないと思ったほうが良いでしょう。

大通会場、すすきの会場には
地下鉄南北線で行けます。

また、大通会場からすすきの会場まで
地下歩行空間がありますので、

地下鉄に乗らずとも
暖かい場所での移動が可能です。

つどーむ会場も一般車両用の駐車場
ありませんのでご注意くださいね。。

地下鉄東豊線栄町駅から
無料シャトルバスが出ています。

一番意識してほしいのはここです。

【宿泊施設の予約】

3ヶ月前で満室のホテルもあります。

行ける日程が分かった時点で
すぐ!予約することをお勧めします。

まとめ

1.日程は2017.2.6(月)~
2017.2.12(日)


2.ライトアップは22:00まで
(すすきの会場は23:00)


3.すべての会場、大中小合わせて
200基ほどの雪像、氷像


4.大雪像のプロジェクションマッピングは圧巻

5.やりすぎなくらいの防寒

6.宿泊先の予約はお早めに!

7.自家用車より公共交通機関が良い

最後に、もうワンポイント

実は、2~3日前に会場に行っても
雪像が出来上がっていることがほとんどです。

ライトアップはされませんが、
人が少ないのでスムーズに見ることができます。

さらに…時間がある人にはぜひ見てほしい、
雪まつり終了日翌朝の雪像解体!

ここまでが雪まつりの醍醐味だろう!
ってくらいド迫力です。



ぜひ、さっぽろ雪まつり2017に足を運んでみてください。
忘れられない思い出になると思います!

Sponsored Links