女性のピアスをあける位置や個数による意味の違いは?オススメの場所も紹介!
最近ではお洒落をするのに欠かせないアイテムになっている
ピアス!

開ける場所って最初はとても悩みます。

私も、開ける場所には悩みました!

後になって、もう少し下のほうがよかったかな?
とか考える事もあります。

開けてしまうと閉じるのは難しいので・・・

そこで今回は、
ファーストピアスを開ける前に、
知っておくべきことを
紹介したいと思います!!

Sponsored Links

女性のピアスをあける位置による意味は?

一番最初のピアスは、やっぱり耳たぶからですよね♪

耳たぶの名称は、「イヤーロブ」ともいいます。

そしていざ開けるとなると、
「真ん中に開けるのか」「少し下のほうに付けるのか」
なかなか決めれないですよね?

一般的な
耳たぶの下端と耳の前線から7~8mmくらいの場所
オススメといわれています。

ただ、耳たぶが大きい方要するに、福耳の方は、
真ん中より下のほうに開けるのがベストといわれています。
(実際に私は福耳ですが、そんなことは知らずに
ど真ん中に開けてしまいました・・)

例えば、フックピアスの場合、
動くたびに揺れるのがとても魅力的!!

なのに真ん中に開けるとそれが、綺麗にならないかも!?
ということがあるので、
できるだけ下のほうに開けるようにしましょう。

後は、両耳じゃなく片耳だけにピアスを開ける場合、
左耳ピアスは、
レズビアン」という意味を持つということがあります。

右耳ピアスは、
優しさと成人女性」という意味を持ちます。

両耳に開けている方に関しては、
一般的には特別な意味はないです

日本では大きな意味などは知られていませんが、
元々は中世ヨーロッパの文化に由来し、
ピアスも片耳だけに開けるものでした。

なぜそうなるのかというと、
ヨーロッパ文化において女性と一緒にいるとき、
男性は必ず右側を歩いていたからで、
それが紳士的だったみたいですね♪

今でも海外では男性左耳
女性右耳にピアスを開けることで、
エンゲージリングの意味を持つ地域もあるそうです

女性のピアスをあける個数による意味とは?

私は、右耳に3個・左耳に2個・左の軟骨に1個という形です。

先ほど開ける場所に関して説明しましたが、
実際は個数が
意味を持つことが多いようです。

一番は開ける個数が、
偶数か奇数かで
意味が変わってくるみたいです。

ちなみに、海外の習慣では
「複数のピアスを開けるときは、
意味を持たせたい側の耳に偶数のピアスを開ける」

というのがあるようです

女性らしさをアピールしたい方は
複数ピアスを開けるなら右耳に偶数のピアスを
開けてみましょう。

両耳に奇数のピアスを開けるや両耳に偶数のピアスを開けるのも
特に意味はなそうです。

意味に縛られたくないという方は
両耳を偶数か奇数で揃えるといいと思います♪
Sponsored Links

ピアスを開けるおすすめの場所は?

人気なのは、やはり耳たぶが多いと思いますが、
軟骨のピアスもかわいいです♪

開けるのはかなりドキドキでしたが、
開けると「耳たぶより痛くないかも」と思えました。

実際開けてみてアップの髪型などにすると、
耳たぶと軟骨にピアスがあると、
より華やかになりますよ!!

ただ耳たぶに関しては、個人で開けるのもOKだと思うけど、
軟骨に関してはしっかり病院で開けたほうがいいです!

少し固めの耳になるので、
自分で開けると後ろと前の穴の位置が少しずれてしまうことがあるので
気をつけてね。

耳たぶが福耳の人は、つなげて開けるのもかわいいですよ

こんな感じです♪

可愛いですよね?

大きいのから徐々に小さくするとかしたらまた素敵です!!
Sponsored Links

まとめると、ファーストピアスを開けるなら

・まずは、開ける場所を決める

・両耳に開けるか片耳に開けるのか決める

そして女らしさを表すなら、
まず右耳に開ける
を覚えておくといいかもしれないですね。

ただアレルギーなどで、開けれない方はイヤリングやイヤーカフを付けて
おしゃれを楽しんでくださいね♪

Sponsored Links