卒園式のコサージュを手作りしたい!作り方や準備するものは? 年末年始が終わったかと思えば、もうすぐに卒園式・・・
いつまでたっても主婦の休暇はやってこないですね。

卒園式用のコーディネートを考え、フォーマルで揃えてみたものの、
イマイチパッとしない

無難にまとまってはいるけど、無難すぎてお葬式みたい・・・
せっかくの場だから、もうちょっとオリジナリティを出してみたい・・・


そんなとき便利なのがコサージュ
胸元につけるだけで、ぱっと顔色が映えるし、
つけるもので個性も表せるアイテムです。

ショッピングセンターのコサージュ売り場で一通りチェックしたけど、
ピンとくるのがなかったり、あっても高かったり
同じのつけてる人がいたら嫌だなー
とか思ったことないですか?

これいいんだけど、もうちょっとここがこうだったらな~・・・
なんていうのは市販品を使ううえで常につきものの悩み。

じゃあいっそ、お気に入りのデザインを手作りしてみましょう!

いや、どうやって作るか知らないし!」と思った方!

これ、ハードル高そうですが
意外と簡単に作れちゃうんですよ

行く一月、逃げる二月、去る三月、と言われますが、合間の息抜きがてら、
テレビ見ながらちょっと作ってみませんか?

Sponsored Links

手作りコサージュは何で作る?必要なものは?

まずは、ネットでも店頭でもいいですので、

色々なコサージュのサンプルを見ながら、
自分の作りたいコサージュのイメージを膨らませましょう

このとき、「卒園式向きでないタイプ」のコサージュに
ならないように気を付けます。

具体的には 
・布のもの
・キラキラしすぎているもの
・色がビビッドすぎるもの、黒いもの


卒園式コーディネートを決めるときと同様、
主役の園児よりも派手だったり目立ちすぎる華美なものはNG

逆に、布はカジュアルすぎ。式典向きではありません。

ただ、フェルトなどが不向きなだけであり、
オーガンジー(ドレスなどに使用される半透明の透け感のある布)
などは大丈夫なようです。

また、コサージュ自体はステキでも、
コーディネート自体がシックな色合いであるでしょうから、
それと合わせたときにナイトパーティのようになったり、
品が失われてしまっては本来のコサージュの意味合いから外れてしまいます。

まとめると
・ふんわりした品のあるもの
・ゴージャスすぎないもの
・上品な色使い=淡いピンク、ベージュなどのもの


といったところでしょうか。

さて、それでは必要なものをお伝えします。

見たままでわかるものもありますが、
実はこんなものも使ってた!
というものもあります。

買い忘れてしまって、いざ作る時に
しまった~!」と
ならないようにご注意くださいね!

今は便利な時代になりまして、
ほとんど100均のお店で
揃えることができます


DAISOも確実ですが、Seriaなんかだと、
特にオシャレだったり可愛かったりするものが多いので、
お気に入りのラインナップをそろえたお店を探してみてください♪

・花・葉

コサージュと言えばお花。なにはなくとも、まずお花が必要です。
このお花、何も生花である必要はありません

もちろん生花もキレイですが、
高いうえにすぐ枯れてしまうので、
造花で十分

100均のインテリアコーナーなんかに、
綺麗な造花が種類豊富に取り揃えてありますので、
そこから好きなお花を2~3種類選びましょう。

お花の後ろに、緑の葉っぱを飾れば綺麗に見えますよ。

買うときに重ねてみて、イメージを膨らませ、
それに見合ったものを購入しましょう

・オーガンジー(生地)

100均の造花はちょっとねぇ・・・という方は、
前述のオーガンジーなどで花を自作してもOKです。

ユザワヤなどの手芸用品店などで手に入ります。

10㎝あたりシンプルなもので100円から、
高いものでも300円程度で扱っているようです。

・レース・リボン・ビーズ

飾りですので、レースも準備しましょう。
色使いには気を付けて、派手にならないように

同じく100均の手芸コーナーにそろえてあります。

・ブローチ台または安全ピン

作ったコサージュをこれに固定して、服に留めます。

100均手芸コーナーで、コサージュに隠れる程度の
大きさのものを選びましょう。

・グルーガンまたはボンド

ブローチ台を使用するとき、コサージュを接着するのに使います。
これまた手芸コーナーに置いてあります。

・ワイヤー

花をまとめるときや、安全ピンを使用してコサージュを固定するときに必要です。
コサージュ全体の色合いに近く、細くて切れにくいものを

・薄緑の紙テープ

茎部分を補強するときなど、
見えてもおかしくない色で巻いていきます。

巻き終わりを手でちぎれるので、大変便利です。

100均のラッピングまたはパーティーコーナー、
文具コーナーあたりにあります。

・はさみ、ニッパー

ワイヤーを処理するときに使います。
Sponsored Links

手作りコサージュの作り方は?

さて、いよいよ作り方です

造花を使うのかオーガンジーを使うのかなどによって
当然手順は違いますし、シンプルなものか凝ったものか、
様々な作り方があります。

基本の作り方は、

・造花の場合

1.造花の花の下のがく部分から茎にかけて、紙テープで巻いて補強

2.使用する花の中で一番大きいものをメインとして中央に置き、
その他の花の位置を決める

3.全ての茎部分をワイヤーで固定

4.リボンやレースを、花で使用したワイヤーの先2か所で固定
(1か所だとちぎれたりしやすい)

5.ブローチ台中央部分にグルーガンまたはボンドを流し、
コサージュを固定する

・オーガンジー利用時

1.布周囲がほつれないよう炙るか、ほつれどめ液を塗る

2.片側を端から端までかがり縫い、時々糸を引っ張りクシュクシュにする。

3.クシュクシュにしたほうを芯にして、ふわっと巻いて
クシュクシュ芯部分を縫う

4.適宜飾りを縫いつけ、造花同様ブローチ台に固定する

といった流れになります。

すごくあっさり書きましたが、
実際にやってみるとわからないことが続出すると思います。

例えば、
レースってどうしたら綺麗な形になるの?とか、
リボンがぐしゃぐしゃになるんだけど!
とか。

そういうときのyoutube
動画で実際の作業を見れば、まさに一目瞭然です。

色々なコサージュの作り方の動画を調べてきました。
ひとまず、簡単そうなものから順にご紹介していきますね。

・100均コサージュをそのまま転用!

100均のコサージュやヘアアクセで、イメージに近いものがあれば
ほぼそのままの形で利用できます。

リボンやレースをリボン状にしてワイヤーで固定すれば、
ステキなアレンジになります。

この動画では、ラインストーンを多用していますが、
卒園式用にする場合はあまりこれに頼らず、
リボンレースで工夫するといいかもしれません。


・くるくるねじるだけ!

関係ないところにくっついちゃって、ボンド苦手!という方にオススメ。

お気に入りの組み合わせのお花たちをワイヤーでねじって留めるだけ!
見ていて一番手順が短いものでした。

まぁ、作り手さんは慣れてらっしゃるから、
簡単そうに見えるだけかもしれませんけどね・・・(汗)

この場合、ブローチ台のかわりに安全ピンでできます。


・造花を利用、コツは一旦花びらを外して並べ直すこと。

この手のコサージュ動画は複数あったのですが、
個人的に一番わかりやすかったです。

ビーズも、こういう使い方だとあまり派手にならずいいですね。


・オーガンジーリボンを使ったコサージュの基本

動画では基本の基本で、ごくシンプルなコサージュを作っています。

上のふたつの動画で、リボンの作り方なども紹介されていますので、
それらも作って縫い付ける形にするのがいいでしょう。


・(おまけ)本格的!ブーケのようなコサージュ

今回の「卒園式コサージュ」というテーマとは少し違うのですが、
あまりに美しかったのでつい・・・。

実際にコサージュ作りして、これならできそう!
と思った方がチャレンジするのにオススメ。
インテリアにも活用できそうな美しさです。



調べていくと拍子抜けするぐらい楽しくできそう。

不器用な私でもなんとかなりそうだから、今から練習がてら準備しようかなー。
作るのが楽しくてついついデコってしまい、気付けば卒園式向きじゃなくなってしまった・・・
なんてことにならないように気を付けないと(笑)
Sponsored Links

まとめ

・手作りコサージュに必要なものは、造花またはオーガンジー
飾りのレースやリボンなど、ブローチ台、ボンド、ワイヤー、紙テープ、はさみ。
ほぼ100均で揃います。


・それぞれのアイテムが外れないようワイヤーなどで固定して
形を整え、ブローチ台にボンドでつければ完成。


・卒園式につけていくものなので、コーディネートに即したものに。
フェルト生地などの布や、鮮やかすぎる色合いはNG。
ビーズなどもあまりキラキラさせないように。


なんといっても「自分好み」のものができるのが手作りの強み。

サンプルは店頭やネット画像でいくらでもあるので、
具体的に「ここは何色で、ここをどうして・・・」と
はっきりしたイメージにしてから買い出しに行きましょう。

最初からうまくいくとは限らないので、
手元にあるもので練習を繰り返すのも手ですよ!

スキルをゲットしたら、
卒園後、お子さんとお揃いのコサージュ作っておでかけ
なんてできたらいいですね!

Sponsored Links