赤ちゃんに卵を与える際の注意点は?離乳食に困ったママさん必見!
子供が生後5カ月を超えた頃から、
親御さん達は、
ミルクから離乳食へのシフトを意識しだすと思います。

しかし、いざ離乳食を子供に与えるといっても、
子供のアレルギーが気になったりして、
なかなか食材に困る方も多いのではないでしょうか。

特に、卵に関しては、
栄養価が高いから子供に与えたいと思う反面、
アレルギー反応が出やすい食材であることから、
離乳食に用いるのに抵抗を感じる方も多いと思います。

そこで、
私が娘に離乳食をあげたときの経験をもとに、
赤ちゃんに離乳食を与える際の注意点を
紹介したいと思います。

Sponsored Links

離乳食に卵はいつから使ったらいいの?

一般的に、卵を子供に与える時期は、
生後約半年から7カ月頃を目安に、
と言われています。

でも、時期が来ても、アレルギーが気になって
卵をあげるのは怖い方も多いですよね。

そこで、みなさんは病院でアレルギー検査ができること
ご存じでしょうか。

アレルギー検査を受けて問題が無ければ、
離乳食を子供にあげるのも心強くなります。

私の娘の場合、生後1カ月頃から肌の湿疹が目立ち、
ひどい時は常に掻きむしって、
ケロイドのように肌がジュクジュクになっていました。

私自身は幼少期の頃、
特にアレルギーやアトピーは無かったそうなのですが、
夫は乳児期にひどいアトピー性皮膚炎があったらしかったこともあり、
遺伝的なものもあるかもしれないということで、
娘も皮膚科の先生に診てもらうことにしました。

そして、近所の皮膚科に娘を診てもらったのですが、
症状がひどすぎて手に負えない、とのことで、
一度大きい大学の付属病院で精密な検査を受けることに
なったのです。

この時の検査の主な内容が、アレルギー検査だったのです。

夫は乳児期に乳製品に対して強いアレルギー反応があったそうで、
娘も乳製品アレルギーではないかと思っていました。

しかし、検査の結果、
娘が一番強いアレルギー反応を示したのは、

でした。
Sponsored Links

離乳食での卵の進め方は?


娘が生後5カ月を超えた頃、
娘の口の中には可愛らしい白い歯が少し見え始め、
そろそろ離乳食を与えようということに。

でも、娘は卵アレルギーである可能性が極めて高いので、
卵を与えることはできませんでした。

もし、離乳食で卵を与えるのであれば、
最初は加熱したゆで卵などを細かくほぐしたものを、
スプーン1杯程度から少しずつ与えていけば良いそうです

まずは卵黄から与えて
大丈夫であれば、
次に卵白を与えます。

途中でもし下痢や嘔吐などの症状が現れれば、
速やかに病院に行って診てもらいましょう。

健康な子供でも、卵はアレルギー反応が出やすい食品なので、
最初は慎重に少量から
与えるに越したことは無いそうです。

ちなみに、私の場合は、娘のかかりつけの先生に相談し

「当然、卵は絶対に避けるべき」
「麦食品や乳製品には反応があまり出ていないので、
少量なら与えても大丈夫」
「白身魚等を与えて、たんぱく質も摂れるようにしてあげて」


等とアドバイスをもらいました。
卵だけに限らず、
色々な食材をバランス良く、
子供に食べさせてあげることが大事なようです。
Sponsored Links

離乳食で卵を赤ちゃんに与えるときの注意点は?

もし、卵を子供に与えるなら、
念入りに熱を通すようにしましょう。

生卵はサルモネラ菌などによる食中毒の心配があるので、
半熟なども避けた方がいいです。

あとは、卵に限らず、
例えば「乳製品、大豆、小麦、そば」など
アレルギー反応が出やすい物をあげる際は

少量から試していきましょう。

市販の離乳食も、外出先で子供に与える時などは便利ですが、
食材に卵等のアレルギー食材が含まれていないか、
よくチェックする必要があります。

私の家族にはアレルギーに悩む人はおらず、
娘のアトピーと向き合うまで、
アレルギーについて深く考えることはありませんでした。

ですから、アトピーやアレルギー検査が無ければ、
私は普通に、
娘に卵をあげていたかもしれません。

今では逆に、
娘が食べたことが無い食材を離乳食に使う時は
「これは大丈夫かな」ととても不安になってしまいます。
Sponsored Links

怖がらずに色々与えてみよう


私の娘が、卵を食べられるようになるのは、
まだまだ先のことになりそうです。

私のように、子供に初めて食べる物を与えることに対して、
アレルギー反応が出ることが怖くて、
臆病になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こうなってしまうと、
食べて大丈夫だったものを繰り返し与えてしまいがちになり、
子供の栄養も偏ってしまうので、
あまり良いことでは無いです。

私は、先述のとおり、娘のかかりつけの先生に相談し、
適宜アドバイスをもらっているおかけで、
積極的に新しい食材を子供に与えてあげられるように
なりました。

アレルギー経験値の無い私は、
検査の結果に基づく先生の助言に、
これまで数えきれないほど助けられたのです。

まとめ

1.一般的に、離乳食で卵を与えるのは生後半年から7カ月頃を目安に。

2.卵黄から与えて、大丈夫なら卵白へ。
加熱するのも忘れずに!

3.アレルギーが気になるなら、病院で検査を受けるのも一つの手段

※私の娘は皮膚科で検査しましたが、
小児科等でも検査してくれる病院はあるそうです。

4.慣れてきたら、卵だけでなく、色々な食材に挑戦してみよう!

私のおススメは、やっぱり一度病院で検査を受けることです。

また、病院の先生が親身に話を聞いてくれる方であれば、
離乳食についてアドバイスをもらうのも良いです。

専門医のアドバイスは、とても参考になりますよ!

Sponsored Links