赤ちゃんにあせもが!?首にできたらどうしたらいいの?対策は?
赤ちゃんは思ったより汗かきですよね。
少し寝ただけでも寝汗びっしょり、
なんてこともあって、
びっくりしたことのある方は少なくないと思います。

また、汗かきな赤ちゃんに付いてくるのが「あせも」。
首等を掻きむしる我が子の肌トラブルに、悩む親御さんも
多いのではないでしょうか。

そこで今回は、
赤ちゃんの首にできたあせも対策等を
まとめてみました!

Sponsored Links

首にできたあせもの原因は?

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、
体温調節がうまくできず、
大人の2倍くらい汗っかきだと言われています。

そして、かいた汗が汗腺や汗官につまって、
炎症を起こしてしまう
のです。

これが、あせもができる原因です。

また、赤ちゃんは脂肪が多いせいで首がたるんでしまい、
汗が溜まりやすくなるので、
首にあせもができやすくなるのです。

私の娘も、夏場には首周りや背中、膝の裏等の
汗が溜まりやすい場所にあせもができ、
痒そうにしていて可哀想でした・・。
Sponsored Links

あせもができたらどう対処すればいいの?

赤ちゃんが体を掻いて赤い発疹ができた場合、
素人目では、それが「あせも」なのか、
それとも他に原因がある発疹なのかは
判断が難しいと思います。

また、あせもでも症状が進行すると
掻いた傷口が化膿することもありますし、
「とびひ」になってしまう恐れも
あります。

私の娘の場合も、元からアトピーがひどいので、
あせもかアトピーなのか、
素人の私に判断するのは無理でした。

まず、毎日の入浴や汗をこまめに拭き取ってあげる等して、
肌を清潔に保ってあげることが大切です。

それでも、症状が悪化するようであれば、
素人目で判断せずに、
早めに病院で診てもらう方が
賢明でしょう。
Sponsored Links

あせもを放っておくとどうなるの?


あせもは、初期の段階では白いぶつぶつが肌にできる程度ですが、
症状が進行すると赤い発疹になり、
痒みを伴ってくるようになります。

更に症状が進むと、先述したとおり、
掻いてできた傷口が化膿したり、
膿を伴った「とびひ」に発展する可能性が
あります。

症状が重くなると、病院で処方された保湿剤や、
ステロイド剤等を使用して治療していくことが
必要になることもあります。

また、首以外にも、頭やおでこ、耳の裏、脇の下、体、
おむつの下のお尻や股、膝の裏やかかと等、
全身の至るところに発疹ができるようになり、
かゆさに耐え切れずに泣き叫ぶ赤ちゃんの姿は、
見ていていたたまれません。
Sponsored Links

あせもを防ぐポイントは?

あせもは、汗が原因でできてしまうので、
赤ちゃんがかいた汗を放置しないことが大切です。

ですので、赤ちゃんが汗をかいた場合は、
タオルやガーゼ等でこまめに拭いてあげて、
入浴やシャワーで汗を流して清潔にしてあげるように
心がけましょう。

入浴して逆に汗をかきすぎてしまわないように、
ぬるめのお湯に入れてあげるようにしましょう。

エアコン等で室内を適温に調節することも効果的です。

また、肌を清潔に保つ為に、衣類はしっかり洗濯して
着替えはこまめにし、オムツも適宜替えるように
してあげましょう。

まとめ とにかく清潔に!

 1 あせもの主な原因は汗!
汗が溜まらないように清潔にしてあげましょう。


2 もし、あせもが出来たら放置しないで!
症状が良くならないようなら速やかに病院で診断を。

3 赤ちゃんの肌や衣類は常に清潔に!
入浴方法や室温にも気を配ってあげましょう。

私の娘の場合も、
アトピーやあせも等の肌トラブルに悩まされたので、
ステロイド剤を使ったり、色々な石鹸を試したり、
エアコンや空気清浄機を新調したり・・・
本当に苦労しました。

けれど、今は大分回復してくれてほっとしています。

大変だとは思いますが、子供の将来を思うと、
発疹の痕が残ったりするのは可哀想で
絶対に避けたいですよね。

子供の為に清潔を保ち、あせも予防、
対策には気を使ってあげましょう!

Sponsored Links