卒園式のママの服装に悩んでいる方必見!マナーに沿った服ってどんなの?image001
フォーマルな場の装いは、結婚式であれ何であれ、悩みの種ですよね。

冠婚葬祭は、人生で何度か経験するうちに何となく感覚がつかめてきますが、
この「入園・卒園」、「入学・卒業」は、
そう何度も経験するものではないので
余計にわからない・・・。

特に、初めてのお子さんの場合、イメージしづらくて困りませんか?

実は私も、幼稚園児がいますので、入園式の服装選びに手間取りました!

入園準備でバタつく中、ご近所や、上のお子さんがいる友達などに聞き回って、
入園式直前にやっとコーディネートが決まり、なんとか無事に終わって
ほっとしたのは記憶に新しい感じです。

同様に、次に控えているのは卒園式
何となく黒かったよな・・・」という
自分のおぼろげな記憶しかない状態で(苦笑)、

黒いといっても忌み事でもないので、
どうすれば「卒園式コーデ」になるのかわからない!

しかも小学校の入学準備もしながらだし、
無駄に買い物に時間やお金を費やしたくない・・・


ということで、今回は卒園式ママのコーディネートの
注意点についてお伝えします!

Sponsored Links

卒園式のママの服装マナーは?

image002
ぶっちゃけてしまうと、
最近卒園式に出た経験者に聞け!
の一言に尽きます(笑)

というのも、地域差時代の差、もっと言えば園によってカラーが違うからです。

想像していただきたいのですが、
都心の超お坊ちゃま・お嬢様園の卒園式と、
地方都市の公立園(うちのことです・・・)の
卒園式が同じかというと、絶対違いますよね。

実際、私も入園式前に
本当は○○がいいのかもしれないけど、結構みんな△△だったよー」と
いった情報をゲットしていて、出席したらその通りだったことがあったりしました。

そうはいっても、
やっぱり間違いのない基本マナーは知っておいて損のないもの

以下に「一般的なマナー」についてのことを記述します。

カジュアルでもOK、の「でも」は、あくまでも例外ということですので、
本来のマナーを是非覚えておきましょう。

まず最初に、「」と名の付くものですので、
普段着で行かれる方はいないと思いますが、
フォーマルだから入園式と同じ格好で!」という方は、
ちょっと注意してくださいね。

というのも、卒園式は入園式と「違うもの」だからです。

入園式は、初めてお会いする方々とのご挨拶も兼ねた、喜びの式典

これから始まるもの」であって、式典のいでたち範囲内であれば、
門出の華やかさをを前面に表しても問題ないものです。

一方で卒園式は、基本的には「お別れの式典」です。

更に、
幼稚園でお世話になった先生方、また仲良くなったお母さん方へ、
感謝の意を表すご挨拶の場
でもあります。

どうせ小学校でもみんな一緒だし、
最後ぐらいパーッと明るく!
」という考えの方も、
集団で行う式である」ことを念頭に置いて、
周囲にあまり場違いな思いをさせないような弁えが必要であると思ってください。

以上のことから、
園式で華やかな白やピンクのスーツなどを着用した方も、
そのまま卒園式に出席すると、やや浮いてしまう

かもしれません。

卒園式では落ち着いた暗めのカラーを選ぶと間違いないでしょう。

さて、この「落ち着いたカラー」さえ押さえてしまえば、
スーツ、パンツスーツ、ワンピース、どれでも大丈夫。
冠婚葬祭用の礼服でもOKです。

とはいえ、
ラメをあしらいすぎといった派手なもの、
あまりゴージャスすぎるもの、
逆にかわいめだけども普段着、

というものはやはり避けたほうがいいですね。

また、一目見て明らかに喪服とわかるものも、
アレンジ次第では大丈夫でしょうが、
自信がない場合やめたほうがいいかもしれません。

今後、小学校や中学校などでも必要になりますので、
この際買い足しても問題ありません。

好きなデザインのスーツやワンピなど、
普段なかなか買えないものを
ゲットするいい機会です!
(笑)
Sponsored Links

具体的にスーツの色は何色がいいの?

image003
落ち着いた色、といっても、
カーキやダークブラウンというものではなく、
やはり濃紺のものを選びましょう。

また、上の方で書きましたが、カジュアルOKの園などで色にこだわりがない場合は、
ホワイトライトグレーベージュなどでも大丈夫かと思います。

赤や青などのビビッドな色遣いはさすがに場違いになる恐れが大きいです。
あくまで式典ですので、華美な装いはNGです。

昨今なんかだったら全身赤着て行って「カズレーザー」なんて
あだ名つけられてもたまりませんしね・・・。
Sponsored Links

卒園式 ママの服装でストッキングやアクセサリーのマナーは?

さて、黒や濃紺のフォーマルを買いました。
なので、ストッキングも色を合わせて・・・というのは避けましょう。

全身真っ黒になると、お葬式を連想させます。
卒園式は忌み事でもなく、お別れであると同時に成長のステップでもあります。

ストッキングは、肌色のものを選びましょう

また、アクセサリーなしで行っては、さすがに味気ないような気がします。
かといって、どんなアクセがいいのかピンと来ない方。

ズバリ、
パール&コサージュ推奨です。

ゴールドのジュエリーをジャラジャラつけていくのはさすがに下品ですし、
ダイヤなどもあまり立派なものをキラキラさせるのも望ましくありません


そこでのパール

お葬式などでは「涙」を連想させるアクセサリーは光にも品があり、
イヤリングとネックレスのセットでつけていくとなかなかいい感じになります。

喪服の場合は、お葬式とかぶらないよう、二連以上のネックレスなどで
違いを出してもいいかもしれません。

コサージュは、襟なし(ノーカラー)を着て行く場合は
実に使えるアイテムです


カジュアル過ぎないもので明るめの色合いを選ぶと、
胸元がぱっと明るくなってとても映えます。

明るめ、といってもスーツ同様、ビビッドカラーは避け、
ベージュペールピンクなどにするといいかと思います。

スーパーなどでも売っていますし、ちょっと凝る人でしたら自作でもいけますよ!
生花のコサージュ」なんてものもあるようです。

また、ネイルをしている方は、あまり華美にならないよう、
シンプルなカラーのみのものにしましょう


ベージュやペールピンクなどで、デコらないように!

卒園式はあくまでも「子供の卒園」がメインです。

親がメインではないので、子供たち以上に目立たないように、
かといって質素すぎ・地味すぎにもならない「上品な」恰好で
行くようにしましょうね。
Sponsored Links

卒園式でママの持ち物って?

心配性の人で無駄に大きなカバンにあれこれ詰め込んでいる人も、
この日は厳選して、かっちり目のカバンに必要最低限のものを
入れていくようにしたいものです。

その「必要最低限」ってどのようなものでしょうか。
以下にリストアップしてみました。


・ハンカチ


・スリッパ

・筆記用具

・サブバッグ

・ストール

・ビデオ

以上のものをマストアイテムとして考えましょう。
以下にそれぞれの理由を説明します。

ハンカチ

幼稚園のあれこれを思い出しながら過ごすうちに、
自然と涙が・・・なんてことも。予想外に泣いちゃった!
なんて声も聞かれるので、化粧崩れを防ぐためにも準備しましょう。

普段使いのものではなく、服装にあわせたフォーマルなものにしましょう。

スリッパ

意外と忘れがちですが、3月の体育館は寒いです!
ストッキングですし、来賓用を当てにせず、冷えを防ぐために持参しましょう。

筆記用具

卒園式後に連絡事項があったりします。かさばりませんので、
周囲に必死に借りる恥ずかしさを防ぐためにカバンに1本。

サブバッグ

幼稚園の荷物を持ち帰ることもあります。
さすがにレジ袋は避けて、大き目の袋を畳んで入れておきましょう。
紙袋でもOKです。

ストール

体育館の冷気で風邪をひかないよう、ひざ掛けとして使います。
同時にカイロを持参すれば完璧。腰に貼るという手段もあります。

ビデオ

本体を持参するのを忘れることはあまりないでしょうが、
バッテリー残量と容量の確認を忘れがち

残念あるあるで同意しないように、
前の休みのときなどに確認して、
新しいSDカードなどを準備しておきましょう。

ビデオなんかは、同行されるご主人やご両親などに
お願いすることもできますね。

あまり大きなカバンでも、式中の置き場所に困りますので、
スマホや携帯と一緒にフォーマルバッグに入れるようにすれば
問題ありません。

前日の晩に準備しようとなると意外とバタバタして忘れたりするので、
3月に入ったぐらいから余裕のあるときに確認して、
フォーマルバッグに全部入れておいて、当日そのまま持って行けるようにすると便利ですね!

まとめ

・園の卒業生や先生に聞くのが一番確実。
別れの式典を念頭に、華美にならず上品に

ブラックやネイビーで、スーツ・パンツスーツ・ワンピースなど。
セミフォーマル以上の衣装で

ストッキングは肌色のものを

・「品のあるもの」を念頭に、パール・コサージュなどで装うべし。
ネイルもするなら地味目のもので

・持ち物は、寒さ対策も考え、人にものを借りず極力自分で対処できるように。

入園から卒園までがあっという間なように、
卒園式までの日々もきっとあっという間です。

当日、周囲を気にしたりしてよそ事に気を取られることなく、
式の間中こどもたちの思い出や成長に存分に浸れるように、
万全の態勢で臨みましょう!

応援してます!

Sponsored Links