ひな祭りの食べ物の由来と意味は?ちらし寿司や菱餅にはこんな由来が!?image001ひな祭りと聞くとイメージするメニューがあると思います。
ちらし寿司はまぐりのお吸い物菱餅ひなあられ

それはなぜひな祭りに食べるのでしょうか?

ひな祭りでちらし寿司を食べる由来や意味は?

由来について色々と調べてみたのですが、ちらし寿司を食べる事に関しては
特に由来はないようです。

元々お寿司は保存食(酢をご飯に混ぜるので腐りにくい)なのですが、
ちらし寿司自体が生まれたのは明治時代以降と、比較的新しい料理なんです

今ほど豊かでなかった時代は行事にかこつけてでないと
ご馳走が食べられなかったので、色々な行事食が生まれたのですが
おそらくひな祭りのちらし寿司もその一つかと思われます。

現在のちらし寿司は見た目も可愛らしく、色々なデコのパターンが多いのですが
明治時代の人が見たらきっと驚くのではないかと思います。

ちらし寿司に限らず、海老は腰が曲がるまでの長寿蓮根は先の見通しが良いようになど、
お寿司に使われる具にはおめでたい意味があるとされています。

また、ちらし寿司に欠かせない錦糸玉子の「錦糸」のとは
金糸や銀糸を使って織られた織物の事の事を言います。

お寿司も錦でドレスアップ
というわけですね。

他にもよく茶巾寿司などに仕立ててお寿司でおひな様を作ったりする
レシピを目にするのですがうずらのゆで卵やら、薄焼き卵やら
卵の使用量の多さに怯んでまだ作った事がありません…!

Sponsored Links

ひな祭りではまぐりのお吸い物を食べる由来や意味は?

ひな祭りではまぐりを使う意味は「貝合」という貝殻を使った
神経衰弱のような遊びに由来する
のではないかと思います。

貝殻を二つに分けると元の貝殻とでないとぴったりと
合わさらないので貞節の象徴とされています。

そのためひな祭りのメニューになっていると考えられます。

はまぐりに限らす、貝は着物の柄に使われるなど何かと女の子に縁がある物です
ちなみに私、中学生くらいまではまぐりを見た事さえありませんでした

というのが、地方在住でして魚は魚屋さんではなく地元の漁師さんの
奥さん(おばあちゃん)がリヤカーとか軽自動車で行商に来るので
地元で取れないはまぐりを買う機会がなかったのです。

※たぶん、魚屋さんとか少し離れた所の全国チェーンのスーパーにはあったと
思うのですけど我が家は漁師さんから貰ったりとかだったのです。

頂き物か何かで初めて見た時はその大きさにびっくりしました。
あさりとかしじみとスケールが違う…!

現在では流通が整備された事と行商のおばあちゃんが引退したので
普通に大きめのスーパーの鮮魚部で買うのではまぐりを目にする
機会はちょこちょこあります。

今思うと大きくなるまではまぐりを知らないとか、
わりと貴重な体験だった気もします。
Sponsored Links

ひな祭りで菱餅を食べる由来や意味は?

菱餅の由来も明確な物がないようですが、中国から入って来た
上巳の節句(ひな祭りの元の行事)に草餅を食べる風習があったので
それが変化した物
ではないかと思われます。

菱餅もちらし寿司同様、比較的新しい行事食なので見た目が可愛い物を
女の子の節句に、と食べるようになったと考えられます


植物の菱の生命力が強いのでそれにあやかったという形、という説もあります。

どちらかというと近年は「」を食べる事より「菱形」や「三色」である事が
重視されているようで菱形のゼリーや三色にしたご飯をつかったお寿司など
菱餅を模した別の食べ物のひな祭りメニューをよく目にします。

それぞれの色の意味としては諸説ありますがこんな感じです。
・赤→魔除けの色、桃の花をイメージ
・白→長寿の色、雪をイメージ
・緑→厄除けの色、新緑をイメージ


私はどちらかというとお餅より三色のゼリーやババロアを菱形にした物の方が
好きなのですが、数世紀先には
「どうしてお餅じゃないのに「ひし餅」って言うの?
21世紀頃までは本当にお餅だった!」

みたいな記事がまとめられているかもしれないな、と思ったりしています。

その時はこの記事がデータアーカイヴなどから発掘されて資料とかに
なればいいのに…と見果てぬ夢を見たりします。
image003
Sponsored Links

ひな祭りでひなあられを食べる由来や意味は?

これは調べていてものすごく衝撃を受けたのですが、
関東のひなあられがポン菓子って本当ですか!?
誰にともなく声にしそうでした。

私に取ってひなあられは丸い、お餅から作った本当の「あられ」に
色んな色と味を付けた物をミックスした物です


むしろポン菓子のあられは地元の小さいメーカーが作っている事もあって、
地方独特の物だと思っていました。

ポン菓子の方のあられのルーツは不明でしたが、関西風らしい丸いあられの方は
元は菱餅を砕いて作った物、という説があったので元は餅を砕いて作ったあられが
あって、江戸の方で新しくポン菓子から作るあられが考案されて広がったのかな?と思います。

昔は「雛の国見せ」と言って、雛人形を家の外に持って出てピクニックするという、
女の子のお母さん的にはちょっと恐怖すら感じるイベント
があってその時に
ひなあられを持参したんだそうです。

イベント後は人形の修理待ったなしという感じで、ひな祭り以降の人形職人さん
いいバイトになったんじゃないか…とおののいてしまう情報でした。
Sponsored Links

まとめ

ちらし寿司の由来は不明。お祝いメニューが行事食に取り入られたのでは?

はまぐりは貞節のシンボルなので女の子の節句のメニューとなった。

菱餅は草餅の代わりに食べられるようになった。

あられはイベントに必須のお菓子だった。

見た目も可愛い物が多いひな祭りのメニュー

全部用意するのは大変ですが、気になったメニューを
取り入れてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Links