岡本梅林公園梅まつり2017の開花状況は?梅の見頃はいつ?image001
長い夏が終わり、短い秋が駆け足で通り抜けて唐突に冬に突入!
しかもその間、寒の戻りならぬ暖の戻りが何度もあって、体調管理もままならぬ・・・。

ぐっと冷え込む、といっても、真冬と比べて気温そのものはそこまで低くないのに、
これまで暑いのに慣れてたから一層こたえますね。

さて、春にかけてはこの逆で、丁度今と同じぐらいの気温であっても、
寒いのに慣れた体にはぐっと暖かく感じられます。

丁度そうして「あれ、最近暖かい日があったりする?」と
思う頃に咲くのが、

体で感じる暖かさ以上に、春が近い気分になって心も温まります。

晴れた日中、ふらっとおでかけ気分になるとき、
そんな梅を見て春の訪れを感じてみましょう。

しかし、花見系のイベントでよくあるのが
行ったけど、全然咲いてなかった・・・」とか
見た・・・けど、それだけだったなー」という
ちょっとした残念感。

そして、梅と言われても、どこ行ったらいいのかなーというあなたへ!

関西でも有数の観光名所神戸に、
明治大正時代からその名を謳われた梅の公園があるのです!

その名も「岡本梅林公園」。
ここでは1月から4月の頭までいつ行っても梅を楽しむことができるのです!

そして、2月の末には梅見がてらのイベントが開催!

なぜそんなに長い期間、もれなく梅が見られるのか。
イベントの内容は?


今回はこの岡本梅林公園についてお伝えします。

Sponsored Links

岡本梅林公園とは?

image002
神戸市東灘区、神戸の中でも落ち着いた住宅街であり、有名な大学や高校も
数ある地区に、「岡本梅林公園」という梅の名所があります。

神戸市としての正式名称は「岡本公園」ですが、ここの梅は昔から、
丹波の栗や和歌山のミカン、吉野の桜と並び称されるほどのもので、
一般に「岡本梅林公園」と呼ばれています。

昭和初期に一度、このあたり一帯を襲った水害でほとんどが流され、
また昭和20年に神戸大空襲の被害を受け、さらには戦後の宅地開発で、
当初の梅はほとんどなくなってしまいました。

しかし高度経済成長期、当時の神戸市長が、
東灘区の区の花「」を再興するように次々と梅林公園を開園、
昭和57年にこの岡本梅林公園も整備されました。

現在では官民それぞれが梅を推進する事業をおこし、
こぢんまりとした公園ながら、198本の梅の木
咲き誇るころには大勢の梅見客が訪れるようになりました。

きちんと整備され、スロープなどもあるので散策しやすい公園です。

住宅街の坂を抜け、結構標高が高いところにあるので、
天気が良ければ、海や神戸の街並みなどが見渡せるそうです。

20年前の震災からも復興を遂げた不死鳥神戸らしい、
めげずに再度盛り上がる精神にあふれたエピソードですよね。

そもそもこの精神があったから、震災からも立ち上がったんだろなーとしみじみ・・・。
・・・すみませんつい私情が。(笑)

そしてなんせ「岡本」という、神戸の中でも屈指のオシャレな街にあるので、
梅見の後どこか素敵なカフェに寄ってお茶をすることができるのも、
この梅林をオススメするポイントでもあります(笑)
Sponsored Links

梅の見頃と開花状況は?

image003
さて、この岡本梅林公園には公式のHPがありまして、公園内の梅の木が、
いつ開花していつ満開になったかという、大変丁寧な過去のデータが挙げられています。
(3輪咲いたら開花扱いになるようです)

公園内の梅はなんと、40種198本

気候に寄って毎年変動はありますが、
早咲きの梅はお正月頃から、遅咲きは3月以降まで咲くということです

これが、長い期間にわたっていつ行っても梅が見られる秘密なのです!

そして、どうせ見るならできるだけ多くの梅が見たいなーというのが人情。(笑)

満開の時期はいつかというと、平年並みの気温の場合、3月上旬だそうです。

去年のデータでは、1月の終わりごろから2月中旬にかけて
一斉に「開花」となっているので、
暖冬効果だったんでしょうかねー。

これより少し早い2月の末ごろには、
摂津岡本梅まつり」というイベントが
開催され、梅見以外の楽しみも加わります。

次は、この梅まつりについての情報です。
Sponsored Links

摂津岡本梅まつり2017の開催日や見どころは?

image004
毎年2月下旬の日曜日に開催される摂津岡本梅まつり」。
2017年のカレンダーでは、2月下旬の日曜日は26日なのでこのへんかな?

開催時間は例年午前10時~午後3時で雨天決行。

梅見のガイドさんが解説してくれたり、甘酒ふるまい、梅ジュース、
梅干しや梅パンなど、梅関連商品の販売があるようです。


前回2016年の梅まつりでは、甘酒は1000人へふるまわれたとか!
梅も満開、天気も快晴、訪れた花見客は3500人。これは凄いですねー。

やっぱり、せっかく梅を見るのに、予備知識ゼロで
ぼんやりと「きれいー」というより、ガイドさんに梅の名の由来や特徴を
聞いたほうが、なにかとお得な感じしますよね。

同じ知るのに、現地でスマホでWikipedia、というのは
やっぱり多少風情に欠ける気がするので・・・。
Sponsored Links

岡本梅林公園のアクセス・駐車場情報

ここへは、JRまたは阪急電車でのアクセスを強くオススメします!

まず、ここは住宅地の中にある公園です。
(自宅近くの、子供たちがよく遊んでいるキレイめの公園を
イメージしてもらえればそんな感じだとおもいます)

専用の駐車場もありませんので、住宅地へ観光の車で乗り入れるのは
避けたほうがいいでしょう


駅前の商店街やダイエーの駐車場なら大丈夫です。

最寄りが、リパーク岡本5丁目第2(兵庫県神戸市東灘区岡本5丁目8ー30)ですが、
ここからも結局坂道を上っていくことには変わりません。

<電車でのアクセス>

・JRでのアクセス

最寄りの神戸線「摂津本山駅」は、新快速や快速電車は停車せず、
普通電車のみ停車します。

東からだと芦屋駅に新快速も快速も停車するのでそこから、
西からなら三宮もしくは住吉駅で普通電車に乗り換えてください。

駅から北側(神戸南部では、山側が必ず北です!)に出て西へ、
川沿いに北上して約10分


・阪急電車でのアクセス

阪急神戸線「岡本駅」下車、西側に進んで川に突き当たったらそのまま北上。約8分

注意すべきは、「神戸は坂の町」だということ。

舗装されたきれいな道とはいえ、上り坂が続くので、
歩きやすい恰好で行きましょうね。

まとめ

・昔から梅の名所とうたわれた岡本
今は住宅地の中のこぢんまりした公園に約200本の梅が咲く

・早咲き遅咲きが混じり、1月~4月まで梅が楽しめる
満開は例年は3月上旬

・「摂津岡本梅まつり」は毎年2月最終日曜。今年は26日?
甘酒のふるまい、梅ガイド。雨天決行

・住宅地にあるので電車でのアクセス推奨
JR阪急ともに徒歩10分程度

名所であったころの梅が今は見られないというのが残念ですが、
それでも長期にわたって多種多様な梅が見られるというのは嬉しいところ

梅まつりの日程は都合が悪くて・・・という人も、岡本界隈は
ホントオシャレなお店が多いので、梅見のあとこのあたりを散策すれば
きっと何かいいことあると思いますよ!(笑)

Sponsored Links