節分を英語で説明できる?おには~そと。福は~うちは?英語ネイティブがおススメ!image001 日本のユニークな文化って色々ありますよね。
お正月の初詣や、成人式ひな祭りこどもの日など、あげたらキリがありません!

そんないろんなイベントの中でも「節分」って少し独特ですよね。

大豆を家の外や中にまいて、年の数だけ食べて、無言で恵方巻きをほおばる。
食いしん坊にはたまらないイベントです!

食べ物関係のイベントって、特に外国の人に人気ですよね。

そんな海外の人が食いつきそうな「節分」の、わかりやすい・楽ちんな表現方法を、
英語ネイティブの私が紹介しちゃいます。

Sponsored Links

節分を英語で説明するにはどうすればいい?

image003節分は日本古来のイベントで、節分という英語はありません

辞書をひくと”the day before the beginning of spring”と出てきますが、
直訳すると「春の始まりの前日」です。

なんとなーくな時期はわかりますが、何をする日なのかわかりませんよね。

なので、節分の目的と何をするのかを説明するのがベスト!

そしてとても大切なことは「辞書を使わない」です。

なぜかというと、辞書には難しい単語がたくさん載っていて
辞書で調べた単語を使ったのに通じなかった!」というような事がよくあります。

なので、こうすればいいんです。

1、一言くらいで簡単に「節分」が何なのかを考える
2、それを英語に直す


そうすると「春を迎える日」になりました!

春”Spring (スプリング)”
迎える”Welcoming (ウェルカミング)”
日”Day (デイ)”

Spring Welcoming Day”と聞けば
「なるほど!春を迎えるために何かする日なんだ!」と
すぐにわかりますね。

ちゃんとした意味だと、節分は冬の終わりなので”Winter Ending Day”になりますが、
終わる」より「迎える」の方が、春のイメージにあうので、
私はいつも”Spring Welcoming Day”と言っています。

英訳をしたり、日本の文化を英語で説明する時に、いつもこの「連想ゲーム」をしますが、
脳トレにもなっておもしろいですよ!
Sponsored Links

豆まきやおには~そと。福は~うち!を英語で表現すると?

image005 さて、豆まきはどう表現できるでしょうか。

豆は”bean (ビーン)”ですが、「まく」はちょっと思いつきませんよね?

なので、ほぼ同じ意味の日本語に言い換えたい!
節分は鬼に向かって豆を「投げ」ますよね。

なので、投げるで”throwing (スローイング)”

Bean throwing”で豆まきですね。

次に、豆まきの掛け声の「鬼は~そと!ふくは~うち!」です。

これって、言葉の意味よりも、声に出すときのリズムも大切ですよね!

なので、実際にカナダで節分をした時に、私と海外在住の日本人の知り合いが使った
フレーズを紹介しちゃいます!

それは、“Devils out, happiness in!

読み方は「デビ~ルズアウト!ハピネ~スイン!

はい!ちょっと声に出してみてください!

ピッタリなリズムですよね?
Sponsored Links

節分の表現に使える例文を紹介

image007 次に節分を説明するときに使える例文を紹介します。

We eat huge Sushi rolls, Ehou-maki.
巨大な恵方巻きという巻き寿司を食べます。”

Sushi roll (スシロール)”というと、カリフォルニアロールのような感じを連想します。

そして“huge (ヒュージ)”は巨大という意味です。

We don’t cut Ehoumaki, just bite into it!
恵方まきは切らないで、そのままかぶりつくんだよ!

恵方巻きを食べる時に、切らないというのは1番大切なルールですよね!

bite (バイト)”は噛むという意味ですが、”bite into (バイト イントゥー) ~”にすると、
~にかぶりつく」になります。

海外では食事にガブッとかぶりつくのは、サンドイッチやハンバーガーなどの軽食以外は、
「下品な食べ方」なんですよ。


知り合いのドイツ人に恵方巻きをあげたら、
ワオ!すごい大きさだ!僕の手首並み!」と
言って、素手で千切って食べ始めたので、切らないだけでなく、そのままかぶりつくという事も
言うのが大切ですね。

We throw beans to repel devils.”
鬼をはじくために豆をまきます。

豆をまくのが文化と言っても、理由がわからなかったら楽しめませんよね。

repel (リペル)“は、「はじく・退ける」という意味があります。

あまり日本では聞かない単語ですが、海外だと日常的に使われる単語なんですよ。

例えば“Bug Repellent Spray (バグ リペレント スプレー)”で「虫除けスプレー」です。

You can buy Setsubun-beans at any supermarket.”
節分の豆はどこのスーパーでも買えます。”

文化の説明や、やることの説明も大切ですが、どれだけ節分の福豆が簡単に手に入るのかも、
説明ポイントですよね。

北海道や東北とかだと、ピーナッツをまく地域もあるみたいですよ!

想像している以上に、豆だったらいいのかも知れませんね。

ちなみに、塩味のピスタチオをまいたことがありますが、床に落ちた瞬間に殻が割れて、
家中に豆がちらばり、塩が床についてベタベタになって掃除がものすごく大変だったので、
ピスタチオはおススメしません・・・


さて、まとめると
・節分の意味は、直訳ではなく、理由や意味を考える
・辞書は使わない
・豆まきのかけ声は、

“Devils out, happiness in!”

これで、日本にいる人も、留学中や出張中で海外にいる人も、
海外の人と一緒に節分が楽しめますね!

節分は一年で一番寒い日なので、風邪をひかないで福を引き込んじゃってくださいね!

Sponsored Links