メイクブラシの洗い方で肌が決まる!あなたの肌は大丈夫?image001
女性なら誰しもが使った事のあるメイク道具。

メイクブラシって皆さんどうされてますか?

…というのも

メイクブラシってそもそもポーチに入れっぱなし…
って方が多いと思うんです!

実際わたしもそうでした!!

段々何だか粉っぽくなってきて
色んな色が混ざり初めてきて
買った当初の綺麗なブラシではなくなりますよね?笑

そこで
綺麗なブラシに戻したい!!と思い立ち
ブラシの洗い方について
まとめてみました。

Sponsored Links

メイク道具を洗う時に必須な3つの注意点!

image003
早速洗って綺麗にしましょう!!

…にとりかかる前に注意点をきちんとマスターしましょう!

ここ!!面倒だなあと思って確認しないでおくと
あなたのブラシが使えなくなる程ダメになる可能性もありますので
すっ飛ばしちゃダメですよ!笑

1つめはブラシを重ねて置かないこと!

ブラシを重ねておくとその部分に変な癖がついて
毛がはねちゃいます。

こうなると元に戻すのがかなり難しくなっちゃいます!

ですので洗ったブラシは大きいコップに立てるか
タオルの上でスペースを開けて
横並びに置きましょう!

2つ目は直射日光やドライヤーで乾かさないこと!

直射日光やドライヤーで乾かすと毛先の広がりが早くなり、
使えなくなるスピードが早まります。

乾かす時は自然乾燥で乾かしましょう!!

3つ目は洗う時はブラシ1本丸ごと洗わないこと!

毛の部分と肢の部分はしっかり固定されてますが
濡れる事により接着部分が離れやすくなるブラシもあります。

パッと見ただけでは分からないと思うので
毛先の部分だけ洗うのがベストです!

そもそも何で洗うの?

image005
洗う前にここも要チェックポイント!

まずは何を使って洗うのか?

一番オススメは専用リムーバー!

各化粧品メーカーにもありますが
ドラッグストアにもありますよ!
300円程で一番綺麗に落ちます!

もう1つは石鹸

ハンドソープで構わないです!

…がこれだと少し汚れが残ります!

2つとも試しましたが
色がうっすら残る感じがあります。

家にあるものでやりたい!という方には
オススメですね!

さあ!洗っていきましょう!

さあいよいよ洗い方に入ります!
手順を見てしっかり洗っていきましょう!

1 まずはブラシをブラッシング!

これは目の細かいコームでとかすと綺麗にブラッシングできます。

2 お湯につけましょう!

ひたひたのお湯につけます!

直接蛇口からあてると毛先が曲がる可能性がありますので
カップにお湯をひたして そこにブラシをひたす事が
ポイントです!

3 リムーバー または石鹸をつける。

液体のものはそのまま

固形のものは一度泡立ててからつけましょう!

指で優しくくるくるなでる様なイメージです!

4 流しましょう!

ひたひたにしたお湯につけて
ここも優しくくるくるなでるイメージ
落としていきます!

ある程度なでたら、綺麗な水で流します。

この時蛇口からの水でしたら
サッと流す程度にしましょう!

参考までにこんなやり方もありますよー!



また乾かすときは冒頭で少しお話した様に
自然乾燥で乾かします。

綺麗なタオルの上に ブラシが重ならない様に
スペースを開けて置いておきます!

せっかく洗っても乾いた後に毛流れが悪くなってると
使う時に使い心地が悪いです!

また使えなくなる可能性もあるので
乾かし方もしっかりポイントとしておさえておきましょう!
Sponsored Links

毎日のお手入れってどうするの?

image006
普段メイクする程度なら
毎日洗わなくても大丈夫です!

何故なら意外と乾かすのに時間がかかる為
乾ききってないと細菌が繁殖するからです!

こうなるとせっかく綺麗にしても肌には悪影響!!

1週間に一度のペースで洗いましょう。

毎日のお手入れ方法は
手がサッと払う程度でOK!

なかなかカラーが落ちない場合は
ベビーパウダーをかけて
手の甲でくるくる回すと落ちますよ!

毎日のお手入れはこれで充分です!
Sponsored Links

まとめ

肌に悪影響を出さない為にも
5つのポイント

1 ブラシはスペースを開けて置いて
自然乾燥で乾かすこと。
2 ブラシの部分のみ洗うこと
3 専用リムーバー or 石鹸で洗うこと
4 丁寧に優しく力を入れずに洗うこと
5 毎日使い終わったら手でサッと払うこと


をしっかり守って肌に悪影響を出さない様に
メイクを楽しんでいきましょう!

Sponsored Links