車のシートに頑固なシミオススメの取り方!コツがわかれば怖くない!image001-22
天気がいい日はアウトドアに出かけたくなりますよね。

春は花見、夏は潮干狩りや海水浴、
秋は紅葉狩り、冬はスノーボードなど、一年中楽しいですね。

家族や恋人同士、仲のいい友人と車でワイワイしながら
ドライブ中にこんな事経験ありませんか?

「お母さん、ジュースこぼしちゃった!」
「ごめーん。珈琲こぼれちゃったぁ」
「ああっ!!俺のアメリカンドックがシートに落ちたぁ!」

よく聞く内容じゃないですか。
私の娘もよく車の中でジュースをこぼしたり、
アイスを落としたり散々でした。

慌ててティッシュで拭き取るんですけど、
帰ってシートを確認すると、見事にシミになってガックシ。

服や自宅のカーペットだったら、
洗濯する方法が思いつきますけど、

車のシートを取り外して
洗濯機にかけるなんて不可能だし、

ティッシュで拭いても跡が残る…
いったいどうしたらいいのか悩んでしまいます。

ではどうしたら車のシートについた
シミを上手く落とすことができるのでしょうか?

気になりますよね。

落とすコツを覚えて
シミのない綺麗な車内を維持しましょう。

Sponsored Links

シミになったばかりの場合の取り方は?

image003-18
シートをジュースやケチャップなどで汚してしまった場合
汚した直後または数日経ったころであれば、
意外と簡単に落とすことができます。

私の場合は車に常備「ウエットティッシュ」を積んでいます。

これは乾いたティッシュでも拭き取れるのですけど、
ウェットティッシュは水分がある分、
シートの目に入り込んだシミを直後であれば浮かしてくれるんです。

もし除菌効果がついてたら更に効果あり
その後の臭いも防いでくれます。

ここで重要なのが出来たてのシミを効率的に落とすには
「汚れを浮かせる」ってことができれば簡単に綺麗にすることが出来ます。

そこで自宅で出来る簡単シミ取り方法として
最適なのが「蒸しタオル」です。

「自宅に蒸しタオルなんてないよ!」っていう方もいますよね。
私の家にも蒸しタオルが常備されていないです。

そこで簡単に蒸しタオルを作る方法をご紹介します。

①清掃用タオルを
水で濡らして軽く絞ります。


②4分の1ほどに畳んで
おしぼりのように丸めてレンジの中に入れます。


③ワット数は500w30秒ほど加熱して完成です。

目安はレンジをスタートさせて、
タオルから湯気がでたらOKです。

他の方法で掃除機
スプレーボトルを使ったシミ取り方法があります。


シミになって数ヵ月
経過している場合の取り方は?

image005-12
シミはいつ付くかわかりませんよね。

ジュースやアメリカンドック、アイスなどは
落としたらすぐわかるので比較的早い段階で対処できますが、

一番やっかいなのは、チョコレートなどのお菓子です。

私の場合は、子供が麦チョコ大好きで
小さいころよく食べてました。

これが落とすとシートの隅に入り込んで見つけられず、
数カ月経って頑固なシミになってたことがありました。

時間が経つとなかなか落ちない場合と同様なのが
「血液」なども頑固なシミになりやすいですね。

数ヵ月経ったシミはウエットティッシュや
蒸しタオルでもなかなか取れません。
薄くはなるんですけどね。

このような場合、市販の漂白剤を利用します。

カー用品でシミ取りがあったりしますが、
私の実際に使用してきた中で、
一番おすすめは「ワイドハイター」です。

そうハイターではないですよ。

私は一度「漂白剤だぁー!」
キッチンハイターを使い、シートが変色しました。
使用する際は色柄落ちしないワイドハイターを使ってくださいね。

使い方は衣類の洗濯などでつかう方法と同様です。
シミに適量つけてしばらく置き、蒸しタオルで拭き取ります。
ほとんどのシミはこれで解決できます。

ちなみに私はこれを霧吹き
200倍希釈してシート全体に噴きかけて、
しばらく置いてからタオルや蒸しタオルを使ってシートを拭きあげます。

私なりに掃除&除菌のつもりです。
小さなお子さんがいる場合などはおすすめの方法です。
Sponsored Links

シートについたニオイを
取るにはどうすればいいの?

image007-8
タバコの臭い血液の臭いなどは
独特で結構ニオイますよね。

スチームクリーナーという高温の蒸気で
洗浄する機械があればいいのですが、
普通の自宅にあることは稀だと思います。

私は市販の消臭剤を使用します。
一番おすすめは定番の「ファブリーズ」です。

値段や使い勝手では、
ファブリーズの右に出るものはないと思っています。
かなりおすすめです。

しかし年に一度くらいですけど、しっかり清掃する時には
少し違う方法をしますのでご紹介します。

私はタバコを吸うので、車内がタバコ臭くなり
家族から「臭い!」といつも言われます。

色々と清掃するけど、なかなか消えないニオイを
劇的に減少させたのが、シートではなく「天井」でした。

使用するのは「200倍に希釈したワイドハイター」です。
これを天井の内張に噴きかけ、1時間ほど置きます。

そのあと更に噴きかけながら、
乾いたタオルでゴシゴシ吹き上げます。

もしやったことなければ一度試して下さい。
びっくりするほどタオルが黄色くなりますよ。

ニオイを取るにはシートや天井・ドアの内張を
(特に布が使用されている箇所)
徹底的に拭きあげる事で劇的に消えます。

その後ファブリーズを拭きかけておくと完璧です!
Sponsored Links

車のシート シミ 取り方まとめ

①ウエットティッシュや
蒸しタオルを使うと落としやすい


②頑固な汚れにはワイドハイターがおすすめ

③お手軽消臭にはファブリーズ
ニオイはシート以外に天井などの清掃で劇的に変わる


シートのシミ取りは実は家の中でも効果的です。

ソファーやカーペットなど、洗濯できない・しにくい布製品には
共通して使える方法なので、年末の大掃除に車も家も綺麗にしませんか?

綺麗な車で新年をお迎えくださいね。素敵なカーライフをお過ごしください。

Sponsored Links