ふきのとうの天ぷらの下処理ってこんなに簡単なの!?揚げ方コツも紹介!image001
雪解けの後、一斉に顔を出すことから「春の使者」といわれるふきのとう。
ふきのとうといってもフォークデュオじゃないですよ〜(←若い人には通じない)

春には苦みを盛れ」という言葉を聞いたことありますか?

ふきのとうやたらの芽などの春の山菜には、特有の苦味がありますが、
その苦味には、冬の体から春の体に変わるメカニズムをスムーズにしてくれる
働きがあるんです!


身体の新陳代謝を活性化して、冬に溜め込んだ老廃物を排出してくれます。
デトックス効果ってやつですね!

冬眠明けのクマも、目を覚ますために最初にふきのとうを食べるそうですよ。

苦味の元となるのは抗酸化ポリフェノール群。他にもビタミン類、
食物繊維などの多くの栄養素がふきのとうには含まれています。

そのような栄養素を逃さず美味しく食べられるのが…そう、
天ぷら」です!

天ぷらはふきのとうの苦味を生かすのに最適な食べ方ですし、
油で調理することによって苦味がまろやかになります。
お子さんも好んで食べられるかもしれませんね!

そこで今回は、ふきのとうを天ぷらするときの下処理、ふきのとうの天ぷらのレシピ、
カラッと揚げるコツ、ふきのとうの天ぷらのカロリー についてご紹介します!

Sponsored Links

ふきのとうを天ぷらにするときの下処理は?

image003
ふきのとうを天ぷらにする場合は、アク抜きをしなくていいのでラクです!
茹でてアク抜きしないので、栄養素を逃さず食べることができるんですよ♪

生のふきのとうを水でよく洗って、土などの汚れをしっかり落とします

土に葉を広げるように地面に近い所に生えている植物なので、土や砂が入り込んでいます。
蛇口から流水に当てて、葉の付け根の部分をよく洗ってください。

黒くなっている部分や硬くなっている部分は切り落とします。

そしてここがポイント!
ふきのとうは塊ではなく、葉を開いた状態で揚げます
そうすることで火の通りもよくなるし、見た目も可愛くなるんですよ☆
しっかりと折り目をつけるような感じで1枚ずつ丁寧に葉を開ききります。

ふきのとうについた余分な水分をキッチンペーパーで拭き取ったら、下処理は完了です!
結構簡単なので、お子さんと一緒にしても楽しそうですね!
Sponsored Links

ふきのとうの天ぷらレシピ

image005

開いた葉の部分に薄力粉を薄くまぶします。
ふきのとうの水分に粉を吸わせるような感じで薄くやさしく。
ハケを使うといいのですが、ない場合は、まぶした後に優しく
はたいて余分な粉を落とします。



(小麦粉1/3カップ、片栗粉大さじ1.5、冷水120〜150mlあわせたもの)
くぐらせ、170度の油でサッと揚げて、油を切ります。



天つゆ、塩、味噌だれなどをつけていただきます!


↓衣のつけ方などは、こちらの動画を参考にしてみてください。


抹茶塩でも美味しそうですねー♪
Sponsored Links

ふきのとうの天ぷらをカラッと揚げるときの
コツは?

image007
揚げ時間が短く、衣が濃いとベタッとした天ぷらになってしまいますが、
次の3つのコツをおさえればカラッと仕上げることができますよ!

◎揚げる時間

ふきのとうは水分が多いので、油からあげるタイミングが難しいのですが、
お箸で触って、カラッと軽くなった感じがしたらOKです!
重いなと感じる場合はまだ揚がっていない証拠です。

◎衣の濃さ

衣は、先ほどの分量で作ってみるとわかりますが、
普通の天ぷら粉より薄めです!

衣を混ぜ合わせるときは、
ダマが残る程度にしましょう。混ぜすぎないことがポイントです!

衣の濃さがイマイチわからない〜!
という時には、ちゃんと確認できる方法があるのでご安心を♪

170度の油に、小さじ1杯ほどの衣を落とします。それが広範囲に広がればOK!
1か所にまとまってしまうのは濃い証拠です。

◎揚げ油の量・温度

ふきのとうだけに限りませんが、揚げ油の量が少ないと温度が変化しやすいので、
たっぷりの油で揚げるのもカラッと仕上げるコツですね


油の温度が低すぎるとベタッとした天ぷらになってしまいます
油はケチらず使いましょう♪

また、一度にたくさんの具材を揚げようとすると、油の温度が下がってしまうので、
少しずつ揚げるようにしてくださいね。
Sponsored Links

ふきのとうの天ぷらのカロリーは?

image009
そもそも、揚げる前のふきのとうって何kcalなんでしょう?

なんと…1個5kcal!!

おお!さすが山菜☆めちゃくちゃ低カロリーですね!
これは天ぷらにしても期待できそうです。

で、ふきのとうの天ぷらのカロリーは……

1個分で約50kcal!

……あれ?10倍!?

ちなみに、エビの天ぷら1尾で約53kcal、シイタケの天ぷら1個分で34kcalです。
ふきのとうは天ぷらにすると、そんなに低カロリーではなくなるんですね
ショック!油をよく吸うのでしょうか…。

でも、ふきのとうの苦味の元であるエラトサイドという栄養素は、
脂肪の吸収を抑えて肥満予防の効果があるんです


それがわかるとちょっと安心ですね?(笑)
だとしても食べ過ぎには注意したいです!

まとめ

1.
よく洗って、葉を広げて、水分を拭き取れば下処理OK!


2.
優しく粉をまぶして揚げるだけ!

3.
薄い衣で揚げて、軽くなればカラッとした仕上がりに!油の温度にも注意!

4.
ふきのとうの天ぷらは1個50kcal!

Sponsored Links