黒染めの色落ち期間って?黒染めの色持ちってどれくらい?image001
カラーを楽しんでいたけど
何らかの事情で髪を真っ黒にしなければいけない・・・

黒くしたくなーい!
そんな事思った事はないですか?

私は国家試験を受ける際に金髪から真っ黒にしました。

元々明るいカラーが好きだったため
黒に染めるのにかなり抵抗がありました。

心底、早く明るくしたい!
そう思っていました。

でもせっかく黒くしたのに
黒髪でいなければいけない期間に落ちるのも嫌だなーと

何ともわがままな気持ちでいましたね。笑

そこで黒く染めてから明るくするまでどうしたらいいのか
黒髪期間の間 しっかり持たせるにはどうしたらいいのか

まとめてみました。

Sponsored Links

黒染めの色持ちってどれくらい?

image003
まずは黒染めを何を使って行うか・・・
によって変わってきます。

種類は全部で4種類

・白髪染めやおしゃれ染めで使うアルカリカラー
・ヘアマニキュア
・カラースプレー
・カラートリートメント

です。

まず1番長持ちするのはアルカリカラーです。

期間でいうと1か月から2か月。

元々の髪色にもよりますが
白髪染めでもおしゃれ染めでも
髪の内部にしっかり染料が入ってくれるので
持ちがいいです!

ただ黒染めであっても髪にダメージはつきます

ダメージの気になる方はケアが必要になってきますね!

次にヘアマニキュア

こちらは髪の外側に染料をのせるのでダメージが0です。

傷みが気になる方にはおすすめですね!

ただ染料が内部に入っていないので色もちが悪いです。
期間でいうと3週間程。

黒髪期間が短い方がいい方にはオススメです。

次のカラースプレー

これは一時的に黒くするもので
シャンプーしたらすぐ落ちてしまいます。

髪にかける際に衣服につかないように十分注意すること。

意外とついたら落ちないです。

最後のカラートリートメント

これもダメージは0ですが
毎日カラートリートメントをしながら
徐々に暗くしていくものなので
すぐに黒くしたい方には不向きですね!

ダメージ0で黒くしたい方は計画的に使い
徐々に暗くしていくといいでしょう!

・・・という事で使うものによって全然変わってきます。

自分はどれくらいの期間黒くしていたいのか
によって使い分けていきましょう。

黒くした後の注意点は?

image005
まず注意することは3つあります。

1つ目は黒くしたその日はシャンプーをしない。
2つ目は髪を洗いすぎない。
3つ目はアイロン・ドライヤーの使用を少なくする事。

です。

1つ目の黒くしたその日にシャンプーをしない。

これはカラーの染料は空気に触れながら
24時間かけて徐々に定着していくので
髪を染めた日にシャンプーをすると落ちやすくなってしまいます。

当日はシャンプーをせず髪にしっかり定着させましょう。

2つ目は髪を洗いすぎない。

そもそも熱いお湯でシャンプーをすると染料は落ちやすくなります。

38度くらいの体温と同じ熱さがちょうどいいです。

またゴシゴシ洗うとそれだけで染料が落ちやすくなります。

シャンプーする際は優しく丁寧に洗ってあげましょう。

3つ目はアイロンやドライヤーの使用を控えること。

アイロンやドライヤーは結構高い温度の熱で作用してるので
熱を髪に加える事によりタンパク質変性というものが
起こりやすくなります。

この状態になると髪が硬くなってしまう
ダメージに繋がります。

ダメージが色落ちに繋がるので極力使用は控えましょう。
Sponsored Links

黒染めを早く落とす方法はあるの?

image007
黒髪の必要がなくなったから早く落としたい!

明るい髪にしたい!

どうしてもすぐ変えたい!という方は
美容室でブリーチをしてもらいましょう!

ただブリーチをすると髪への負担が大きいですし
ブリーチした後に違う色を入れても
すぐに落ちてしまいます。

金髪でもいい!という方にはオススメですが
そうでない方にはオススメではないですね。

ちなみにブリーチ後にカラーを入れて
色もち期間は1週間程です。

ですのでほとんど金髪の期間の方が長い
と思っておいた方がよさそうです。

金髪は嫌だなー

ダメージは少なくしたいなーという方は
毎日シャンプーを2回したり
熱めのお湯でシャンプーしたり
髪が濡れている時間を長くすると

少し落ちるのが早くなります。

ただ少し時間がかかります!
大体少し落ちてくるまで1か月はかかります。

黒の染料はカラー剤の中でも1番濃いので
根気よく続けましょうね!
Sponsored Links

まとめ

色んな理由で黒染めする方がいらっしゃると思います。

まずはどれくらいの期間黒くしていたいのか?を明確にして
黒く染める手段を選ぶ事。

そして黒くしたら
・カラーをした日にシャンプーをしない
・髪を洗いすぎない
・アイロンやドライヤーの使用を控える


を続けて必要な期間しっかり色が持つようにしましょう。

もう黒くする必要がなくなったら
どのくらいの明るさまで戻したいのかを
美容師さんに伝えてまた色んなカラーでおしゃれを楽しみましょうね!

Sponsored Links