西大寺会陽はだか祭り2017の日程は?みどころは?伝統の奇祭を見逃すな!image001 (出典:西大寺公式HP     http://www.saidaiji.jp/website/archives/2877 )

岡山市の西大寺で毎年冬に開催される西大寺会陽(えよう)
はだか祭りという言葉のほうが馴染みがあるかもしれませんね。

寒空の下に集う、まわしをキリリとしめた男性たち。
もうそれだけで強烈なインパクトです。
私も初めて岡山でこのお祭りを知った時は、なんじゃこれ!って思いました。

年明け早々の全国ニュースで目にする、境内を猛ダッシュして福男を
決めるお祭りもすごい迫力ですが、西大寺会陽はもっと凄まじいです!
どのくらいって、1週間夢に出てきそうなくらい(笑)

ぜひとも生はだか祭りを見てみたい!という方も、
どんなお祭りか知りたいだけですけど?
という方も必見!「2017年西大寺会陽にまつわるエトセトラ」です。どうぞ!

Sponsored Links

西大寺会陽とはどんなお祭りなのか?

image003 (出典:岡山市HP    http://www.city.okayama.jp/higashiku/soumu/soumu_00102.html )

西大寺会陽は、なんと500年以上前から続く伝統的なお祭りなんです。
さらに2016年3月には、
国の重要無形民俗文化財に指定されました!!パチパチパチ~!

はだか祭りなんて言うから、てっきり裸の人たちがワッショイワッショイ楽しくお祭り騒ぎ♪
くらいのノリだと思ってませんでしたか?違うんですよこれが!

■西大寺会陽のスゴイ所その1
メインイベントの3週間前から祭りは始まってる!?

西大寺会陽のメインイベントは、観音院の窓から投げられる2本の
宝木(しんぎ、と読みます)の争奪戦
です。

宝木は、見た目はまぁ木の棒みたいなものなんですが、
これを手にすると福を授かるという縁起物!

イベントの3週間前、この宝木を作るための道具を磨くことから祭りは始まります。
その数日後の深夜、今度は片道3kmの道のりを歩いて宝木の原木を受け取りに行くんです。

深夜に徒歩で片道3km!ちょうちんを持って、わらじを履いて、そして無言で!
これも全部、古くから受け継がれてきた形なんですって。伝統の重みを感じると
同時に、楽しくワッショイなんて言ってた自分を恥じます本当に

■スゴイ所その2
裸の人の数がハンパない!

宝木争奪戦には、中学生以上の男性であれば基本的に誰でも参加できます

例年の参加者は、なんとなんと約9000人!!!
身につけていいのはまわし&足袋オンリー!
真冬だし真夜中だし、身を清める目的で水に入らなきゃいけないし・・・
考えただけでも風邪ひきそうです。

でも、それだけのご利益と魅力のある伝統行事だからこそ、
9000もの人がまわしスタイルになるんでしょうね。

そしてこれは私も初耳だったのですが、このはだか祭りで使用したまわしを
妊婦さんの腹帯として使うと、安産になると言われているそうですよ

この9000人の中にも、奥様のことを思って参加した
未来のイクメンがたくさんいらっしゃるんでしょうね。何だかステキです☆

■スゴイ所その3
会陽は続くよどこまでも

まわしで宝木を奪い合うイベントが終わったら会陽も終了、と思いきや!

翌日から2週間は、境内で植木市が開かれたり、稚児行列があったり、
火渡り修行が行われたり、かと思えばステージでフラダンスが披露されたり
ポニーとふれあえたりというカオスな(失礼だな)期間なんです。


会陽アト祭りと命名されたこの2週間が終わって、
ようやく西大寺最大の(うまいこと言った)行事は終了です。

おまけ。
県の広報媒体である「晴れの国おかやまチャンネル」で配信されている動画が、
とても魅力的にはだか祭りを解説していたのでご紹介します。


Sponsored Links

西大寺会陽2017年の日程は?

image005
西大寺会陽(はだか祭り)は、毎年2月の第3土曜日に行われます。
ですので、2017年は・・・
2月18日(土) ですね。

主なタイムスケジュールは以下の通りです。
●15:50頃~ 少年はだか祭り
●18:30頃~、19:30頃~ 会陽太鼓
●19:00頃~ 会陽冬花火
●22:00 宝木投下

※時間は若干変わる場合があります。

寒さマックスの2月、しかも夜に行われるので、防寒対策はしっかりとしましょう!
私が行った年は雪がチラついていました。貼るカイロは必須アイテムです!
手袋マフラー帽子も可能な限り。
Sponsored Links

西大寺会陽の見どころは?

image007 (出典:岡山市HP    http://www.city.okayama.jp/higashiku/soumu/soumu_00102.html )

この日のメインイベントといえば、何と言っても22時からの宝木投下でしょう!

伝統にのっとって作られた2本の宝木を、参加者たちが奪い合うんです。
奪い合うといっても、簡単には動けないほどの人であふれ返っている状態ですからね。

チームでの連携プレーで取りに行くという常連さんや、
この日のためにトレーニングをしているという方もいるほど!

どんなトレーニングなのかはナゾですが、とにかく皆本気です。

投下の際は、全部の灯りが一斉に消されて真っ暗になるのでちょっとビックリします。
そして投下とともに約9000人の裸の男性たちが波のように動き、
地鳴りのようなかけ声とともに宝木を奪い合う姿、
もう圧巻としか言いようがないです!!


なんでしょうね、家で主人がこの格好だったら確実に距離を置くと思いますが、
この場で見る男性たちは皆カッコイイんですよね。伝統の力ってスゴイ!(違うか)

中学生以上の健康な男性なら誰でも参加可能です。参加料は無料!
まわしや足袋は当日購入できるのでご安心を。当日の飛び入り参加もOKですが、
できれば事前申し込みをしたほうがいいようですよ。

そして、この壮大な眺めを安全かつベストポジションで見たい!という場合には、
特別観覧席がおすすめです。座って見ることのできる指定席は5000円。
立見席は1000円と500円。予約も可能で、当日購入もできます


ただし指定席のほうはいっぱいになる可能性が高いので、
ぜひ!という方は予約しましょう。
本当にはだかが目の前に迫るいい場所です!

その他の見どころもご紹介します♪

●15:50頃~ 少年はだか祭り

大人たちによるはだか祭りの前に、子どもたちによる争奪戦が、
1・2年生、3・4年生、5・6年生に分かれて行われます


5・6年生は2本の宝筒と呼ばれるものを奪い合うのですが、その迫力は大人顔負け!
まさに1~2年後の予行練習です。

でも個人的には、1・2年生の部が好きです。初めて参加する子もたくさんいて、
うっわ寒っ!!って顔してるのも可愛らしい(笑)
そして奪い合うのが紅白のお餅っていうのも可愛い(笑)

●18:30頃~、19:30頃~ 会陽太鼓

はだか祭りは基本的に男性しか参加できませんが、この会陽太鼓は女性のみで行われます
男性たちの士気を高め、安全を祈願するためのものなのだとか。魂を揺さぶられる音って
こういう音なんだろうなって思います!

●19:00頃~ 会陽冬花火

冬の夜空を彩る花火が、会場のムードを一層盛り上げます!
でもとりあえず寒いので、防寒対策をしっかりと、温かいものでも食べながら見ましょうね
オススメはおでんです♪
Sponsored Links

西大寺会陽の基本情報

image008 (出典:おかやま観光コンベンション協会HP http://www.okayama-kanko.net/sightseeing/special.php?f=info_special_24 )

西大寺の住所は以下の通りです。
岡山市東区西大寺中3-8-8
TEL:086-942-2058


アクセスについて。
■車で行く場合
お祭り当日は、西大寺付近の道路は15時頃から時間差で徐々に交通規制がかかります
規制範囲外の区役所やスーパーなどがお祭り用に駐車場を提供してくれますので、
そちらを利用しましょう。

詳しい駐車場の場所は、新聞やインターネット、チラシ等で発表されると思います。
お祭りが近づいたら要チェック!!

例年1700台分くらいの駐車場が用意されていますが、基本無料でたまに有料が
隠れていますのでご注意を(笑)

行きはある程度バラバラに到着するのでそれほど混雑はしないかと思いますが、
終わったら一斉に帰って行くので多少の渋滞は覚悟で。あせらずのんびり、
おでんでも食べながら帰りましょう。

■JRの場合
岡山駅から赤穂線で約20分、西大寺駅で降りたら徒歩10~15分程度で到着です
案内板も出ていますので、それに従ってズンズン進んでください。
毎年この日は臨時列車が出ます。

■バスでも行けます
天満屋バスステーションから両備バスで約30分、当日は西大寺近くに
臨時発着場が設けられるかと思いますが、歩く距離はJRよりも
やや短いかと思いますよ。

宝木投下が近づくにつれて、境内は本当に混雑してきます
小さなお子さんや高齢の方がいらっしゃる場合は特に気をつけてくださいね!

それから、混雑するためベビーカーは持ち込めませんのでお気をつけください!
うちは子どもが小さい時に知らずに抱っこ紐で行ったのですが、それで正解でした。

まとめ

1.西大寺会陽はいろいろスゴイ!500年も続く伝統行事の迫力に圧倒!
2.2017年は2月18日(土)に開催!
3.みどころはやっぱり宝木投下!夜遅いけど、見る価値アリ!!
4.会場へは車、電車、バスOK。ただし交通規制に注意。

尋常じゃない人の多さなので、ケガしないように要注意!

大迫力の西大寺会陽、ぜひ一度生はだかを見てみたいと思いませんか?
風邪とケガには十分注意して、お祭りを満喫してくださいね!

Sponsored Links