湯葉のカロリーは?豆腐よりも高い?ダイエットに最適!image001-12
精進料理などで使われる湯葉
栄養も多く含まれていますので、ダイエットにも最適!!

ただやはり気になるのがカロリーですよね?
普段はどうしてもカロリーを考えずに食べたりしちゃうので

私はよくダイエットに挑戦するも、
カロリー計算がどうしてもめんどくさくて挫折してしまいます・・・・

とそこで!!今回は湯葉のカロリーを調べてみよう♪と思います。

Sponsored Links

湯葉のカロリーは?豆腐よりも高い?

湯葉の元々は何かというと大豆が原料の加工食品です。

豆乳を加熱すると、豆乳の成分であるたんぱく質と
脂肪分が空気に触れて表面近くの水分が蒸発したものが湯葉♪

豆腐との大きな違いは、にがりです。

豆腐では、にがりが利用されていて
成分のたんぱく質を固めるんです。

熱変形だけで固められる湯葉とは作り自体が違うんですね♪

そこで湯葉のカロリーは100g231kcal

実は意外と高いんですね。
もっと低いものだと思ってましたが違うんですね♪

絹豆腐のカロリーは100g56kcal
豆腐ってこんなにも低いんですね!!

元々豆腐は好きですが
こんなに低いとは思いませんでした。

ですが、一回の食事で
100gも利用しませんので少量ずつ使いましょう。
Sponsored Links

湯葉と豆腐では栄養素も違うの?

image003-10
さてカロリーはわかりました。

ただカロリーを気にした後は、やはり
どんな栄養素があるの??
と疑問に思いますよね?

ダイエットなどを考えるときって、
どんな栄養があるかも考えますよね?

湯葉の栄養素といえば

ビタミン:ビタミンE、たんぱく質。

ミネラル:ナトリウムが豊富で
100gあたり2138kcalのエネルギーを持っています。

ただ脂肪分がとても高いので摂取しすぎは注意してね。

豆腐には3つの栄養素があります。

良質なたんぱく質
美容にいいイソフラボン
美容効果が高いビタミン群!!

たんぱく質は一般的に体内の筋肉や血液を作る成分

動物性のたんぱく質もあるのですが
動物性たんぱく質は余分な脂質など
取りたくない成分まで摂取してしまう可能性があるんです。

大豆に含まれている脂肪は、リノール酸が含まれてます!

リノール酸は何?!と思うんですが、効果で言うと
炎症抑えたり・高血圧・高血糖の予防・老化防止などがあり、
非常にヘルシーな脂質です♪

イソフラボンとは、女性ホルモンが安定したり、
生理不順・更年期障害を予防するといわれてます。
あとは美白効果・抗酸化効果もあるので美容にオススメ♪

ビタミン群は、サポニン・レシチン
ビタミンB群・ビタミンEなども豊富に含まれてるので、
美容効果が高いといわれてます♪
Sponsored Links

湯葉と食べるとどんな効能があるの?

まずはタンパク質!!

これは湯葉でタンパク質が取れるとは驚きですよね♪

タンパク質は、集中力を高め
疲労感などの改善筋肉の原料ともなりますので

基礎代謝が上がり、体脂肪の燃焼効果を高める
なんて聞いちゃうとダイエットにむいてると思っちゃいますよね!!

そしてコラーゲンの原料であり、
新陳代謝を活発になるので、肌荒れ・老化を防ぎ美肌に効果的♪

次に有名なのはイソフラボン♪

これはポリフェノールの一種
抗酸化作用があることからがん予防にも良いとされてます。
ほかにも更年期障害の改善・骨粗鬆症の予防にも使われてる!!

最後に豊富なミネラル!

カルシウム:精神安定・肩こり
鉄:貧血・疲れやすい
マグネシウム:足がつる・高血圧や動脈硬化・偏頭痛の予防
カリウム:高血圧やむくみの予防
Sponsored Links

まとめ

いろいろ紹介しましたが、その中でもやはり
湯葉にはたくさんの効能があることがわかりましたよね♪

確かにカロリーは高いですが、栄養価の高い食材なので
たくさんは使わず食事の副菜などに利用して食べましょう♪

お浸しに入れたりあんかけに入れたりとレシピはたくさんありますよ♪

湯葉だけを食べるのではなく、
いろんな使い方をして健康的に料理して下さいね♪
ただ食べ過ぎるとよくないので、少しずつ使っていきましょう!!

Sponsored Links