初節句って何するの?お祝い方法やお料理は?女の子をもつパパママ必見!image001
かわいい娘の初めての行事は大切にしたいですよね!

中でも初節句は、
お七夜お宮参りお食いそめと並ぶ、
赤ちゃんの成長をお祝いする古き良き行事です。

でも親も初めてなので、お父さんお母さんが
初節句についてよくわからなくて当たり前!

そこで今回は、初節句とは?

女の子の初節句のお祝いの方法
女の子の初節句のお料理
女の子の初節句のお祝いのお礼についてご紹介します☆

Sponsored Links

初節句とは?

image003-1
初節句とは、こどもが生まれて初めて迎える節句のことです。

女の子の場合は3月3日の桃の節句で、
男の子は5月5日の端午の節句ですね。

赤ちゃんの健やかな成長を祝い、厄除けを願う行事です。
生まれて間もない場合は、翌年の節句にお祝いすることが多いようです。
Sponsored Links

女の子の初節句のお祝いの方法は?

image005
お祝いの仕方に特に決まりはなく
両家の祖父母を招いてお祝いの膳を囲んだりする家庭や、
子どもと親だけでお祝いする家庭など様々です。

我が家にも娘がいますが、両家の祖父母が遠方ということもあり、
初節句は自宅で家族3人で簡単にお祝いしました。

お祝いと言っても、簡単に着脱できる
着物風のロンパースを娘に着せて、
雛人形の前で写真を撮り、

大人が簡単なお祝い用の料理を食べただけなんですが…。

友人夫婦の家では、祖父母だけでなくおじやおば、
さらに結婚の時の仲人を招待し、盛大にお祝いしたそうです。

このように、家庭によって色々なお祝いの形があります。

祖父母の考えもあるかもしれないので、
お祝いの仕方については相談した方がいいですね。
後から色々言われるのもイヤですし…(笑)

飾り付けやお供え物としては、地域差もありますが、
雛人形桃の花を飾って、白酒ひなあられ
ひし餅を供えるのが一般的です。

桃の節句では、「雨水の日」に飾り付けをすると
良縁に恵まれるといわれているんですよ。

雨水とは、雪が雨に変わって春に向かっていく節目のことで、
2月19日頃から啓蟄(けいちつ)の前日までの期間を指します。
その初日が「雨水の日」とされています。

ちなみに2017年は、2月18日(土)〜3月4日(土)が雨水なので、
2月18日に飾り付けをするのが良いんですね。

他のお祝いの方法として、
写真館で記念写真を撮ったりする家庭も
増えてきているそうですよ。

0〜1歳の子どもの成長はあっという間なので、
この時にしか撮れない可愛らしい表情を残すのもいいですね!

地域によっては子どもと両親、
祖父母で神社にお参りをして
祝詞をあげてもらうこともあります。

この時の初穂料(玉串料)
3000〜5000円が一般的です。

初節句を迎える子どもは、月齢によって成長具合が全然違うので、
子どもの様子を見ながらお祝いの内容を考えるのがいいと思います♪
Sponsored Links

女の子の初節句のお祝いは
どんな料理を用意する?

image007
桃の節句のお祝い膳って
どんなお料理があるんでしょうか?

一般的なのは、ちらし寿司
蛤(はまぐり)のお吸い物などですね。

ちらし寿司は、それだけで華やかになりますし、
具材さえ用意しておけば、混ぜて乗せるだけなので
お祝い当日の準備がラクです!

レンコンは「先を見通す」エビは「長寿」というように
縁起の良い具材を選ぶといいですよ。

玉子やきゅうり、人参、大葉、サーモン、
いくらなども彩りがきれいになるのでおすすめです☆

最近では、ちらし寿司をケーキのように盛り付けして
「ケーキ寿司」にしたり、食べやすいように「手まり寿司」
「海苔巻き」にしたりするなど凝ったお料理を作る人も多いみたいですね。

私もなんですが
「そんなに器用にできない!」という人は、

型抜きを使って具材をお花の形にし、
それを混ぜごはんの上にポンポンッと乗せるだけで
簡単に見栄えのするちらし寿司ができますよ♪

蛤のお吸い物も、彩りのきれいな手まり麩などを入れると
あっという間に華やかになります!

ちなみになぜ蛤を使うのかというと、
「相性ぴったりの良い夫に巡り会えるように」
という意味が込められているからなんです!

蛤は、上下の貝殻がぴったり合って、
他の貝殻とは決して合わないので、こういわれるようになりました。

そして、ひな祭りといえば、
ピンク・白・緑のひし餅ですよね♪

ひし餅の色にはそれぞれ意味があり、

ピンク=魔除け
白=純潔・子孫繁栄
緑=健康

とされていて、重ねる順番
上からピンク→白→緑です。

「雪の下から新芽が出て、その上に桃の花が咲く」
という春の景色を表したものらしいですよ!

知っておくと色の順番を間違えなくていいですね。

カジュアルにお祝いする時には、
この三色でゼリープリンを作るのもいいと思います!

離乳食が食べられる赤ちゃん向けに、
柔らかいゼリーおかゆをこの三色で色をつけて作ると、
一緒に食べられますよ。

↓こちらは三色蒸しパンの作り方です。


これらの他に、お祝い膳には
ひなあられ白酒もしくは甘酒を添えます。

甘酒を子どもに飲ませる場合は米麹で作った
アルコール分の無いものを飲ませるようにしましょう!
Sponsored Links

女の子の初節句の
お祝いのお礼やお返しは?

image009-1
初節句では、祖父母や親戚からお祝いを頂くことがあります。
ありがたい反面、そのお返しってどうしたらいいのか困りますよね。

基本的に、祖父母からの赤ちゃんへのお祝いには
お返しは必要ないとされていますが、

遠い親戚や仲人からお祝いを頂いた場合
品物でお返しすることが多いです。

祖父母など近い親戚からお祝いを頂いたら、
初節句の席に招待しましょう。

この会食自体が内祝いになるので、
品物でお返しをする必要はありませんよ。

招待できない人へは、内祝いとして、お菓子などを贈ります。

金額の相場は、頂いたお祝いの半分〜3分の1くらいが一般的です。
3月中にお返しするようにしましょう。

その際に、お礼状初節句の時の写真を添えると丁寧でいいと思います!

お返しののしは、紅白の蝶結びです。
上段に「内祝」下段に子どもの名前を書きます。

まとめ

1.初節句は、赤ちゃんの健やかな成長を祝い、
厄除けを願う行事!

2.お祝いの仕方は色々!
飾り付けは雨水の日にすると縁起が良い!

3.ちらし寿司や蛤のお吸い物でお祝い!
ひし餅やひなあられで華やかに!

4.お祝いのお返しは
頂いた額の半分〜3分の1程度の品物を!

初節句のお祝いの仕方などは
年代差地域差もあるので、

あらかじめ両家の祖父母に相談しながら
準備をすると、トラブルを防ぐことができますよ!
みんなで赤ちゃんの成長を喜び、お祝いしてあげたいですね。

Sponsored Links