蕎麦湯の正しい飲み方とその効能は?! 蕎麦湯まで楽しまなくちゃ損!image001
お気に入りの蕎麦屋さんってありますか?
私のお気に入りは実家の蕎麦です。
父が蕎麦を打つからです。

小さい頃から年越し蕎麦は父の手作りでした。
小さな台所に新聞を敷き詰めて蕎麦粉をこねる背中を
今でも覚えています。

頑固な父の蕎麦にレシピはありません。

真似をしたくて分量を聞くと
「茶碗でちょろちょろくらい」と答えたり、
堅さを聞くと手で何かをつかむような仕草をして
「このくらい柔らかく」と答えられたりといった具合、
職人の受け答えでした。

でもその蕎麦がとても美味しくて大好きなのです。

サラリーマンだった父が趣味で作る素人の蕎麦ですが、
蕎麦湯もきちんと用意され、
家族みんなで年越し蕎麦を食べたものです。

そのおかげで我が家は体が強いのか、
実は蕎麦湯には栄養がたくさん含まれているのです。

片付け担当の母だけが、複雑な気持ちで
いつも年末を迎えていました。

Sponsored Links

蕎麦湯の飲み方は?つゆに入れて飲むの?


男性が蕎麦を食べ終わった後に、
蕎麦湯を飲む姿って粋な感じがしませんか?
偏見でしょうか。

この人は蕎麦をわかっているな・・・
と心の中で妙に上から目線で思ってしまいます。

蕎麦を食べ終わったつゆの中に、
温かい蕎麦湯を入れて
ゆっくりと味わうと
鼻から蕎麦の良い香りが抜けて、
体の中から温まるような気がします。

蕎麦つゆの中に入れていくのでつゆは薄まりますが、
お好みの薄さまで薄めて飲むのが正しい飲み方です。
Sponsored Links

蕎麦湯はそのまま飲んでもいいの?

image002
ところで、実は蕎麦湯はそのまま飲んでも良いのです。

その場合、もしあれば蕎麦の薬味としてついてきた
青ネギや生姜・ごまなどを入れる
更においしく飲むことができます。

1杯目はつゆを割って飲み、
2杯目はそのまま飲む
としても良いですね。
蕎麦の栄養を全部取れている気がします。

昔から「蕎麦の名店は蕎麦湯も絶品」と言われます。
蕎麦湯は蕎麦を茹でたお湯のこと、
美味しい蕎麦を茹でてその成分が溶け出ているから当然かもしれません。

そうそう、写真にある蕎麦湯が入っているこの容器、
名前を湯桶(ゆとう)と言います。

お店で美味しい蕎麦湯を飲んだときに思い出してください。
Sponsored Links

蕎麦湯にはどんな栄養がある?

蕎麦湯は蕎麦を食べた後に体を温めるために飲むだけのものでは
ありません。
とても栄養がある飲み物なのです。

蕎麦が栄養の高い食材だというのは聞いたことがあるかもしれません。
その栄養、
蕎麦を茹でている時にお湯の中に溶け出してしまっているのです。

そのため、本当に蕎麦の栄養を摂りたければ、
蕎麦の後の蕎麦湯はかかせないわけです。

では、蕎麦の栄養はどんなものがあるでしょうか?

まずは食物繊維、
蕎麦に含まれる食物繊維は水溶性のため、
蕎麦湯にかなり溶け出しています。

次にビタミンB1・B2、タンパク質
含まれています。

また蕎麦と言えばルチンが有名ですね。
ルチンも水溶性です。
Sponsored Links

蕎麦湯を飲むとどんな効能がある?

image003
蕎麦に含まれている栄養成分が溶け出した蕎麦湯を飲むと
こんな効能があります。

□食物繊維

腸内環境を整えてくれます。
体に要らなくなった老廃物を外に出してくれ
便秘解消につながります。

□ビタミンB1・B2

肌や髪の粘膜を強化してくれる美容に最適な、
女性にうれしいビタミンです。
糖分をエネルギーへ変換する役割もあります。

□たんぱく質

体を作る重要な栄養素です。

□ルチン

高血圧を予防し、体の老化を防いでくれます。
また、血流改善効果など、主に生活習慣病に効果のある栄養素です。

こんなに効果が高い蕎麦湯、残すのはもったいないですよね。

蕎麦から蕎麦湯まで残すことなく美味しく戴き、
健康な体を手に入れましょう!

まとめ

1. 蕎麦湯の飲み方は?つゆに入れて飲むの?

蕎麦を食べ終わったつゆの中に蕎麦湯を入れて、
お好みの薄さで飲みましょう。

2. 蕎麦湯はそのまま飲んでもいいの?

そのまま飲んでも粋に飲めます。
蕎麦の薬味を入れても美味しいです。

3. 蕎麦湯にはどんな栄養がある?

食物繊維、ビタミンB1・B2、タンパク質、
ルチンが含まれます。

4. 蕎麦湯を飲むとどんな効能がある?

便秘解消、美肌効果、高血圧予防、体の老化予防、
血流改善効果など

蕎麦湯を飲む習慣は、信州で始まりその後江戸に伝わりました。

信州ではまだ栄養学なんて無い頃に胃腸の調子が悪い時に蕎麦湯を飲む
習慣があったそうです。
昔の人の知恵はすごいですね。

今度美味しい蕎麦を食べる機会があったら、
体のためにも蕎麦湯をいただいて
昔の人の知恵を体に染み込ませてみてください。

Sponsored Links