初午大祭 伏見稲荷大社2017! 京都人オススメ3つの見どころで2倍楽しめる!初午の日には、全国の稲荷神社で初午大祭(はつうまたいさい)と呼ばれる
お祭りが開催されているのをご存知ですか?

初午大祭の有名どころというと、京都の伏見稲荷大社なのですが、
その理由は・・・
京都伏見稲荷大社は、全国に約3万社もある
稲荷大社の総本山だからなんです!


わたしは京都に生まれ育ったので、初午大祭には子供の頃から
よく連れて行ってもらいました。

初めての方にはどんなお祭りなのかさっぱりわからないと思いますので、
今回はそんな京都伏見稲荷大社の初午大祭について紹介したいと思います!

わたしが個人的に好きな見どころや、日程なども含めてお伝えしますね!

 



 

《目次》
1、初午大祭とは?
2、伏見稲荷大社の初午大祭の日程や時間は?
3、初午大祭の見どころは?
4、伏見稲荷大社のアクセス・駐車場情報

Sponsored Links

初午大祭とは?

image002
初午大祭とは、和銅4年(711年)の初午の日に、
稲荷大神が最初に稲荷山に鎮座した日に由来する神業
です。

初午大祭では、「青山飾り」という稲荷山の杉と椎の枝で作られたものを本殿に飾り、
この日を迎えるというものです。

そして、参拝者に対して商売繁盛・家内安全のご利益がある
しるしの杉」が授与されるのですが、
それは後ほど詳しくお伝えしますね!

伏見稲荷大社の初午大祭の日程や時間は?

image004
それでは初午大祭の日程や時間が気になるところですが、
2017年2月初午の日に開催されます。

午の日とは?
実は、年に十二支があるように、1日ごとにも十二支が設定されているのです!
ですから、毎年開催される日程はバラバラなんですよね。

もちろん2017年も2月の最初の午の日が初午大祭となるのですが、
そう考えると2017年2月12日(日)が初午大祭となると思われます!

伏見稲荷神社の初午大祭日程
日程:2017年2月12日(日)
時間:8:00~

Sponsored Links

初午大祭の見どころは?

image006
それでは、初午大祭のオススメの見どころを3つ紹介したいと思います!

1、しるしの杉

これは先ほど少しお話しましたが、初午大祭の午前8時から社頭で
参拝者に「しるしの杉」が授与されます!

これは、商売繁盛・家内安全の御符として、古くからの習慣なんです!

そして、この「しるしの杉」を全国から求めて、なんと約10万人
京都伏見稲荷大社に訪れるのです!
考えるだけでも大混雑ですが、もう身動きが取れないくらいですよ!

初午大祭に気軽な気持ちできていた友人がいるのですが、あまりの人の多さに、
初詣みたいだ!いや、それ以上かも!」と驚いていたくらいですからね!

どうしても、混雑を避けたい方は朝8時前には行くようにしてください!

わたしは毎年、朝7時過ぎには行くようにしています。
朝のひんやり冷たい空気の中での参拝は気持ちいいですし、
8時からは伏見稲荷大社の本殿で神事が行われます。

さらに、雅楽の演奏に神楽女による舞の奉納を見ることができるので、
朝はオススメの時間帯です!


1年でこの日にしか授与されない「しるしの杉」ですので、
必ず手に入れてくださいね!

2、おいなりさん

初午の日に食べるといえば、「いなり寿司」ですよね!
わたしもですが、ほとんどの方が「おいなりさん」と
呼んでしまうのではないでしょうか?

甘いいなり寿司は、子どもから大人まで大好きですよね!
わたしが子どもの頃の初午大祭の楽しみは、このいなり寿司が1番でした!

親に聞くと、「初午大祭に行こう!」ではなく、「おいなりさんに行こう!」と
言わないと、「行きたくない!」とダダをこねていたようです・・・お恥ずかしい・・・

そんないなり寿司と稲荷神社の興味深い話があるのをご存知ですか?

お稲荷様の使いの者が狐だったのですが、狐の好物は油揚げなので、
油揚げをお稲荷様にお供えするようになりました。

そんな油揚げに寿司飯を詰めた寿司ができあがったのですが、
それを人々は「いなり(稲荷)寿司」と呼ぶようになったそうです!

ぜひ、初午大祭の日にはいなり寿司を食べていただきたいのですね!

京都伏見稲荷大社の周辺にはいなり寿司を食べることのできるお店は
たくさんありますので、お腹いっぱい食べてくださいね!

3、千本鳥居

伏見稲荷大社という名前を知らない方でも、千本鳥居を知っている方は
多くとても有名な観光スポットです。

せっかく初午大祭で伏見稲荷大社に訪れたのであれば、ぜひ行っていただきたいです!

伏見稲荷大社の朱色の千本鳥居の数は、なんと約1万基もあるのです!!
聞いただけでも迫力がありますよね!

そんな鳥居と鳥居の間から差し込む光はとても神秘的で、外国人観光客が、
京都で必ず行きたいスポット」として挙げるのも納得です!

また、千本鳥居の山をかなり登らないと行けませんが、
四ツ辻」といわれる場所がとっても素敵ですよ!

なんとそこからは、京都市内が一望できます!!!!
恋人同士のデートにもぴったりなおすすめスポットです!

整理すると、
1、しるしの杉
2、おいなりさん
3、千本鳥居


この3つが初午大祭のオススメの見どころです!
特に早朝の伏見稲荷大社、そして千本鳥居はオススメです!

こんなに心地のいい寒さは初めて!」と必ず思えるくらい、素敵な場所です!
Sponsored Links

伏見稲荷大社のアクセス・駐車場情報

image008
アクセス方法
■電車でのアクセス方法
JR京都駅からJR奈良線に乗車(所要時間約15分)
稲荷駅で下車 徒歩約1分

・京阪電鉄を利用
京阪本線伏見稲荷駅下車 徒歩約5分

■バスでのアクセス方法
京都駅から京都市営バス「5号系統・竹田駅東口行」に乗車
「稲荷大社前」で下車 徒歩約10分

■車でのアクセス方法
京都駅から約5kmの距離です。
交通状況にもよりますが、約30分かかります

駐車場情報
伏見稲荷大社には無料の駐車場がありますが、混雑するのでオススメできません。
しかも、周辺は一方通行が多くて・・・少しでも迷うと大変なことになります。
やはり車よりは公共交通機関がおすすめです…

しかし、さまざまな理由でどうしても車で行きたい!!という方もいらっしゃると思います。
そこで、JR六地蔵駅という駅の周辺のコインパーキングがおすすめです!!

JR六地蔵駅から伏見稲荷大社の最寄り駅の稲荷駅までは、
わずか3駅で所要時間は10分程度です。
電車に乗ることにはなりますが、近辺の駐車場の待ち時間を
比べればたいしたことありませんよ!

まとめ

伏見稲荷神社の初午大祭日程

正式発表ではありませんが、2月最初の午の日と考えると、
2017年2月12日(日) 
時間:8:00~

初午大祭見どころ

1、しるしの杉
2、おいなりさん
3、千本鳥居


これが、京都伏見稲荷大社、初午大祭のオススメです!

京都の人にとっては、お正月も終わり、少し早い春を感じる行事の1つです。
特にこの日にしか授与されない「しるしの杉」で、
1年の商売繁盛・家内安全を祈ってください!

2月の京都はかなり冷え込みますので、暖かい服装でお出かけくださいね!

Sponsored Links