室津かきまつり2017気になる日程や牡蠣の値段は?激安・激ウマの牡蠣料理を堪能!image001 冬といえば、牡蠣の季節! 焼いて食べるも良し、 鍋の具材にしても良し!
食欲が湧きますよねぇ。

そして、牡蠣と言えば広島を思い浮かべる方も多いと思いますが、
兵庫県の播州地方でも牡蠣の収穫は盛んに行われているのです

その播州地方の一部である室津という地区では、ほぼ毎年、牡蠣の収穫時期に
室津かきまつりという催しが開催されています。

そこで、2017年の室津かきまつりの開催日程や牡蠣のこと等について、
まとめてみました。

Sponsored Links

室津かきまつりの日程や時間は?

室津かきまつりはこれまで合計10回開催されており、
次回開催されれば第11回目の開催となります。

また、室津かきまつりの開催日程は不定期なのですが、
ほとんどが1月下旬の日曜日に開催されているので、
今年もその辺りに開催される可能性が極めて高いでしょう。

開催時間は例年、昼間帯に開催されており、
前回の開催は午前11時~午後1時まででしたので、
今年も昼間の開催になると思って間違いなさそうですね。

しかし、上記はあくまで例年の傾向を受けての予想ですので、
次回の予定は今のところ確定的な情報はありません。

というのも、これまで室津の近隣地域の相生や赤穂等でもかきまつりが
開催されていたのですが、近年の牡蠣収穫量減少の影響を受けて、
かきまつりが中止されるケースも見受けられます。

ですので、2017年の室津かきまつりの開催日程や時間については、
随時ホームページ等でチェックしておいた方が良いですね


※追記

2017年1月29日(日)に決定しました!

時間は

11:00~14:00のようです
Sponsored Links

牡蠣の値段やその他のメニューは?

image002 室津かきまつりの目玉は、
何といっても会場で販売される焼き牡蠣や牡蠣汁だと思います!

水揚げされたばかりの新鮮な牡蠣が調理されているので、身はぷりっぷり、
磯の香りと程よい塩気が味わえる上質な牡蠣が堪能できます!


また、かきまつりの開催は日曜日ですので、可能であれば
日曜の昼間に極上の牡蠣をほおばりながら、ビールを一杯・・
なんて、最高の贅沢ではないでしょうか(笑)。

そんな室津かきまつりの牡蠣なのですが、実は無料で振る舞われていた時期も
あったのですが、近年は有料となっています


それでも、昨年はなんと一杯100円で販売されていたので、
次回開催の時も100円、もしくは同じ位の安価で販売されることが期待できると思います。

例年からの予想ですと、一人1000円あれば食べきれないほど
お腹いっぱいになれる
のではないでしょうか。

また、牡蠣メニューも焼き牡蠣や牡蠣汁だけでなく、牡蠣を使った焼きそば、
牡蠣フライ等の料理や、その他兵庫県名産の海産物を使用した食べ物

多数販売されています。

例えば、明石だこを使ったたこ焼きや唐揚げ等も販売されており、
会場で食べられる新鮮な海の幸はどれも安価で絶品ですよ!

調理された食べ物だけでなく、会場では、牡蠣を始めとした海産物の直売所や、
地元でとれた野菜等の名産品が数多く販売されており、見ているだけでも楽しめます!

ただ、会場はあまり広い面積でないのに対して、来場者の数は毎年数千人規模で
大変混雑します


特に牡蠣料理や海産物のブースでは行列ができるので、できるだけ早く来場した方が、
確実にお目当ての海の幸をゲットできる
でしょう。

 
Sponsored Links

バーベキューはできるの? 持参してほしいアイテムは?

室津かきまつりでは、昔は会場にバーベキュー施設があり、会場で購入した牡蠣や海産物等を
その場で焼いて楽しむことができたそうです。

しかし、近年ではバーベキュー施設は廃止されており、見かけることはありません・・・
(理由は分かりませんが)。

ですので、例年の傾向から推測すると、今年も室津かきまつりでバーベキュー施設が
備えられることはあまり期待できません。

どうしてもバーベキューを楽しみたいという方は、近隣にある「道の駅みつ」という
施設でバーベキューができるので、参考にして頂ければと思います。

また、もしバーベキューをされるのであれば、購入した海産物等を保存する為に、
クーラーボックスは用意しておいた方が良いでしょう


食器類や炭火等は会場で用意されているでしょうが、食材はできる限り新鮮な状態で
保ちたいので、クーラーボックスはおススメのアイテムです。


 
Sponsored Links

まとめ

image003 来場者が多いため、早めの来場がおススメ!

1 日程や開催時間は未定! 情報収集が大切。

室津かきまつりは、これまで10回ともほぼ同じ時期、時間に開催されているので、
次回開催も例年どおりの日程でほぼ間違いないと思われます。

ただ、前述したように、室津の近隣で同じようにかきまつりを開催していた地域は、
近年祭りを中止するケースが相次いでおり、室津かきまつりも次回開催が確約されて
いない状況です。

ですので、確実にかきまつりを楽しむ為に、今後も室津かきまつりの開催日程等については、
ホームページ等でチェックを欠かさないようにしましょう

2 会場で販売される海の幸はどれも絶品!

室津かきまつりでほとんどの来場者の方がお目当てにされているものは、
会場で調理されて販売される新鮮な海の幸でしょう。

特に、焼き牡蠣と牡蠣汁は絶品で、例年一杯100円という安価で販売されるので、
毎年行列ができています。

今年も例年の傾向を考えれば、牡蠣が安価で提供されると予想できるので、
それに伴い、たくさんの方が訪れて行列ができるでしょう。

確実に目当ての海産物をゲットする為にも、早めの来場を心がけて、
行列を回避する
ことがおススメです!

3 かきまつりの後は、播州地方の観光を楽しもう!

室津かきまつりが開催される兵庫県播州地方は、瀬戸内海で収穫された豊富な海産物の他、
赤穂浪士等で有名な歴史情緒あふれる街並みも有名
です。

また、車で来場された場合は、少し足を延ばせば姫路や岡山県の倉敷地方、瀬戸大橋を渡れば、
徳島、香川まで一日で十分満喫できてしまいます。

おそらく昼間帯の開催が予想される室津かきまつりですので、昼食代わりに祭りで牡蠣を
堪能した後、近隣の観光を計画されてはいかがでしょうか。

冬の播州地方には、美味しい名物や観光スポットが目白押しですので、
きっと楽しい休日になると思いますよ!

【関連記事】赤穂かきまつり2017日程や牡蠣の値段は?激ウマの牡蠣料理を堪能!

【関連記事】網干かきまつり2017日程や牡蠣の値段は?姫路の牡蠣を堪能しよう!

【関連記事】相生かきまつり2017の日程や牡蠣の値段は?兵庫の激ウマの牡蠣料理を堪能!

Sponsored Links