湯島天神の梅まつり2017年の日程と梅の見頃や開花状況は?image001

学問の神様で有名な湯島天神は、境内に樹齢の長い立派な梅の木が並ぶ梅園があります。

菅原道真は梅を愛したことで知られていて、ここは江戸時代から梅の名所として
親しまれてきました。

毎年梅の季節になると全国から観光客がたくさん訪れます。
梅の見頃に合わせて行われる梅まつりでは、夜間も梅がライトアップされ
様々なイベントが人気です


この梅まつりを見て、春がくることを感じる、そんなイベントです。
 

Sponsored Links

湯島天神梅まつりとは?開催日はいつ?

梅が咲く時期に合わせて湯島天神ではさまざまなイベントがあります
それを総称して梅まつりと呼んでいます。
期間       :2月8日~3月8日の1ヶ月間 まさに梅の見頃の時期ですね!
入園時間:8時~19時30分
入園料    :無料
 
梅まつりは、その始まりをつげるまといパレードからスタートです。
法被姿の大勢の人たちがまといを振って町を練り歩きます

まとい」と言うのは、時代劇で見かけたことがある江戸の時代に
活躍した火消しが持っていた旗印のことです。

下町ならではの粋なパレードですね。その後1ヶ月間お祭りが続きます

梅の見頃と開花状況は?

image002

湯島天神の梅の7~8割が「白加賀」という品種です。白い梅ですね。

これは、気象庁の生物季節観測「うめの開花」に使われる梅で、
最も日本らしい梅だと言えるでしょう。
他にも梅干し作りでよく耳にする「南高梅」もあります。
 
白梅と言えば、誰でも知っている日本の名歌、万葉集には梅を詠んだ歌が
非常に多いのをご存知でしょうか?

例えばこんな歌があります。
「残りたる雪に交れる梅の花、早くな散りそ、雪は消ぬとも」

これは、「残った雪にまじって咲いている梅の花よ、
雪が溶けて消えても、まだ散らないで
」という意味です。

つまり白梅の見頃は、雪が残り溶ける頃というわけです。
 
実際、東京の開花は例年1月26日で3月上旬まで咲いていますが、
白加賀の見頃としては2月中旬から下旬になります。

昔から見頃の期間はそう変わっていないのがわかりますが、
まさに「花の命は短い」ですね。
 
Sponsored Links

湯島天神梅まつりのみどころは?

【動画】https://youtu.be/W6Q2hFQfp24
期間中の土日には次のような催し物が実施されます。
・湯島白梅神太鼓
・神輿渡御
・講談
・野点(お茶券500円)
・落語
・薩摩琵琶
・生花展
・物産展
・カラオケコンクール 
満開の梅の中で野点のお茶会などは粋な感じがしますよね。
また動画にあるような白い法被で神輿をかつぐ神輿渡御も見応えがあり
下町を感じさせるイベントと言えるでしょう。

また、17時から19時には、梅がライトアップされる「夜観梅」が行われ、
花の姿だけではなく夜に強く香る梅の香りを楽しむことができます。
 
Sponsored Links

湯島天神梅まつりのアクセス・駐車場情報

梅まつりの人出は例年45万人程度ですが、期間は1ヶ月ほどありますので
それほど混雑はしていないように見えるでしょう。

平日であれば車で出かけても駐車場に困るというほどではないかもしれません
 
近くに停車できる駐車場は2つあります。
タイムズ湯島天神第1・・・(一階:普通車13台・大型バス1台、地階:普通12台)
タイムズ湯島天神第2・・・(普通車8台)
普通車でしたら、20分 200円(08:00~24:00)で停めることができます。
 
休日は催し物もあるので、電車で行くことをおすすめします。
東京メトロ千代田線「湯島駅」徒歩2分
東京メトロ銀座線「上野広小路駅」徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」徒歩10分
JR山手線・京浜東北線「御徒町駅」徒歩8分
都営地下鉄大江戸線「上野御徒町駅」徒歩5分

どの路線からも、徒歩10分以内で湯島天神が見えてきます
春の香りを感じながら湯島天神までの散歩を楽しんでみるのも良いですね。
 

まとめ

1.      湯島天神梅まつりとは?開催日はいつ?
梅が咲く時期に合わせて湯島天神で行われる様々なイベントのこと
開催日:2月8日~3月8日の1ヶ月間
 
2.      梅の見頃と開花状況は?
見頃              :2月中旬から下旬
開花状況       :東京の開花は例年1月26日で3月上旬まで
 
3.      湯島天神梅まつりのみどころは?
野点のお茶会、神輿渡御、夜観梅など
 
4.      湯島天神梅まつりのアクセス・駐車場情報
平日は車でも、休日は電車がオススメ

最寄り駅からは2分から10分の散歩を楽しみましょう。
 
梅はその姿を目で楽しみ、その香りを鼻で楽しむことができる春を告げるお花です。
梅雨を過ぎる頃には梅干しとして舌も楽しませてくれますね!

湯島天神では白梅の中に2割ほど紅梅が混じり、彩りを添えてくれます。
歴史ある湯島天神で菅原道真の愛した梅を楽しんでみませんか?

Sponsored Links