流し前髪の切り方の簡単な方法を動画で解説!上手くいくポイントはこれ!image001

女性にとって顔の一部とも言える大事なパーツ。前髪
前髪が顔にかかっていて
うっとうしいなあ
と感じた事がある方は
たくさんいらっしゃると思います。
そんな時、朝からテンション下がりませんか?
 
私は前髪が顔にかかっていると
1日中前髪が気になってずっと触ってしまう
くらいです。笑
 
そんな前髪を自分で
しかも扱いやすくカットできたら
ふと切りたい!と思ったときにカットできて
いいですよね!!
 
今回は流した前髪を自分でカットする方法について
まとめてみました。

Sponsored Links

流し前髪を作るときに必要なものって何?

image003

ではまずは必要な道具をそろえていきましょう!
 
最初にそろえるものは
 
・シザー(カット用のハサミ)
・スキばさみ
・ドライヤー
・霧吹き

 
です。
 
 
ハサミはもちろんなんですが
 
髪が均一に乾いている・濡れている事が上手く切るポイント
なってきます。

そのためにドライヤー霧吹きを使い乾かしたり
濡したりしていくのに使用します。
 
また毛量調整をするのにすきばさみが必要です

すきばさみは髪の毛を一定方向に流れやすくもしてくれる
ので意外と必須アイテムなんですよ!
特に流し前髪にしたい方には必要なアイテムです!!
Sponsored Links

流し前髪はどうやって切るの?

image005

では早速カットしていきましょう!

まずカットする前に1番短い部分の長さと1番長く残したい部分の長さを決めます
ここがポイントでなんとなくこんな感じかなーーで進むと切りすぎちゃったパターン
多いです。
 
眉は見えた方がいいのか?
隠すならどれくらい隠したいのか・・・

 
ゴールを明確にしてあげるといいですよ!

まず最初に前髪の部分だけ分けとります
前髪じゃない部分はダッカールで別にとめておくと間違えてカットする事が
なくなるので止めておきましょう!
 
次に流したい方向とは逆の方向に髪を引っ張ります。
これは逆の方向にすることで髪の長短がつけやすくなり流れている前髪に
なりやすくなる
からです!
 
ちなみに角度をつけて引っ張れば引っ張る程長さの長短が出やすくなります
あまり急な斜めにしたくない方は軽く引っ張りましょう!
 
 
そして最初は希望の長さよりも少し長めにカットしましょう。
慣れている方は大丈夫だと思いますが
慣れていない方はちょっとずつ切っていったほうが切りずぎを防ぐ事が
出来ます


ちょっと切りすぎるだけでイメージが変わってしまうので慎重にカットしてくださいね!
 
そのあとに髪を乾かします。
乾かしたら髪の量が多いなーと感じる部分に少しすきばさみをいれましょう!
 
またカットした後に思うように流したい方向に
流れない場合は、流したい方向に向かって軽く毛先にすきばさみをいれましょう
流し始めの部分に入れてあげるとうまくいきます!

こちらの動画が参考になります!

Sponsored Links

切るときの注意点は?

image007

まず注意したい事はゆっくりカットする事です。
人それぞれ癖があったり、髪質が固かったりとあるので
この切り方をすれば、完璧!というものがありません。
 
自分の前髪の状態をしっかり見て
あとどのくらい切ったらいいかな?
あとどのくらい空いたほうがいいかな?

確認しながら進んでいきましょう!
そうする事で切りすぎを防ぐ事が出来ます!

また前髪だけ見ていると切り終わった後に
あれ?何かバランス悪いかも・・・と感じることがあります。
私もよく前髪を切っていると鏡に集中してしまうのですが 笑
少し離れてみてみるといいバランスが見つけれますよ!

またすきばさみを使う時に
髪の束を多めに持つと一気にすかれてしまいかなり髪の量が
少なくなってしまいます


数本持ってはさみを入れるくらいだとすき過ぎる事がなくなるので
束は少なめに持ちましょう!
Sponsored Links

まとめ

せっかく切るならきちんと切りたい前髪。

まずは道具の準備を怠らず
ハサミ・すきばさみ・ドライヤー・霧吹きをしっかり準備しましょう!
 
そして希望の長さや量感を明確にして
流す方向やすく量を意識して丁寧に切りましょう!
 
ポイントはすくときに毛束を取りすぎない事です!

頭の中で仕上がりをイメージしながら自分で納得のいく前髪を作りましょうね!

Sponsored Links