豆まきに使うのは大豆?それとも落花生?なんと意外なあれを撒く所も!image001-5
節分といえば豆まき

最近では家庭で必ずする、という
お家ばかりではないかもしれませんが

「この行事にやる事」としてはほぼ全ての人が
認識しているだろう鉄板イベントです。

実は節分に撒く物は地域差があるそうです。

Sponsored Links

豆まきで大豆や落花生を撒く地域があるの?

調べてみました所、どの地方でも
完全に統一されているわけではないようです。

基本は大豆で、北海道、東北、鹿児島、長野など
特定の地域で落花生が主流になっている様子です。

私は小学校の頃、学校で豆まきした時は
担任の先生が1つに1つ粒ずつ、やっつけたい鬼
(泣き虫鬼とか宿題忘れる鬼など)を言って

「泣き虫鬼は外!」と言われながら
先生に豆を当ててもらって厄払いして、
その大豆は捨てました。

子供同士は広告で折った
箱一杯ずつ落花生をもらって

紅白で「鬼は外!」と言いながら
投げ合うみたいなゲーム?で豆まきして、
拾った落花生を食べた事があります。

落花生の豆まきはその時初めてだったのですが、
投げ合いするにも拾うにも便利で、
先生って頭いいなと思いました。

まさか落花生がデフォルトの地域がある
と知ってちょっとビックリです。
Sponsored Links

他にも違った豆を撒く地域はあるの?

落花生以外にも何かあるかな?
ワクワクして検索した所、
予想を遥かに超えた結果が私を待っていました。

前橋(群馬県)の大蓮寺では、
節分にチョコレートを撒いていますよ。

うちのお寺では駄菓子の類
餅と小型の饅頭とミカンをまきます。

引用:豆まき(節分)でまく豆以外のもの
http://okwave.jp/qa/q9111200.html

待って。

思わず出たのは自分でも誰に対して言ってるのか
わからない制止の言葉でした。

一体いつから日本のお寺は
こんなにアグレッシヴに……?

チョコを撒く群馬のお寺は
町起こしも兼ねての事のようですが、

おまんじゅうの方のお寺、
まんじゅうが潰れないかな…って思いました。

ぶん投げるのではなく
「わーいこっちに投げてよ~」
「そーれ、パス」

みたいなほのぼの節分なのかなと
色々想像してみましたがまんじゅう……。

インパクトはすごいなって思いました。

肝心の他の豆ですが北海道「うぐいす豆」を使う
とあったので更に調べると、

しっとりした甘納豆のうぐいす豆ではなく、
ピーナツを芯にした豆菓子を食べるのだそうです。

北海道は元は開拓地なので
日々の食事に使う大豆ではなく、
行事を祝うために甘い豆を食べる事にしたのでしょうか?

ちなみに北海道のうぐいす豆はこちらです。

豆菓子「うぐいす豆」作り
最盛期 節分に向け 北海道


地域は関係なく、好きだからと
ピーナツ、アーモンド、ピスタチオ
使われるご家庭もあるようです。
Sponsored Links

なぜ大豆を撒くようになったの?

image003-4
謂われについては幾つかの説があります。

古事記の中で魔除け
桃の実を投げたのが大豆になった。

米や穀類の生命力が厄を祓うとの考えで
米や麦だったのが大豆になった。

もしかしたら桃→米・麦→大豆という感じで
撒きやすい物に変わったのかもしれませんね。

何にしろ、大豆にはパワーがあるという考え方が
基本としてあるのは間違い無いかと思います。

元は種子=生命力の象徴だったのが、
拾い忘れた物から芽が出ると

縁起悪いという考え方で
炒るようになったといいます。

生命力=カロリーと考えると

「カカオ豆」をすりつぶして
芽が出ないようにした上に、

カロリーの高いチョコレート
確かに魔除け効果が高い気もしますね。

「魔」を「滅」するから豆
という説もありまして、

本当に日本人って語呂合わせが好きだなって思います。
※年中行事には語呂合わせ由来の物がとても多いです。
Sponsored Links

なぜ落花生を撒くようになったの?

拾っても衛生的に食べられるという
合理的な考えで落花生を使うようです。

イベントなどでも落花生の方が
使われるのが多い気がします。

私が小学校で体験したように、
落花生を使う事知った人が必要に応じて
広まって行ったのかもしれませんね。

私がおどろいたチョコを撒くお寺の他にも、
近年ではイベント性の高い豆まきでは

お菓子や場合によっては
小銭が混じっていたりするそうです。

「鬼は外」の厄除けより
「福は内」の「福撒き」という
意味合いが強くなっているようです。

まとめ

落花生を使う地域は北海道と東北中心
他、一部地域でも。

落花生以外に好みのナッツや
お菓子を使う事もある。

大豆を撒くのは生命力の高い物を
撒く事で厄除けを期待した。

落花生が使われるようなったのは
衛生的で拾いやすいため。

今回、児童館のイベントなどで
お菓子を撒く、という意見も見つけました。

今度の節分は一応炒り豆
きちんとした豆まきもやりますが、

子供とその友達と一緒にちょこっとした
お菓子撒きもやったら楽しそうかなと思いました。

Sponsored Links