永源寺の紅葉2017見頃はいつ?ライトアップはあるの?image001
滋賀県には自然豊かな紅葉スポットが多くあります。

その中でも、特にきれいな紅葉はどこで見られるのかと聞かれたら、
私は真っ先に東近江市にある永源寺を挙げます!

臨済宗永源寺派の大本山永源寺は、
瑞石山と愛知川の山中にある約660年前に開山された寺院で、
古くから紅葉の名所として親しまれてきました。

現在でも「もみじの里」と言われ、毎年県内外からたくさんの人が訪れ、
美しい紅葉に魅了されています。

今回は、そんな永源寺の紅葉の見頃やライトアップについて、
おすすめスポット、アクセス等についてご紹介しますね!

Sponsored Links

永源寺の紅葉の見頃は?ライトアップの時期は?

image003
例年、11月上旬に色づき始め、11月中旬から12月上旬にかけて見頃を迎えます。

以前、11月20日頃に行きましたが、
最盛期でとっても美しい紅葉を見ることができましたよ!
赤黄緑のモミジだけでなく、イチョウもきれいでした!

拝観時間は、通常9時〜16時ですが、観楓期は8時〜17時に参拝できます。
入山には500円の志納料が必要(中学生以下は無料)です。

もちろん、ライトアップもやっていますよ!
11月6日(日)〜27日(日)の期間中、17時〜20時30分まで
ライトアップを行っています。

昼間の鮮やかな景色とは打って変わって、夜間は幽玄な雰囲気が立ち込め、
とても幻想的な風情を鑑賞できますよ。

昼夜の入れ替え無しなので、昼間から入山して、
そのまま夜のライトアップも楽しめます。
Sponsored Links

おすすめ紅葉スポット

image005
愛知川の崖沿いの石段を上ると、山門があらわれます。
その辺り、総門から山門にかけては真っ赤なトンネルが続き、
大変美しい紅葉が楽しめますよ。

本堂を彩る紅葉も素敵です。
本堂を見ると、何だか他のお寺の本堂と少し違うな…と感じるかもしれません。

実は、永源寺の本堂は、全国的にも珍しいヨシ葺きの屋根なんですよ。
琵琶湖のヨシを使っているそうです。

また、11月8日〜27日本尊世継観音菩薩のご開帳が行われます。
ご開帳は四半世紀に1度で、普段は非公開となっています。

家や商店、会社の跡継ぎなどの子孫繁栄の秘仏として深く信仰されています。
こちらも併せてご覧ください。

さらに、ご本尊ご開帳と同期間中に含空院庭園特別公開されます。
こちらも普段は非公開です。
枯山水のお庭で真紅の紅葉を眺めることができるので是非見て欲しいです!

↓境内の様子がよく分かる動画です。観楓の参考にしてください♪

Sponsored Links

永源寺もみじまつりについて

今年のもみじまつりについてはまだ未定ですが、
例年、永源寺地区を挙げてコンサートなどのステージイベントや物販、
展示、体験ブース、飲食コーナーなど多彩な催しが行われます。
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

image007
永源寺は、滋賀県東近江市永源寺高野町41にあります。

◎電車・バス利用の場合

近江鉄道八日市線・八日市駅からバスで約35分、
永源寺前バス停で下車し徒歩約10分です。

◎車利用の場合

名神高速道路八日市ICより国道421号線を東へ20分ほどです。
駐車場は、有料の私営駐車場があります。

ただ、紅葉の時期は道路がとーっても混雑するので、
ライトアップをご覧にならないのなら
できるだけ朝早くに行くことをオススメします!

まとめ

1.紅葉の見頃は11月中旬〜12月上旬!11月6〜27日は夜間ライトアップも!
2.総門から山門の紅葉のトンネルがおすすめ!
3.もみじまつりでは多彩なイベントがあるかも⁉
4.電車・バスもしくは車でアクセス可能!でも道の混雑に注意!

少し不便な所にあるので、車で来る人が多いようです。
見頃の渋滞や駐車場待ちは覚悟してくださいね!
でも不便なところにある分、空気も美味しいんですよ。

それと、少し標高が高いからか、めちゃくちゃ寒いです!
暖かくしておでかけくださいね。

 

日吉大社の紅葉の見頃などの情報はこちらから

Sponsored Links