渋柿を甘くする、渋抜きの方法は?意外と知らない干し柿の栄養も紹介!image001
私の住んでいる処は、柿の木がたくさんあって秋になると
柿をいっぱい頂いて食べています。

中に渋柿もありますが、渋を抜いて食べると、とっても甘くて思わずたくさん食べ過ぎてしまいます。

渋抜きの方法は意外と簡単で、ご家庭でも手軽にできます。

栄養素もたくさんあって健康にも大変良い果物なのです。
おいしく食べて、元気いっぱいになる情報をお知らせします。


Sponsored Links

渋柿の食べ方は?

渋抜きは、チョット手間がかかりますが、そのまま食べられる方法もあります。

「柿ゼリー」

柿をシロップで煮て、その後ミキサーでなめらかにしゼラチンを入れて柿ゼリーにして食べます。
煮ることで渋みはぬけます。
渋を抜いて食べる方が甘くて美味しいです。
Sponsored Links

渋柿を甘くする方法は?

渋抜きが家庭で手軽に出来る方法をご紹介します。

お風呂の残り湯に一晩つけておくこと

40℃~42℃位の温度が丁度です。
あまり熱すぎると渋が抜けにくく日持ちも悪いです。

焼酎で渋を抜く方法・お勧め情報

柿のヘタの部分に焼酎(30度~40度)を2,3滴塗ってビニール袋に入れて1週間ほど暗所に置いておくと渋みが抜けて美味しくなります。

干し柿にしても甘く美味しくなります。

干してある間にタンニンが変化して、渋みを感じさせなくなります。
焼酎につける方法と同様です。
この方法は、昔から行われていますが、干してから2~3週間ほどかかり、
その間に乾燥具合をたしかめたり、柔らかくするために手でもんだりして、

結構手間がかかりますが長く保存する時はこの方法がいいでしょう。
Sponsored Links

どうして甘くなるのでしょう?

渋柿の渋さは成分のタンニンが原因です。タンニンは植物の防衛本能機能で抗酸化作用があると言われています
焼酎につける方法で渋抜きすると、タンニンが変化して水に溶けなくなり、食べたときに舌が渋みを感じなくなるからだそうです。

干し柿の作り方は?

image003
干し柿の作り方は段階に分けて動画を参考にしてください。
皮のむき方

欲し方


熱湯消毒の仕方

Sponsored Links

柿を食べると、どんな効果があるの?

昔から、柿は「医者泣かせ」と言われるほど身体に良いと言われています。
ビタミンCが豊富で大きめの柿を1個食べると、1日の必要料を摂取する事ができます

免疫力を高める作用があるビタミンが豊富なので、風邪の予防効果があり、又、肝臓の働きを助け二日酔いの時にも良いそうです。
但し、食べ過ぎると消化不良で便秘になったり、貧血症の人は控えめにしましょう。

又、女性にとっては乾燥しがちな冬の肌にも効果があります。

柿の栄養素を簡単にまとめてみました。
・ビタミンC(みかんの2倍)干し柿にすると減少します。
  ウイルスを抑制し風邪の予防
  インフルエンザなど感染症の予防
・β-クリプトンキサンチン
  強力な抗癌作用(近年注目されています。)
・タンニン
・カリウム
・アストラガリン
身体に必要な栄養素がたくさん含まれているのです!

<まとめ>

家庭で美味しく渋柿の渋を抜くのは、意外と手軽です。
*渋柿の食べ方はジャムや、ドレッシングなど色々ありますが、個人的には
干し柿が好きです。

*渋を抜く方法は渋柿のヘタの部分に焼酎を2~3滴たらしてビニール袋
で1週間程暗所に保存する方法をお勧め!渋みが抜けるのは

*渋柿が甘くなるのは、渋みのタンニンが変化し、感じなくなる為。

*身体に良い成分が豊富な柿! ビタミンC・A・カリウム。カロチン
医者泣かせ」と言われる所以です。

日本人が昔から、渋い柿を干して食べていたのは健康に良いと
知っていたからなのでしょうね。
子供の頃、おばあちゃんが作ってくれた干し柿、とっても甘くて美味しくて、手作りの暖かさがあって嬉しいおやつでした。
私も、チョット頑張って干し柿を作ってみたくなりました。
生活習慣病や風邪防止や乾燥肌にも良いおいしい食べ物、秋から
冬に向けて自分の身体をいたわってあげたいものですね。

Sponsored Links